デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
形式番号RGM-79GS
頭頂高18.0m
本体重量44.6t
武装頭部バルカン砲、ビーム・サーベル、プルパップ・マシンガン、ビーム・ガン、シールド
専用機パイロットユウ・カジマ
別バージョンMSジム・コマンド(BLUE DESTINY)

OA1弾M・OA1-008

証言タイトル『強さ』とは
内容「モビルスーツの強さ……か。
推力、出力、火力……
ふふ、どうスペックを比べたところで、結局はそれを操るパイロットの腕で決まる。
相手よりも上手く機動し、上手く攻撃を当てることができるのなら、こいつで赤い彗星を墜とすことだって可能なんだ。
夢物語じゃないさ、最初から負けるつもりで戦う奴が居ると思っているのか?」
インタビュー人物地球連邦軍のパイロット
備考マシンが良くても、パイロットが性能を引き出せなければ!」という金言もあるようにやっぱり一番重要なのはどれだけ使いこなせるかの熟練度がモノを言うだろう。
本ゲームに置き換えるならGコマンダーのバーストバトルに勝つための反射神経と戦場の地形、敵のアビリティ、バースト、スキルなど配置を読んでの小隊編成、そして機体レベルの育成であろうか。
もっと極端な例で言えばLV200オーバーの無印弾のCと新規参戦系統(LV1)のP(この場合、例として挙げるならOA1弾Pダイバー)だと前者が総合的に強いのは一目瞭然であろう。
もちろん、証言者の言うように本カードの性能にマッチしたパイロット乗せてやればシャアを落とすことだって不可能ではない。

OA6弾C・OA6-010

証言タイトル『当然』のこと
内容推進器のパワーアップにプロペラントタンクの積載量が追いつかなくて、最大出力の稼働時間が短かった?
ははは、そりゃ技術屋の勝手な反省ってやつだ。
どんな機体にも弱点はある、それを理解した上でうまく扱うのは、パイロットとして当然ってね。
こいつは優秀なモビルスーツさ、断言できるよ」
インタビュー人物地球連邦軍のパイロット
備考皮肉なことにライバル枠のFZも同じ欠点を抱えている。

編集にはIDが必要です