デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
形式番号EB-05s
頭頂高18.1m(TP-025より加筆)
本体重量32.5(TP-025より加筆)
武装ワイヤークロー、フライトユニット(TP-025より加筆)
専用機パイロットマクギリス・ファリド
マクギリス・ファリド(2期)

鉄血の1弾P・TK1-041

証言タイトル『必要』なもの
内容「どんな兵器もそうだが、モビルワーカーやモビルスーツを扱うためには相応の知識と技術が必要となる。
それらは常人でも努力することで身につけることは可能だが……
この特別なグレイズを見なさい。
こういう機体に乗り込むためには、自らが人を動かす力まで備えねば不可能なのだよ」
インタビュー人物ギャラルホルンの幹部
備考「自らが人を動かす力まで備えねば」という点については別にそうでもない気がしなくもないが・・・。

鉄血の1弾CP・TK1-069

証言タイトルIII
内容次は、
どうすれば良い?

「行くんだよ」
インタビュー人物三日月・オーガス
備考鉄華団VSギャラルホルンキャンペーンより。

鉄血の2弾R・TK2-039

証言タイトル『マクギリス』のグレイズ
内容「ショルダーやウエストにブースターを追加してあるのがわかるかい?
グレイズの試作機を改修した高機動タイプ……
シュヴァルベ・グレイズ、青いカラーのこいつは、マクギリス・ファリド特務三佐の専用機だ。
はは、操縦者の名前を聞いたとたんに目の色まで変わってるよ、あんた。」
インタビュー人物ギャラルホルンの技術者
備考青はマッキーのパーソナルカラーで、別の機体にも塗装されている。

鉄血の3弾R・TK3-039

証言タイトルその『資格』は
内容「この機体はグレイズでありながら、汎用性の向上を図ったグレイズでは無い。
シュヴァルベというワードは決して飾りじゃ無く、操縦にはパイロットの技量が相応に求められるのだ。
ゆえに戦場の苛烈さが増すほど、その輝きも比例する……
さて、新たなパイロットになったあの小僧に乗りこなせるかな?」
インタビュー人物ギャラルホルンの整備長
備考シュヴァルベとはドイツ語で燕という意味。
基のグレイズ(の試作機)を高性能、高難度化させる点では原型機のグリムゲルデに先祖返りしている。
それにしても、証言者はセブンスターズの嫡子を小僧呼ばわりするとは大した人物である。

鉄血の5弾CP・TK5-071

証言タイトルシュヴァルベ・グレイズと『シャア』
内容この資料は?連邦の新型……と言うわけでも無さそうだが
「パイロットの技量を要求される機体、と書かれていますなぁ。
そう言えば、少佐のザクも一般兵では扱いようが無いと聞いていますが」
私をそう買いかぶるな、ドレン。
そのモビルスーツのパイロットも同じだろう。
自分の身の丈に合わせた結果、こうなっただけの話さ
インタビュー人物シャア・アズナブルとドレン
備考鉄血小隊コンビネーションキャンペーンより。
鉄1弾Pと同じく、シャアも乗り手に相応の能力が求められる点を挙げている。

TP-025

証言タイトル『カルタ』とトライエイジ
内容わきまえなさい!
この私、ギャラルホルン地球本部所属、地球外縁軌道統制統合艦隊の司令官カルタ・イシューに対して、ぶしつけにカードを手渡そうなど……
はっ?この絵柄にあるグレイズは、
マクギリ……い、いや!
あの金髪の高慢ちきな、地位の為に青臭い子供なんぞと婚約した、
いつも前髪をイジイジしてる男……の専用機ではないか。
どういうことだ、詳しく話を聞かせてもらおう……
ふむ、トライエイジという電子遊戯機の……
そ、そこにいけばこのパイロットのカードも手に入る可能性があるのか?
なっ……私は貴様に尋問しているだけだっ!!
インタビュー人物カルタ・イシュー
備考鉄血のオルフェンズ ブースターパックより。
かなりの長文になっており、実際の(カードの方の)文字サイズも小さく相変わらずの早口言葉同然の所属を出してくる。
そして言葉の裏に思慕の感情がひっそりと表れている。

編集にはIDが必要です