デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ZZガンダム
形式番号AMX-004-3
頭頂高18.4m
本体重量35.2t
武装ファンネル、ビーム・ガン、ビーム・サーベル
解説量産化を目的とするアップデートが行われたキュベレイ
プルツーが搭乗する。
専用機パイロットプルツー
本館

5弾R・05-027

証言タイトル-
内容「こっちの赤いキュベレイMk−IIにはサイコミュ・コントローラーシステムが搭載されている。
レシーバーを利用した遠隔機体制御……
つまり、ラジコンのように離れた場所からでもモビルスーツを動かせるのさ」
インタビュー人物ネオ・ジオン技術者
備考サイコガンダムにも同じ物が搭載されている。

6弾C・06-037

証言タイトル-
内容「うーん、前から考えていたんだけどさ。
こっちのMk−IIってば、アクシズにシャア・アズナブルが帰ってきた時の乗機としてハマーン様が用意していたんじゃないかなー……
なんとなくそう思えちゃう機体色じゃない?」
インタビュー人物ネオ・ジオン軍女性整備兵
備考「ガンダムVS.Zガンダム」の宇宙世紀モードや「SDガンダム ガシャポンウォーズ」のとあるミッションではシャアが本機に搭乗する場面(後者に関してはアムロが「卑怯だぞシャアァァァッ!」とキレていた)が存在する。
数年後、本当に公式がそういうバックグラウンドを持つ機体を生み出すことになった。

Z1弾C・Z1-014

証言タイトル「アクシズに『咲き』乱れる」
内容「キュベレイはアクシズのネオ・ジオンを象徴するモビルスーツだといえるだろうな。
白いハマーン・カーン機から始まり……
あんたたちが聞いてきた赤いMk−IIも含めて、実にさまざまなキュベレイが宇宙を彩っていたのさ」
インタビュー人物エゥーゴのパイロット
備考開発系統も同機3機のみで占められる。

B4弾R・B4-010

証言タイトル「『Mk−II』の意味」
内容キュベレイのMk−IIってのは、ガンダムからのガンダムMk−IIという意味合いとは、ちょっと違うんだ。
キュベレイは最初の時点で完成した機体だし、それをいかに量産化させるかという流れだから単純に性能を向上させたというわけじゃない。
でも、十分にすごい力を持っていることに変わりはないんだよ」
インタビュー人物アクシズの技術者
備考

BG3弾C・BG3-008

証言タイトル「4枚の『翼』」
内容キュベレイの肩って妙に大きいでしょ。
あのバインダーの中にはスラスターが合計12基も内蔵されてあってね、機動性の要となる大事なパーツってわけ。
空力にも優れた形をしていて、大気圏内でも効果的に活用されるの。
元々がハマーン様の機体だから、必要以上に見栄を張ったってわけじゃないのよ?」
インタビュー人物アクシズの女性技術者
備考

VS1弾C・VS1-022

証言タイトルあり得ぬ『色』
内容「赤いキュベレイを見た……?
それは別の強化人間が搭乗している改良型だな、いわゆるMk−IIというやつだろう。
君はハマーン・カーン白い乗機を赤に塗り替えたのだと……
ははは、今の彼女をしてそれは無いさ、理由?
命が惜しくないなら、直接聞いてみると良い」
インタビュー人物元ティターンズの諜報部員
備考

DW2弾ヴァリアブルR・DW2-005

証言タイトル『見慣れた』人間でも
内容「キュベレイMk−IIからクィン・マンサか。
同じサイコミュマシーンだが、規格から全く違う別物だからな……
そうだ、モビルスーツを見慣れてるあんたはクィン・マンサを自分の目で見て、どう感じた?
キュベレイに美しさを見出せる余裕があっても、あの機体には恐怖を覚えるしかないだろ……
圧倒的な雰囲気だよ、こいつは」
インタビュー人物ネオ・ジオンの整備兵
備考クィン・マンサへヴァリアブル。

編集にはIDが必要です