デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>真実は伝えず

概要

鉄華繚乱2弾における証言シリーズで、ギャラルホルンの士官と部下レギンレイズ(イオク機)の長距離からの援護射撃が味方を掠めていた事について語りギャラルホルン士官の部下アリアンロッド艦隊に所属している同期の友人から上司であるイオク・クジャンの話をさんざん聞かされていた事について語る内容となっている。

収録カード

レギンレイズ(イオク機)

カードページへ
証言タイトル真実は『伝えず』
内容「……流石だな、アリアンロッド艦隊の戦いは、私が特に気になったのはレギンレイズの暗い色の専用機だ。
長距離射撃に特化したカスタムが施されていたようだが、長大な射程距離にもかかわらず迷いの無い援護射撃を続けていた。
む、その弾は味方を掠めていた?
……はは、それでも当たっていなかっただろう?
乱戦状態の味方機の動きすら計算に入れていたのだよ、誰かは知らんが全く恐ろしい狙撃手さ。」
「……え、ええ、まったく」
インタビュー人物ギャラルホルンの士官と部下
備考真実は伝えずより。
下記のイオク・クジャンに続く。
イオクが前線に出ぬよう援護射撃用に部下と整備士によってカスタムされたにも関わらず手柄を得ようと前線へ出しゃばり、肝心の射撃は敵に当たらない致命傷を持つ。
しかし本人は相手が避けたか自分と互角だと思いこんでいる。ある意味敵味方には恐ろしい存在である。

イオク・クジャン

カードページへ
証言タイトル真実は『言えず』
内容「あの……
先ほどは黙って聞いていましたが、黒い専用機のパイロットって、クジャン家当主を務めておられるイオク・クジャン様のことですよね?
いや、同期の友人がアリアンロッド所属で、彼からさんざん愚痴……
いや、話を聞いていたものですから……
え?どんな話かって……そこは言わさんでくださいよ。
お互い大人なんですから」
インタビュー人物ギャラルホルン士官の部下
備考真実は伝えずより。
上記のレギンレイズ(イオク機)の続き。

編集にはIDが必要です