デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>戦う対象は

概要

鉄華繚乱4弾から始まり、鉄華繚乱5弾に繋がる証言シリーズで、とある傭兵厄祭戦時代のガンダム・ダンタリオン巨大な腕を装備した姿巨大なシールドを装備した姿巨大な足を装備した姿強力なブースターを装備した姿でモビルアーマーと戦っていた場面を想像していた事について語る内容となっている。

収録カード(稼働弾順)

鉄華繚乱4弾排出分

ガンダム・ダンタリオン(ハーフカウルT)[月鋼]
カードページへ
証言タイトル戦う『対象』は
内容「元々ガンダム・フレームは、モビルアーマーと戦うために造られたんだよな?
ってことは、対モビルスーツ用として考えられていなかったってワケで……
だからあいつらの攻撃性能は、あそこまで強力につくられてたってことなのか。
デカい代物にはデカい威力……
それこそ、モビルアーマーを殴るためのデカい腕を装備した機体がいてもおかしくないわけだ」
インタビュー人物とある傭兵
備考戦う対象はより。
下記のガンダム・ダンタリオン(シールド装備)に続く。
ガンダム・ダンタリオン(シールド装備)
カードページへ
証言タイトル『守り』もまた
内容「攻撃ばっかりじゃねぇ、守りも大切だぜ。
となると、厄祭戦の時には巨大なシールドを装備したガンダム・フレームの機体があったかもしれないな?
デカいのは良いことさ、ぶち当てりゃ攻撃にも使える……
ん?よくも想像だけでそこまで語れるなあって?
はっはっは、勘が良いって言われてんだよ、俺は」
インタビュー人物とある傭兵
備考戦う対象はより。
上記のガンダム・ダンタリオン(ハーフカウルT)の続きで、下記のガンダム・ダンタリオン(ハーフカウルB)に続く。

鉄華繚乱5弾排出分

ガンダム・ダンタリオン(ハーフカウルB)
カードページへ
証言タイトル豪腕あれば、『やはり』
内容「前にデカい腕を装備したガンダム・フレームが居たかもしれないって話したが、とくればやっぱりデカい足の機体もあったんじゃねぇか?
そりゃもう、雷かってくらい足技の応酬で、モビルアーマーを蹴り倒して……
何?あまりにも安直だ?ははは、王道って言わないと、そこはさ」
インタビュー人物とある傭兵
備考戦う対象はより。
上記のガンダム・ダンタリオン(シールド装備)の続きで、下記のガンダム・ダンタリオン(Bブースター装備)に続く。
ガンダム・ダンタリオン(Bブースター装備)
カードページへ
証言タイトル高速『狙撃』
内容「実はさ、狙撃が得意なんだよね。
けど、一所(ひとところ)にずっと居つづけなくちゃいけないあの感じ……結構辛いんだよな。
だったらさ、強力なブースターをつけて、一瞬であらゆる狙撃ポイントへ移動できるようなスナイパータイプのガンダム・フレームがあってもいいよな?
ははは、もはや厄祭戦時の予想じゃなくて、単なる俺の願望になってるな、これ」
インタビュー人物とある傭兵
備考戦う対象はより。
上記のガンダム・ダンタリオン(ハーフカウルB)の続き。
マジックハンドのエーススナイパーは「スナイパーに機動力はいらない。こいつで十分さ!」(キリッ)と宣っていたがそれに反して高速で動く狙撃型ガンダムタイプの機体は以外と多い。

編集にはIDが必要です