デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムNT
形式番号MSN-06S-2
頭頂高22.6m
本体重量23.1t
武装60mmバルカン砲、ハイ・ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、シールド、グレネード・ランチャー、ロケットバズーカ
解説『UC計画』においてサイコフレームの強度・追従性のテスト機として開発された試作モビルスーツ。
開発コードはスタイン01。
宇宙世紀0094年、地球連邦宇宙軍所属のクラップ級巡洋艦ウンカイによる輸送中『袖付き』に強奪されたが、実際は強奪に偽装した譲渡なのではないかと目(もく)されている。
専用機パイロットゾルタン・アッカネン

OA4弾P・OA4-046

証言タイトル『袖』を巻くスタイン
内容「袖付きによるUC計画試作機強奪事件、あれにはシナンジュのベースとなったスタイン01の予備パーツ含めて2機分が積み込まれていたという。
スタイン(原石)を磨きあげシナンジュへと変化させたフル・フロンタル、そして彼がいなくなった今、2体目は原石を磨くことなく直接袖を巻いて……
ふん、向こうもなりふり構っていられずと言ったところか」
インタビュー人物アナハイム・エレクトロニクス社の社員
備考

OA6弾CP・OA6-090

証言タイトル英雄『シナンジュ・スタイン』
内容こりゃまた、タイムリーな機体だね……
フル・フロンタルが強奪したシナンジュのベースタイプは、ホントの所2機あって……これはその2機目にあたる袖付きバージョンだね。
なんでそんなに詳しいかって……そりゃ、今お世話になってる場所が場所だからさ、みんなには内緒だぜ?
インタビュー人物タクヤ・イレイ
備考歴戦の強者キャンペーンより。

DW1弾C・DW1-047

証言タイトル駆る者も『同じく』
内容「スタイン01というコードネームの名残で、奴らはシナンジュ・スタインと呼んでいるんだろう。
しかしスタインの意味は石……つまりシナンジュとして磨かれる前の原石でしかないという揶揄からきているそうだ。
あれをそのまま駆るパイロットなんて……ハハ、きっとそいつもえらく粗削りな奴なんだろうさ」
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考

DW4弾ヴァリアブルM・DW4-044

証言タイトル『選ばれし』モビルスーツは
内容ネオ・ジオングシナンジュの外殻……
つまりハルユニットとして開発された機体だ。
勿論シナンジュ・スタインが装着することも可能だ。
しかし……サイコマシーンってのは得てして不安定なもので、予想を裏切ることもままあるそうじゃないか。
もしかしたら他の機体にII・ネオジオングが奪われることだって……
いや、そいつは笑えない冗談か」
インタビュー人物袖付きの兵士
備考IIネオ・ジオングへヴァリアブル。
証言者は本当の所属を出しているが、「ジオン共和国軍の兵士」が仮初めの肩書きになるだろう。

EB4弾ANNIV.・EB4-089

証言タイトル『袖付き』のスタイン
内容「『袖付き』に強奪されたシナンジュ・スタインは2ユニット存在し、その内の1機がMSN−06S シナンジュへと改装、フル・フロンタル専用機として運用され、残されたもう1機は宇宙世紀0097年、ユニコーンガンダム3号機『フェネクス』を巡る戦闘において、袖を巻いた状態で投入された」
インタビュー人物モビルスーツジャーナリスト
備考

編集にはIDが必要です