デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
頭頂高58.4m
本体重量128.6t
武装頭部バルカン砲、メガ粒子砲、5連装優先サイコミュ式メガ・アーム砲、ファンネル
専用機パイロットクェス・パラヤ
本館

B5弾P・B5-023

証言タイトル「『超巨人』の素体?」
内容「カラーリングこそ違うが、あのシルエットは一年戦争のア・バオア・クーで遭遇したジオングを思い出したよ」「ああ〜、なるほど。でも今度のは足だけじゃなくて『腕』もないですよね」「また間に合わなかったのかどうかは知らないが・・・・・・ま、あれで手足なんて付けたら、普通の機体がコビト扱いになってしまうな
インタビュー人物ロンド・ベルのパイロットたち
備考ディガンマ・アジールを意識しての証言だろうか。

B5弾C・B5-024

証言タイトル「当然の『期待』は」
内容「このα・アジールを見てください、全高にして100メートルを超える超大型モビルアーマー・・・・・・!もちろん体格に見合った絶大な火力をその身に秘めています。連邦の量産機程度にこいつが墜とされる姿なんて、まったく想像付かないでしょう?一体どんな戦果を挙げてくれるのか・・・・・・今から楽しみで仕方がありません」
インタビュー人物新生ネオ・ジオン軍の整備兵
備考

B5弾CP・B5-075(未)

B6弾R・B6-013

証言タイトル「素朴な『疑問』に」
内容「うちの旗艦『レウルーラ』の全長知ってます?250mですよ。100m近い大きさのこいつを搭載させるスペースなんてどこにもありませんって。
じゃあどうやって運ぶのか・・・そりゃあ、艦で直接引っ張るしかないでしょう?まったく、スケールの大きな話ですよね」
インタビュー人物レウルーラの乗組員
備考

B8弾C・B8-013

証言タイトル「その『名」は本来・・・」
内容「ネオ・ジオングに似てるって・・・そりゃあ、α・アジールって巨大機動兵器の運用データがあったからこそ、あれだけの短時間で用意できたんじゃないの?
元々はあっちがネオ・ジオングって名前になるかもしれなかったって聞くし。所詮ボクはただの整備兵だから、ホントかどうかは知らないけどさ」
インタビュー人物袖付きの整備兵
備考

編集にはIDが必要です