デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品新機動戦記ガンダムW
形式番号OZ-06MS
頭頂高16.2m
本体重量7.0t
専用機パイロットゼクス・マーキス(TK4弾〜)
トレーズ・クシュリナーダ(TK5弾〜)
ゼクス・マーキス(EWバージョン)(OA2弾〜)
ルクレツィア・ノイン?(DW1弾〜)
武装ビームサーベル、105mmライフル、ビームライフル、ドーバーガン、バズーカ
本館

B3弾C・B3-023

証言タイトル「ザ・『スタンダード』」
内容「アフターコロニー存在するモビルスーツにとって、あらゆる性能の基準となる機体だ。
さまざまな戦局に対応できる汎用性の高さと操縦性の良さから地球圏統一連合軍やOZ両軍で多数が量産されている。
量産機はえてして地味なモンだが……
こういうヤツがいないと、なにも始まらんのよ」
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考この弾で特集されたヒイロデュオ?も、EWではこの機体に乗って戦っていた事があった。

鉄血の4弾C・TK4-019

証言タイトル『勝者』は目の前に
内容「なんだ、そんな顔して。
昨日寝不足だったか、それとも花形のガンダムじゃなく、こんな量産機の取材にテンションが上がりそうもないってか……
すまんすまん、意地悪が過ぎたようだね、怒るなよ?
お詫びついでにキミの目が覚めるような話をしてやるからさ。
翼の生えたガンダム01を最初に墜とした機体、それがこのリーオーなんだぞ?」
インタビュー人物OZの整備兵
備考だが、それ以上にライトニング・バロンの技量が素晴らしかった方が大きいのは言うまでもない。
カード表面のイラストはその時の奮戦ぶりが描かれている。

VS2弾C・VS2-015

証言タイトル『基準』機体
内容「アビリティレベルの数値はすべて基本となる100で統一されている。
そう、全モビルスーツの性能基準となる機体なのさ、リーオーは。
この世界のあらゆる場所で見かけるだろう?
軍事力におけるスタンダードという要素は、あらゆる個性よりもはるかに重要なものだ」
インタビュー人物地球統一連合の技術者
備考VS2弾のW系MSの証言に触れるモビルスーツアビリティ(数値)について。
この機体がオール100で換算されている。ザックリとしたことについては今弾の『なぜなに』が収録されているウイングへ

OA2弾R・OA2-021

証言タイトル切実な『悩み』
内容「ザクが好きであえて普通のザクを選ぶダイバーがいるように、俺もリーオーが好きでこいつを相棒にしたんだけど……
GBNにはAIが操作するリーオーNPDって機体が設定されていたんだよ。
これがミッションのターゲットとかでよく使われてるみたいでさ、周りのダイバーからそいつと間違われて銃口を向けられちゃうの、本当に迷惑?なんだよな……」
インタビュー人物OZ軍服姿のダイバー
備考無人機のリーオーNPDのベースとなった通常のリーオー使いの悩み。
この問題は無能運営もキッチリ対応すべき課題と言える。

TPR-025

証言タイトル『彼』のリーオーは
内容「改めて気付かされましたよ。
モビルスーツは人の動作のみならず……
中にいる人の意志、気風すら外に現すものでもあるということを。
トレーズ特佐が駆るリーオーは、一般兵のそれとは違い……
あのお方の言葉を借りるなら、その佇まいはまさしくエレガントなものでした」
インタビュー人物OZの兵士
備考

編集にはIDが必要です