デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム
頭頂高19.9m
本体重量52.7t
武装ビーム・サーベル、ニードル・ミサイル、ハイドボンブ、ミサイル・シールド
専用機パイロットマ・クベ
本館

Z3弾M・Z3-006

証言タイトルギャンの「野望」
内容「テキサスコロニーでガンダムとやりあった新型…ギャンといったか、ありゃジオンの次期主力機んもコンペに敗れたモビルスーツだって話じゃないの。
もしあっちが採用されていたら、量産型ギャンや高機動ギャン…はてはギャンキャノンなんてのが生まれるかもしれなかったってことかよ」
インタビュー人物連邦軍のパイロット
備考後に「ビルドファイターズ」系列で幾多の歴史を作るギャンだが参戦はU.C.ミッションから。「ギレンの野望」をもじった証言タイトルと同作でifとして開発可能であるギャンの各バリエーションについて。

Z3弾C・Z3-007

証言タイトルジオン公国軍の「騎士」
内容「マ・クベ大佐のために作られた白兵戦用モビルスーツ、それがこのギャンです。
中世の騎士を思わせる優雅なシルエット…その見た目通りにジオンの旗の下、正々堂々と戦ってくれることでしょうな」
「正々堂々って…大佐に対する皮肉か?」
「シーッ!」
インタビュー人物ジオン軍の技術者たち
備考少なくともサザキ一家は正々堂々としていた。

Z4弾R・Z4-007

証言タイトル「考えもつかない『アイデア』」
内容「ん、これか?ホワイトベース隊の戦闘記録映像さ。
しかしこの中世の騎士みたいなモビルスーツは凄いぜ、ほら、シールドから攻撃してやがる。防御する装備に武器を…しかもミサイルや機雷を内蔵していると来たもんだ。ジオンの発想は、常にオレたちの想像の上をいってくれるよ」
インタビュー人物連邦軍の技術者
備考

B2弾C・B2-003

証言タイトル「『トガった』モビルスーツ」
内容「一年戦争には様々な機体が登場して、その多くが量産された。
だがオレの知る限り、ギャンはマ・クベが搭乗した1機しか確認されていない…ようするに、本流には乗れなかったわけだ。
まあ、中にはああいうトガった奴がいても面白いだろ?なかなかいないぜ、あそこまで白兵戦に特化したモビルスーツはさ」
インタビュー人物エゥーゴのパイロット
備考

B5弾R・B5-008

証言タイトル「世界レベルのギャン『マニア』」
内容「そういや日本の地区予選で、えらくギャンにこだわっていたガンプラビルダーがいたよな?
…そうそう、サザキ・ススム君。ギャンギャギャンなんてカスタム機まで作っちゃうレベルでさ、なぜ彼がそこまでギャンに愛情を注ぐのか、一度理由を聞いてみたいんだよね」
インタビュー人物海外のガンプラバトルファン
備考サザキ・ススム。「ビルドファイターズ」1話で脚光を浴び、その後の活躍はご存じの通り。

BG1弾M・BG1-003

証言タイトル「整備兵は『訝しむ』」
内容「こいつ、ゲルググと主力機争いをして負けたって話だ。格闘戦機体にしたのはモビルスーツ同士の戦いを重視したのかもしれないが……どっちが主力って言われりゃ、オレだってスタンダードなゲルググを選ぶさ」「マ・クベ大佐はギャンが自分のために作られたって言ってるらしいが」「どうなんだろうな、虚勢を張ってるようにも聞こえるぜ」
インタビュー人物ジオン公国の整備兵たち
備考

PR-???

編集にはIDが必要です