デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム(〜Z3弾)
機動戦士ガンダム MSV(B7弾〜)
形式番号MS-06FS
頭頂高17.5m
本体重量56.2t
武装ザク・マシンガン、ヒート・ホーク、ザク・バズーカ、バルカン砲、シールド
解説ジオン軍のガルマ・ザビ大佐の専用機としてカスタマイズされたザクII。
頭部のバルカン砲が特徴。
専用機パイロットガルマ・ザビ
本館

1弾M・01-020

証言タイトル「高貴なる『ザク』」
内容「カラーリングはこだわりを持って調色された高貴なブラウン。
さらに通常では備えられていない4門の頭部バルカン砲がアクセントとなり、ガルマ様がお乗りになるに相応しい、まさに選ばれしザクとなっております」
インタビュー人物ジオン軍技術者
備考

1弾C・01-021

証言タイトル-
内容ガルマ大佐はどっちかってーとモビルスーツより戦闘機の方が好きだったのかもな。
とはいえ大佐のクセに合わせてカスタマイズされた、このザクIIの性能をナメてもらっちゃあ困るぜ」
インタビュー人物ジオン軍整備兵
備考本来はTV本編に登場しないMSが早々に参戦したことは当時でもかなりの衝撃だったはず。

2弾M・02-030

証言タイトル「モビルスーツの役割、『象徴』」
内容「モビルスーツは兵器だ。
だが決して戦うための道具ではない。
主にセレモニーなど非戦闘任務で活躍したとされる本機は、ジオン公国民の戦意高揚のために美しく雄々しい姿を示し続け、与えられた役割を十分に果たしていたと言えよう」
インタビュー人物民間モビルスーツジャーナリスト
備考同弾MとCの連作証言。
劇中で登場しなかった本機を「モビルスーツ」という単位から見る。

2弾C・02-031

証言タイトル-
内容「とはいえモビルスーツは戦士である。
ひとたび武装を握れば、一兵卒では到底叶えられない鬼神の強さを戦場にもたらせるのだ。
本機も同様、その根は果て無く猛々しい」
インタビュー人物民間モビルスーツジャーナリスト
備考同弾Mの続き。

5弾C・05-035

証言タイトル-
内容「お?なんだなんだ、こんなカラーリングのザクは見たことがないぞ……
ほう?ザビ家の坊や専用機だったのか。
はは、そりゃあ戦場で見る機会がないわな(テレビの国葬放送を見やりつつ)
……もちろん、今後もだ」
インタビュー人物連邦軍兵士
備考そんなことはなく、漫画作品「機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊」では重要な役割で登場する。

Z3弾C・Z3-004

証言タイトル「『幻』の専用機?」
内容ガルマ様の専用機はこのザクIIとともに、戦闘機であるドップも存在していました。
パイロットとして非凡なセンスを持っていたガルマ様なら、モビルスーツと戦闘機、この2つの要素が合わさった試作機との相性も抜群だったでしょうに……」
インタビュー人物ジオン軍の兵器開発者
備考開発者が語っていた試作機は「MSV−R」のグフ複合試験型という説が濃厚である。

B7弾R・B7-002

証言タイトル「テレビの『外側』で」
内容「テレビのガンダムじゃ、ガルマはザクに乗っていなかったって?
うむ、よく見てるね。
このザクはMSV(モビルスーツバリエーション)と呼ばれるシリーズで、テレビの外側で活躍していたモビルスーツたちをラインナップしていたんだよ。
MSVのおかげでガンダム世界は一気に広がったともいえるのさ」
インタビュー人物ガンプラ好きのお父さん
備考ガルマザクを飛び越えて一気にMSVについての解説証言となった一枚。

OA2弾R・OA2-001

証言タイトルシャアのザク『よりも』
内容「ようこそ!ガンプラバトル・ネクサスオンラインの世界へ!
……って、ミッションをプレイしに来たわけじゃなく、モビルスーツのことについて聞きたいの?
まあ、GBNは色んな楽しみ方があるから、いっか。
で、僕が使ってるこのザクについて……だよね。
フフン、これは由緒ある機体なんだよ。
なんたってシャアザクより"偉い"ザクなんだぜ!」
インタビュー人物前髪をいじるダイバー
備考この弾の証言はCPを除き、GBNのダイバーが証言者になったビルドダイバーズ仕様になっていて、同作からの新規参戦は僅か1機ながらもこちらの方で比重をとっている。
このガルマザク自体も本ゲームでは無印弾参戦で古株の古参機体である。
また、この機体より"偉い"ザクは存在するものの、乗り手のみ参戦で、機体自体は未参戦。

DW5弾C・DW5-003

証言タイトルザクの『格』
内容「ザクほど色や頭部アンテナの違いだけで格が変わる機体もそうそうないな。
あんたにとっちゃこのザクは頭部にバルカン砲を内蔵させた、ただのマイナーチェンジ機に見えるだろうけどよ……
ジオンの軍人があれを見れば、いやがうえにも気が引き締められちまう。
そりゃそうさ、中に乗るのは司令官殿だからな」
インタビュー人物ジオン公国軍のパイロット
備考この点は直系の後継機であるゲルググにも引き継がれている。

TPR-002

証言タイトル兵士は『出題』する
内容「見慣れないザクだろ?
あんた、あのザクに誰が乗るかなんて絶対にわからんだろうな。
おいおい、そんな無名のパイロットの名前を当てろだなんて意地悪はしないぜ、
ジオンを知る人間なら誰だって知ってる有名人さ。
ははは、困った顔をするなよ……
あのシートにはザビ家の四男坊、ガルマ様が座るんだ」
インタビュー人物ジオン公国軍の兵士
備考

編集にはIDが必要です