デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(小説版)(DW6弾以降)
形式番号RX-104FF
頭頂高26・0m
本体重量36.4t
武装ビーム・ライフル、ファンネル・ミサイル、バルカン砲、ビーム・サーベル、シールド
肩部メガ粒子砲、腕部メガ粒子砲、ミサイル・ポッド、サンドバレル
専用機パイロットレーン・エイム
本館

B5弾SEC・B5-081

証言タイトル「『飛竜』の中に住むガンダム」
内容「みんなペーネロペーって呼んじゃあいるが、こいつもれっきとしたガンダムでね。
ミノフスキークラフトを組み込んだペーネロペーユニットを装着している素体は、オデュッセウスガンダムって名前なんだよ。
武装も含めてΞのマザーマシンといえる存在だけど……
そんな母子(ははこ)が戦うことになるなんてな」
インタビュー人物アナハイム・エレクトロニクス社の技術者
備考

VS3弾M・VS3-009

証言タイトル畏怖の『圧』
内容「人の姿に見えないかい?はは……
モビルスーツは人の形を保たなければならないという決まりなどないが、確かに君がそう言いたい気持ちもわかる。
フィックスド・フライトユニットを着込んだペーネロペーの姿は、人を畏怖させる圧を与えてくるものだが……
今の連邦も同様に……いや、私は大人だったな、ここら辺にしておこう」
インタビュー人物アナハイム・エレクトロニクス社の社員
備考>今の連邦も同様に
「閃光のハサウェイ」の時代の地球連邦政府は民間人を強制的に宇宙へと連行する「人狩り」を行っていた。

DW6弾M・DW6-012

証言タイトル第『5』世代
内容Ξガンダム、そしてもう1機の超高性能機であるペーネロペーはともにモビルスーツサイズに小型化されたミノフスキー・クラフトを搭載しており、第4世代に続く『第5世代』モビルスーツとして分類される。
ペーネロペーは地球連邦軍の対マフティー部隊であるキルケー部隊に配備された」
インタビュー人物モビルスーツ研究家
備考同弾MΞからの続き。
文体がインタビュー・・・というよりも極秘文書めいている。

編集にはIDが必要です