デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

旧シリーズにおける、各種耐性検証について。隠しパラメータ(耐性)ページ参照。
「ジオンの興亡」以降では異なる可能性もありますので参考まで。

耐性についての検証・連射編(打撃耐性参考)

ビーム耐性検証表ページも参照。
「アクシズ落下阻止作戦!」(管理人はレベル2で計測予定)について、出来る限りの検証を予定している。
本ミッションはICカードを使用し、各機体のレベルにばらつきがある事もあり、参考記録とされるため注意
以下の条件で、「アクシズ落下阻止作戦!」(レベル2)においてサザビーのボスアビリティ「連射」で食らったダメージを計測した。
条件は以下の通り。
・パイロットはアタックバーストで固定(5弾CPジュドー、1弾Pフリット等を軸に適宜修正。絆カウンターはサザビーを倒してレベルをあげてはいけない以上行わないことが望ましい。)
また、2ラウンド持たない組み合わせも多いため、出来る限りパイロットのHP補正を高くする。
・なるべく相性に関係ないカードを使用する。という事で計測するのはなるべくガンナー以外
ガンナーだけのカードは相性補正をかけて計算。
・機体が60機以上ある昨今、どれだけの機体で計測できるかは不明であるが可能な限り行う。時間だけは大量。
・AGE系は現時点ではお休み(AGEシステムの耐性がかなりあるため)。AGE−1フラットのみ(しかしガンナーしか持ってない)。
 検証する場合もゲーム画面のまま計算。
・なるべく検証回数は多くする。
 レベル2の時点でも相当の威力が確認されており、レベルMAXではおそらく回数が稼げないだろうと思われる。そのため、なるべくならサザビーを倒さずに計測を行いたいところ
機体レベルによる防御力レベルを記載することとする。ミッションの終了時点でのレベルを記載(本ミッションによってレベルが向上した分は含まない)。
なので参考記録という事に。

予備検証として、2弾Pジオング、1弾CPビグ・ザム、3弾Mストライクで計測。
事前に「衝撃吸収部でダメージを軽減された」という書き込みがあり、これが真実ならジオングの耐性がかかることになるが。
実際に計測した結果はこんな感じであった。
ジオング…1410、1330、1400ダメージ(防御レベル5)
ビグ・ザム…2640、2670、2610ダメージ(防御レベル2)
ストライク…2340、2410ダメージ(防御レベル2)
今まで高耐性機体とされてきたビグ・ザムのダメージが一番高く、ジオングだとダメージが低め。
防御レベルの高さこそあれ、差は3、まだ誤差の範囲とも言える。
今までの検証もあり、これにより、連射は打撃属性だという事がほぼ確定した
その後の管理人の戦闘記録。

編集にはIDが必要です