デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カード枚数が多いため簡易目次を設置しました。
Z弾 B弾 BG弾 鉄血弾 鉄華繚乱弾 VS弾 DW弾 EB弾 プロモーション

パイロット解説

Z3弾P・Z3-062

証言タイトル「工作員は『少年』」
内容「OZ壊滅作戦『オペレーション・メテオ』においてコロニー側がウイングガンダムと共に地球へ送り込んだ少年は、感情に左右されることなく任務を遂行する完璧な兵士として徹底的に教育されていた。
それがヒイロ・ユイ……もっとも、その名前も作戦上のコードネームであり、本名ではないのだろうが」
インタビュー人物OZのエージェント
備考証言内容は彼がいかなる人物かを報告するかのようなもの。

Z3弾C・Z3-063

証言タイトル「少女が見た『流星』」
内容「学園一お金持ちのリリーナ様がヒイロ・ユイと名乗る転校生に誕生日会のおさそいをされた際、彼はその招待状を一瞥(いちべつ)もくれずに破り捨て……
あろうことかリリーナ様に『お前を殺す』などと呟(つぶや)いたように聞こえたのですが……
ええ、わたくし学園一耳がいいことで有名なんです」
インタビュー人物聖(セント)ガブリエル学園の女生徒
備考第1話より。

Z4弾R・Z4-064

証言タイトル「だが少年は『押した』」
内容「本物のプロっていうのは、与えられた任務の為なら自分の保身など微塵も考えないものだよ。
何よりも遂行することを優先するんだ。
たとえば、搭乗中のモビルスーツに組み込まれた自爆装置のボタンを、いっさい躊躇せず押せるほどに……
いや、例えが極端すぎたな、流石にそれは非現実的だった」
インタビュー人物特殊部隊の一員
備考その後、第10話でヒイロは証言タイトルの通りに自爆を実行した。

B1弾R・B1-056

証言タイトル「ヒイロの『弱点』?」
内容「与えられた任務を遂行するためだけに生きてきたヒイロ・ユイが唯一ペースを乱してしまった存在は、戦いにはまったく無縁な1人の少女だったと聞いた。
時として女性はモビルスーツなんかよりも強いって……
ははは、そういやうちの母ちゃんも無敵だったぜ、たまには顔を出さないとな」
インタビュー人物OZのパイロット
備考

B2弾C・B2-053

証言タイトル「言動よりも『行動』」
内容「『無口で無表情で無鉄砲』ですって?
ふふ、確かにそうかもしれませんわね。
でもそれは、あくまで外から見える印象でしかないでしょう?
実際にヒイロ・ユイがこの世界に対して行動で示してくれたことは、あまりにも多彩だった。
彼は本当に豊かな人なのよ」
インタビュー人物サンクキングダムの子女
備考「無口で無愛想で無鉄砲」といわれることも。

B3弾M・B3-051

証言タイトル「同級生は『図星』をつかれた」
内容「リリーナさんの招待状を破いたヒイロ・ユイに、ぼくは義憤を感じていた。
だが、あの男は……謝罪するどころか、ぼくを侮辱する台詞を吐いて……!
あんなのは紳士じゃあない!!」
「ヒイロくんはきっとキミのよこしまな気持ちを見透かしていたのさ。
要するにキミ……彼に嫉妬していたんだろう?」
「だ、だんじて違う!!」
インタビュー人物リリーナが通う学園の生徒たち
備考

B3弾C・B3-052

証言タイトル「『生存』する力」
内容「ガンダムの能力だけで評価してはいかん。
パイロットのヒイロ・ユイ自身が持つサバイバビリティはきわめて高い。
よほどの戦闘訓練を積んできたのだろう、骨折した箇所を自らの手で治療し、即座に任務復帰したとの報告も受けている……
つまり機体を沈黙させたとしても、油断はできないということだ」
インタビュー人物OZのパイロット
備考

B7弾C・B7-056

証言タイトル「私服にも『程』がある」
内容「モビルスーツは一見堅牢な鉄の鎧にも見えるが、中のパイロットへかかる負担は想像以上のものがある。
急加速、急減速によって発生する高いGや、機体が損傷した際には、コックピット内にも破損の影響が及ぶかもしれない。
あのヒイロ・ユイはそんな過酷な環境下であっても……
タンクトップに半ズボンという軽装らしいぞ」
インタビュー人物OZの構成員
備考

BG1弾C・BG1-051

証言タイトル「少年が『青年』になる時」
内容「人の成長って早熟と大器晩成タイプがあるっていうだろ?
ガンダム01を操縦していたヒイロ・ユイは、どう見たって早熟……」
「あなたの安い物差しで見ればそうなのかも知れないけど、彼はまだまだ成長途中でしょ」
「なんでそんなに刺々(とげとげ)しいんだ、ファンになっちまったのか?
しかしこれ以上腕を上げられたら……ハァ、考えるのやめよ」
インタビュー人物OZの構成員たち
備考

BG5弾M・BG5-050

証言タイトル「『パーティーナイト』で」
内容「とても怖かったですわ。
学園祭のダンスパーティーに、巨大な兵器たちが襲ってくるなんて……
白い翼のモビルスーツが現れなければ、リリーナ様はもちろん、私たちもどうなっていたか」
「それにしてもリリーナ様のダンスパートナーだったヒイロ・ユイは、真っ先にどこへ逃げ出してしまったのかしらね」
インタビュー人物聖(セント)ガブリエル学園の女生徒たち
備考第6話より。
>真っ先にどこへ〜
それはもちろん、例の白い翼のモビルスーツに乗っていたからである。

鉄血の5弾C・TK5-050

証言タイトル『仕方の無い』こと
内容「聖(セント)ガブリエル学園に編入生として活動……少年であるヒイロ・ユイの身姿を活かした、工作員としてなんら間違いのない選択だ。
しかしだよ、彼は自分の存在を紛れ込ませるどころか、若竹が空に突き抜けんとするような目立つ行動を繰り返していたそうじゃないか。
本人にはそのつもりが無かったのかもしれんが……」
「生来持つスター性ってやつですよ」
インタビュー人物OZの情報局員たち
備考

鉄華繚乱1弾M・TKR1-062

証言タイトルヒイロ『再び』
内容ウイングガンダムゼロの搭乗者。
暗殺されたコロニー指導者の名をコードネームに持つ少年。
かつて破壊工作のエキスパートとしてOZ壊滅のため、オペレーション・メテオを実行した。
大戦後、外交次官リリーナ・ドーリアンの危機を知り、再び彼女を救うべく行動を開始する」
インタビュー人物極秘文書
備考どちらかと言えばEW版のヒイロについての証言となっている。

鉄華繚乱4弾C・TKR4-055

証言タイトル共に『鋭く』
内容「やはり男の方はお強いんですね。
ドロシー様とのフェンシングでも、彼女のマスクを貫くほどの鋭い突きを……
そういえば、試合中のドロシー様は一方的に彼へ言葉をかけていたようですが、2人は一体何をお話になっていたのでしょう?
そのせいかどうかは存じませんが、ヒイロ様は終始押されているようにも見えました」
インタビュー人物サンクキングダムの学園の女生徒
備考第31話より。
>2人は一体何をお話に〜
ドロシーはヒイロに対して、暗殺されたコロニー指導者とガンダムパイロットの「ヒイロ・ユイ」の話をしていた。

VS2弾P・VS2-051

証言タイトル『完璧』な兵士
内容「OZ壊滅作戦『オペレーション・メテオ』でドクターJが、ウイングガンダムと共に地球へ送り込んだ少年。
感情に左右されることなく任務を遂行する完璧な兵士として、徹底的に教育されている。
なお、ヒイロ・ユイという名は暗殺されたコロニー指導者の名前からつけられたコードネームであり、彼の本名ではない」
インタビュー人物調査報告書
備考ガンダムW キャラクター調査報告書より。

DW1弾M・DW1-050

証言タイトル『幼い』のではなく
内容「この写真の彼について、君は私にどういった話を引き出したいのか、今一つよく掴めないのだが……
確かにガンダム01を駆るパイロットは少年だ、しかし、そう驚くようなことでもあるまい。
戦争に関わるには幼すぎるのではなく、我々よりもはるかに濃密な戦士としての日々を彼が過ごしてきたまでのことだろう?」
インタビュー人物OZのパイロット
備考

EB2弾M・EB2-055(準備中)

BPR-017

証言タイトル「だけど『羨ましい』」
内容「モビルスーツを駆る兵士としてのテクニックは既に完成の域に達しているな。
でもヒイロ・ユイは16歳の小僧なんだろ?
それ以外のことは意外となーんにもできなかったりしてな。
いや、あくまでオレの願望だよ……
そーだよ、嫉妬してんだよ!悪いか!?」
インタビュー人物OZの構成員
備考>それ以外のことは〜
ヒイロは工作員としての活動やモビルスーツの操縦の他にも、潜入任務で完全に違和感無く溶け込めるようにする為、掃除・洗濯・家事・料理・日曜大工・裁縫も習得している事が公式のボイスカセットで語られている。

TPR-018

証言タイトル仕方の無い『噂』
内容「降下作戦に使用された5機のガンダム、その性能は恐るべき脅威ではあるが……
搭乗者自身の戦闘力もかなりのものらしい。
特に翼の生えたガンダム01のパイロットは、搭乗機体の爆発にも耐えうる強靱な身体を持っていると聞いた……
まさかとは思うがサイボーグ……あるいはエイリアンなんて線はないだろうな?」
インタビュー人物OZの兵士
備考

編集にはIDが必要です