デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>後出しにしても

概要

鉄華繚乱5弾における証言シリーズで、連合軍の女性技術者フリーダムガンダムプロヴィデンスガンダムのようなモビルスーツを次こそは後出しで示す事について語る内容となっている。

収録カード

フリーダムガンダム

カードページへ
証言タイトル『後出し』にしても
内容「なんだって後出しが有利、世の中はそうできてしまっている……
にしても、ザフトのフリーダムは度が過ぎてるわ。
正直、奴らがGAT-Xシリーズを強奪できなかったもう一つの未来があったなら、私たちがその後継機としてフリーダムほどのモビルスーツを生み出せたかどうかは……」
インタビュー人物連合軍の女性技術者
備考後出しにしてもより。
下記のプロヴィデンスガンダムに続く。
この頃の連合は「モビルスーツとはなんなのか、よくわからないモノ」なので、コレに比肩しうる物が作り出せるのはほぼ不可能だろう。
宇宙世紀で例えるならGAT-XシリーズをV作戦の機体に、ザフトをジオンに置き換えた場合・・・一年戦争中にガーベラ・テトラ(中身全ジオン製)がフリーダムになるだろうか。

プロヴィデンスガンダム

カードページへ
証言タイトルさらなる『後出し』へ
内容「プロヴィデンスもそうよ。
ドラグーンを用いた空間戦闘における圧倒的なアドバンテージを持たせるコンセプトは、GAT−Xの思想になかったザフト独自のものだって言える。
次こそは私たちがこれらの機体に対する後出しを示さなくちゃならない。
そもそも、こういう後出しのない時代……
戦争を終わらせるためにもね」
インタビュー人物連合軍の女性技術者
備考後出しにしてもより。
上記のフリーダムガンダムの続き。
最終的に最も後出しが得意な人用意した機体視聴者から後ろ指を指されるくらいの圧倒的な暴力を以って全てを踏みにじって戦いを終わらせている。

編集にはIDが必要です