デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 第08MS小隊
頭頂高18.2m
本体重量58.5t
武装3連装35mmガトリング砲、ヒート・サーベル、ヒート・ロッド、ガトリング・シールド
専用機パイロットノリス・パッカード
本館

Z3弾P・Z3-016

証言タイトル「『武人』が好んだ機体」
内容「グフってモビルスーツは、なぜだかわからんが生粋の武人が搭乗する機会が多い気がする。いや……数はそんなに無いのかもしれんが、その1つ1つの輝きが強すぎるゆえにそう感じてしまうのかもしれないな。グフカスタムも凄かったんだぜ、アンタも記録映像を見てみるといい」
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考ランバ・ラル、ノリス・パッカード、ヴィッシュ・ドナヒュー(本ゲーム未参戦)。グフを愛機とした彼らはまさしく武人にしてエースパイロットだった。

Z3弾R(ザ・ライバルセレクション)・Z3-031

証言タイトル空に襲い来る「機動戦士」
内容「コアブースターの飛行編隊に地上から襲いかかってきたジオンの兵器は、対空砲でもミサイルでもなく1機のモビルスーツだった。
ガンダムがそれをやったって噂は、戦意高揚のデタラメだと思っていたんだがな…うちもジオンもエースってヤツはとんでもないね、ホント」
インタビュー人物連邦軍の航空機パイロット
備考モビルスーツの空中戦について。繋がっているかどうかは不明だが1弾Mガンダムも参照のこと。

B2弾C・B2-004

証言タイトル「問答無用の『説得力』」
内容「ヒート・ソードは文字通り刀身を赤熱化させて、相手の装甲を溶断する白兵専用兵器だ。
だが、実際のモノを見てくれりゃあわかると思うが・・・これだけ巨大な金属のカタマリなら、ヒート化させなくても十分に攻撃手段として成立するんだよな」
インタビュー人物ジオン軍の兵士
備考

B6弾R・B6-006

証言タイトル「その『愛』は計り知れない」
内容「ラルさんはこいつに関してどう考えてるんだろう?元祖のグフ以外は認めん!とか言っちゃうんだろうか」
「いやいや、そんな心の狭い人じゃないよ。グフシリーズなんだから全然OKだろ」
「甘いぞ少年たち!グフだけではない・・・全てのモビルスーツへ等しく愛情を注ぐのがこのワシだ!!」
「や、やっぱり現れたっ!!」
インタビュー人物近所の少年たちとラルさん
備考だいぶ後にはドムR35も作りますしね。余談だがこの弾から『グフ・カスタム』と機体名称が若干変わっている。

B8弾CP・B8-069(未)

BG1弾R・BG1-005(未)

TK1弾C・TK1-004(未)

TK3弾C・TK3-008

証言タイトル「見た目と『反して』」
内容「普通のグフよりもヒート・ロッドが細くて貧弱に見える?あのさ、技術が進歩すれば大抵のものはコンパクトになっていくんだよ。こっちのアンカータイプは射程も改善されて長くなっているし、耐荷重……ようするに頑丈さもすごいんだ、こいつを上側に引っかけて、そのまま機体をぶら下げられるんだぜ?」
インタビュー人物ジオン公国軍の整備兵
備考

TK5弾C・TK5-005

証言タイトル「その残骸は『勝利』の姿で」
内容「なまじっか人の形をしているからか、撃破されたモビルスーツの残骸を見るのは、たとえ敵のモノでもいい気はせん。恐怖や口惜しさ、それに怒り……負の感情をここまで体現する代物ってのはそうそうないぞ。だが、この前見かけたグフタイプには驚いたわい。あそこまで誇らしげな上半身と下半身とは……どんな最期だったんじゃ、あれは」
インタビュー人物連邦軍の老兵士
備考

編集にはIDが必要です