デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>同業ゆえの憐み

概要

B8弾における証言シリーズで、ネェル・アーガマの整備兵ガンダム試作3号機の整備の難しさについて語り、時間を過去にさかのぼって、デラーズ・フリートの整備兵たちノイエ・ジールの整備の難しさについて語る内容となっている。

収録カード

ガンダム試作3号機

カードページへ
証言タイトル「同業ゆえの『憐み』」
内容「昔の話だけど、アレが採用されなくて胸をなで下ろした連邦の同業者も多いんじゃないか?
デンドロビウムを普通のモビルスーツと同じ感覚で整備しろだなんて上の人間に言われちゃあ、一日が48時間あったって昼寝の時間すりゃ取れやしないさ。
……ま、『ジオン』の奴らには同情するね」
インタビュー人物ネェル・アーガマの整備兵
備考同業ゆえの憐みより。
B6弾に続きネオ・ジオング関係。
なお、内容は下記のノイエ・ジールと対になっている。

ノイエ・ジール

カードページへ
証言タイトル「気合だけでは『ままならぬ』」
内容「ちまちまとモビルスーツをいじるだけの連邦とは違って、ジオンのメカマンは大型機体にさんざん鍛えられてんだ。
こんなのあっという間に仕上げてみせるぜぃ!」
「親方ぁー、シンコが眠っちまってます」
「スパナで叩き起こせ、オレだって不眠不休なんだ!
……ったく、一日が72時間くらいあればな!!」
インタビュー人物デラーズ・フリートの整備兵たち
備考同業ゆえの憐みより。
同情を禁じ得ない。
上記のガンダム試作3号機と内容が対になっている。

編集にはIDが必要です