デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムZZ
頭頂高19.86m
本体重量32.7t
武装ハイパー・メガ・カノン、ダブル・ビーム・ライフル、腹部ハイ・メガ・キャノン、背部ミサイル・ランチャー、他
専用機パイロットジュドー・アーシタ
ジュドー・アーシタ&エルピー・プル(OA4弾〜)
本館

B1弾P・B1-013

証言タイトル「パワーアップの『合言葉』」
内容そりゃあガンダムのパワーアップっていやぁ、『フルアーマー』以外には考えられないでしょ!?
お姉さん知ってます?
第一次ネオ・ジオン
戦争の終盤、鮮烈に登場したZZのフルアーマーさ!
全身に武器を装備して、そりゃあもう格好良かったんだから!!

このユニコ……もがが(機付長に止められインタビュー中断)」
インタビュー人物ネェル・アーガマの整備士見習い
備考ダブルゼータはおおまぬけ」「ふかやのねぎ」「したくねえよな」(以上ナイトガンダム物語での合言葉)
前弾登場した本ゲームに於けるフルアーマーの名を冠するガンダム第1号に続いてタクヤ・イレイ肩書名義?ではあるが証言者として再登場。
誤字があり、正確には「第一次ネオ・ジオン抗争」である。

B1弾C・B1-014

証言タイトル「認めたくない『偉容』」
内容「エゥーゴの新型ガンダムが一回り大きくなっていたような気がするんだが……
ビーム・ライフルがさらにゴツくなって、背中からミサイルを大量発射してたし、腰からもぶっといビームを……
ははは、疲れてるんだなオレ、きっと気のせいだ」
「それ間違いなく完全にパワーアップしてるよ!」
インタビュー人物ネオ・ジオン軍のパイロットたち
備考カード上の本体重量が全く変わっていない件については本館の解説項参照。
ビームライフルの件だけは気のせいで、手に持っていたのを腕にセットされただけである。

B2弾M・B2-017

証言タイトル「『中身』も大事」
内容「フルアーマーパーツにばかり目がいきがちだが、変わったのはそこだけじゃない!
本体のZZパワーアップを行っているんだ。
こんなゴツイ装甲をまとうためにはガンダム自体も鍛えてやらんと……
せっかくの勝負服を着こなせないようじゃ、恰好がつかんだろ?」
インタビュー人物アナハイム・エレクトロニクス社の社員
備考その中身が参戦するのは3シリーズ後……鉄華繚乱3弾のことである。

B4弾M・B4-009

証言タイトル「『トライ』するゼータ!!」
内容「ダブルゼータは合体した時に見えを切ったりして、カッコイイ機体だったなぁ。
もっとこのスーパーな格好よさを前面に出した改造は出来ないだろうか……
ん?無敵鋼人……それに勇者……そうだ!
胸にライオン、必殺剣……たまにはこんなガンダムがあっても良いよなっ!!」
インタビュー人物熱血ガンプラビルダー
備考ガンダムトライゼータを生み出すきっかけとなったif機証言。
B〜BG弾、本ゲームの起こした「奇跡」の始まりであった。
以降の展開は本館トライゼータ〜トライオン項もしくは管理人ブログにおけるまとめにて。

BG1弾CP・BG1-070

証言タイトル「彼女と『ZZ』」
内容このフルアーマー、ジュドーからは不評だったんでしょ?
私も何度か乗っているからわかるなぁ、ZZは最初からものすごいパワーなんだから、わざわざ重くさせてまで厚着する必要も、ってね。
たとえば私の愛らしさがこの時点で完成しているような……
って、そこを素直に頷かれたら反応に困っちゃうじゃないの!
(赤面しつつ)」
インタビュー人物ルー・ルカ
備考オールガンダムキャンペーンより。
実際にはZZ−FAの中身は素のZZは完成ではなく戦いが続く中でアップデートを行い最適化した姿なので最初から完成したわけではない。

鉄血の3弾P・TK3-014

証言タイトル恐竜から『怪獣』へ
内容「ZZにフルアーマーのやり方は相性がいいんだぞ?
重装甲に高機動力、さらには超火力だった性能をそのまま真っ直ぐ伸ばしてやれる。
重くなった分、早くもなったし、強くもなってるってワケ!
今のモビルスーツのトレンドは恐竜的進化なんて呼ばれてるらしいけど……
こいつの場合は『怪獣的』進化って言い方がしっくりくるよな?」
インタビュー人物エゥーゴのメカマン
備考この頃のMSの設計思想が「恐竜的進化」と言われたこの時代に本機は「怪獣」と呼んだ方がしっくりくるのでは?というお話。
しかし、相手側は本当に怪獣と呼べる代物を用意していたのであった・・・。
(本館より)

鉄血の6弾R・TK6-010

証言タイトル未だに『戦略』級
内容「また聞きに来たのかい?
あれから何年か経ったけど、今でもZZに対する印象は全く変わっていないよ。
頭部のハイ・メガ・キャノンは、モビルスーツ単機が備える兵装として未だ規格外さ。
コロニーレーザーなどの戦略兵器と比較して、初めてその圧倒的な火力を表現できるんだからね」
インタビュー人物元エゥーゴの技術者
備考5弾PZZの続きと思えるような証言。
メタ的にもかなりの年月がたっている。

鉄華繚乱4弾CP・TKR4-072

証言タイトル衝撃の黒歴史に映る、『ZZ』
内容こっちの映像……
あの暑苦しいモビルスーツはZZって呼ばれているのかい?
あははっ、
なんでも詰め込めば勝てると思ったら大きな間違いだ……
けど、
こいつのパイロットそれをわかった上で操ってみせてるじゃないか、ふぅん、つまらないな……
ZZなんてのはこれ以上話したくないよ、もう!
インタビュー人物メリーベル・ガジット
備考宿命の好敵手キャンペーンより。
証言者のメリーベルは対になるキュベレイも担当している。

編集にはIDが必要です