デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>決勝大会の名場面

概要

EB3弾における証言シリーズで、ガンダムファイトの観戦者ノーベルガンダムガンダムマックスタードラゴンガンダムの決勝大会での名場面街の情報屋ガンダムローズの非公式試合ネオロシアのファンボルトガンダムの決勝大会での名場面について語る内容となっている。
※一部カードの順番が逆になってますが、原作における劇中の時系列順にしています。ご了承ください

収録カード

ノーベルガンダム

カードページへ
証言タイトル嵐の『予感』
内容「なんていう番狂わせだよ、ネオロシアのアルゴ・ガルスキーがたったの48秒で敗れるなんて!
相手は……昨日までまったく無名だったネオスウェーデンのノーベルガンダム……
カワイイ姿からは想像もつかないあのファイトは、まるでクレイジーな戦士みたいだったんだ……!」
インタビュー人物ガンダムファイトの観戦者
備考決勝大会の名場面より。
証言の時系列はGガンダムの第30話で行われたノーベルガンダムとボルトガンダムの試合の後と思われる。

ガンダムマックスター

カードページへ
証言タイトル『燃える』マックスター
内容「いいか?ガンダムファイターの魂の火が燃え上がれば燃え上がるほど、対戦する者の魂も呼応してそれに負けない炎を生み出す……これだからガンダムファイトは面白いんだ、ガンダムマックスターとゴッドガンダムの戦いは、どちらが勝ってもおかしくなかったぜ!!」
インタビュー人物ガンダムファイトの観戦者
備考決勝大会の名場面より。
証言の時系列はGガンダムの第35話で行われたゴッドガンダムとガンダムマックスターの試合の後と思われる。

ガンダムローズ

カードページへ
証言タイトル『目覚めし』ローズ
内容「あくまで噂だが……試合放棄していたはずのガンダムローズが、別の場所でゴッドガンダムと非公式のガンダムファイトを行っていたらしい。
そこでのガンダムローズは、いつもの気高く華麗な戦い振りとは違い……今までは見せることのなかった、すさまじい気迫を全身にまとっていたそうだぜ」
インタビュー人物街の情報屋
備考決勝大会の名場面より。
証言の時系列はGガンダムの第36話で行われたゴッドガンダムとガンダムローズの非公式試合の後と思われる。

ドラゴンガンダム

カードページへ
証言タイトル目にもの見せるは『最終秘伝』
内容「ドラゴンガンダムは両腕を失っても、一切怯むことなくゴッドガンダムに向かっていった。
さらに砕かれても、砕かれても、なお立ち上がるその闘志に……ああ、ここまで心を打たれたガンダムファイトもそうそうない。
そしてが見せた最高の奥義……光の蝶が舞う姿は、雄々しくもあり、そして何よりも美しかった!」
インタビュー人物ガンダムファイトの観戦者
備考決勝大会の名場面より。
証言の時系列はGガンダムの第37話で行われたゴッドガンダムとドラゴンガンダムの試合の後と思われる。

ボルトガンダム

カードページへ
証言タイトル『突撃』ボルトガンダム
内容「ボルトガンダムは、あえてゴッドガンダムのゴッドフィンガーを頭に受けたまま……同じく必殺のガイアクラッシャーで、ゴッドガンダムの右腕にヒビを入れるまで追い詰めたそうだ。
ネオロシアにハラショーなモビルファイターあり!
今日もボルトガンダムのおかげで酒が美味いぜぇ!!」
インタビュー人物ネオロシアのファン
備考決勝大会の名場面より。
証言の時系列はGガンダムの第38話で行われたゴッドガンダムとボルトガンダムの試合の後と思われる。
こちらは2対2(ドモンのゴッドガンダム&アレンビーノーベルガンダムアルゴのボルトガンダム&アンドリュー・グラハム(ネオカナダ代表)のランバーガンダム)のタッグマッチで行われた。

編集にはIDが必要です