デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>間の悪いタイミングで

概要

BG5弾から始まり、鉄血の4弾に繋がる証言シリーズ。
「Gのレコンギスタ」の第21話の後、ジット団のメンバージャイオーンが起こした事故と涙ながらにキア・ムベッキの人物像について語り、カバカーリーの本来のコードネームとパイロットについて語る内容となっている。

収録カード(稼働弾順)

BG5弾排出分

ジャイオーン
カードページへ
証言タイトル「ジャイオーンの『手』段」
内容「仕方ないんだよ、あくまでG−セルフを捕獲するのが目的だったんだ。
純粋な破壊任務なら、あそこまでジャイオーンの手を煩わせることは……
手……そう、ビッグアームも装備していたんだぞ?
確かに入り組んだシー・デスクのフレーム周りで使うには威力が強すぎたかもしれない……
けど、あれは仕方がなかった、そう思わせてくれよ!」
インタビュー人物ジット団のメンバー
備考間の悪いタイミングでより。
シー・デスクの底をビッグアームで切り裂いた「事故」について。
下記のキア・ムベッキに続く。
キア・ムベッキ
カードページへ
証言タイトル「間の悪い『タイミング』で」
内容「キア隊長のことを?
貴様、このタイミングでよくも……まぁいい、教えてやる。
ジット・ラボラトリィの技術保全局長、並びに、ビーナス・グロゥブで地球への帰還を望む、我らジット団のリーダーでも……あった。
G系モビルスーツ、じ、ジャイオーンに搭乗して、す、優れた……
ぐすっ、操縦を……ひっく……
ええい!少し向こうで泣くっ!!」
インタビュー人物ジット団のメンバー
備考間の悪いタイミングでより。
上記のジャイオーンの続き。
相当隊員たちから愛されていたことが良く分かる証言。
おそらくフルムーン・シップに乗船している団員にインタビューをしたのだろう。
時系列は本人が自らの開けたコロニーの穴を自らの命を使って塞いだ後なので証言者が泣いているのはこのため。
下記のカバカーリーに続く。

鉄血の4弾排出分

カバカーリー
カードページへ
証言タイトル本来の『搭乗者』は
内容「カバカーリー?
なんだぁその名前、あのモビルスーツはG−ITってコードネームなんだよ!
コックピットシートにはキア隊長が座って、オレたちで地球圏での決着をつける予定だったんだ……
ぐすっ、隊長があんな事にならなければ……ひっく……
ええい!やっぱり少し、向こうで泣くっ!!」
インタビュー人物ジット団のメンバー
備考上記のキア・ムベッキの続き。

編集にはIDが必要です