デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


パイロット解説

B3弾P・B3-053

証言タイトル「2人目の『少年』」
内容ヒイロ・ユイの救出に現れたもう1人の少年は、牧師のような黒い服装が印象的でした。
2人はあっという間にこの高層ビルから飛び降りて脱出したんです。
それも、一切ためらうことなく。
あんな年頃でここまでの大事をやってのけるなんて、いったいどんな経験を積んできたのか……」
インタビュー人物国連軍の兵士
備考

B3弾C・B3-054

証言タイトル「死神を駆る『死神』」
内容「デュオ・マックスウェル。
外見特徴、腰下まで届く長い三つ編みの髪。
かつて宇宙遊牧民的組織『スイーパーグループ』にて戦闘及び破壊工作の訓練経験あり。
死神の異名を持つガンダムデスサイズに搭乗。
その腕前は彼自らも死神であると認めざるを得ない領域にある」
インタビュー人物調査報告書より
備考

B4弾R・B4-048

証言タイトル「意外だった『ポイント』」
内容ガンダム02を駆る少年は死神っぽいガンダムの印象とは逆で、誰よりも命の尊さを理解し、戦争がもたらす惨劇を嘆く、素直で優しいヤツなんだってさ、意外だよな」
「素直で優しいところか?そこはどうでも良い。
戦いから離れた人は基本的には優しいものさ。
私が驚いたのは……あれだけの操縦技巧を見せていたのが少年だった、ということだ」
インタビュー人物OZの構成員たち
備考

BG4弾R・BG4-049

証言タイトル「『死神』だからこそ」
内容「死神って、大抵は無口なイメージだったが……
死神を名乗るガンダム02との戦闘では、それが一気に覆されてしまった。
確かに一撃で相手を倒す戦い様は死神のそれだが、とにかくよく喋るんだ。
思ったんだが、死に導ける強い力を持っているからこそ、威嚇の意味でその危険性を知らせてくれているんじゃ……考えすぎだろうか」
インタビュー人物OZのパイロット
備考同弾のクロスifとリンクする証言。

鉄血の6弾C・TK6-056

証言タイトル『納得』した兵士
内容「牧師のような黒い服装をしていたあの少年もパイロットだったのですか?
いえ、驚いているわけじゃありません、これで合点がいったのです。
一緒に居たヒイロ・ユイと共に、高層ビルからためらうことなく飛び降りるような子ですよ?
……ガンダムに乗っている位のことは、してもらわないと」
インタビュー人物連合軍の兵士
備考B3弾Pの続き。

VS2弾P・VS2-052

証言タイトル『死神』のパイロット
内容「プロフェッサーGの指令によってOZ壊滅の任務を遂行していた少年。
腰下まで届く長い三つ編みの髪と、牧師を連想させる衣装が特徴。
宇宙遊牧民的組織『スイーパーグループ』の中で、戦闘と破壊工作の訓練を受けている。
また、モビルスーツ戦を得意とし、戦場の死神と呼ばれる機体を自在に操る」
インタビュー人物調査報告書
備考ガンダムW キャラクター調査報告書より。

DW1弾R・DW1-051

証言タイトル『映って』いたのは
内容「私もTVで見ていたわ!
OZが捕まえたガンダムのパイロット、身元が不明だとか言ってたけど……
私が見間違えていなかったらこの子、普通の男の子じゃない!?
……ほら、やっぱりこの写真!
どうしてあなたがその子の写真を持っているのかはともかく、周りはもっと驚かなかったのかしらね?」
インタビュー人物とあるコロニーの住民
備考

EB2弾P・EB2-056

証言タイトル『優しい』死神
内容「L2コロニー群近辺の『スイーパーグループ』と呼ばれる宇宙遊牧民的な組織で、彼は優れた戦士として育てられたそうだ。
『死神』の異名とは正反対に明るい性格の持ち主で、いかなる苦境におかれても弱音を吐くことはない。
そのため、他のメンバーからの信頼も厚いんだ」
インタビュー人物とある情報屋
備考

BPR-018

証言タイトル「死神の『中』には」
内容死神って異名を持つモビルスーツがいるの、知ってる?
コロニーの連中が送り出したガンダムの1機らしいんだけどさ……
それに乗ってるパイロットは、死神とはまったく逆のイメージを持った明るくて気が良いヤツなんだって!」
インタビュー人物ウワサ好きの女性ジャーナリスト
備考

VPR-032

証言タイトルガンダムの『中』には
内容ガンダム02のパイロットは死神って言うくらいだから、きっと本人も恐ろしい形相でみんな目を逸らしちゃうような感じなのかな?」
「いや、声の感じから、意外と若い……むしろ少年のような印象すら感じるんだが」
「えーっ、そんな子が自分で死神なんて名乗っているのだとしたらちょっと……可愛いかも」
インタビュー人物OZの兵士たち
備考

編集にはIDが必要です