ガンダムトライエイジ まとめWiki別館「裏EXA−DB」 - アルトロンガンダム

機体解説

出典作品新機動戦記ガンダムW
形式番号XXXG-01S2
頭頂高16.4m
本体重量7.5t
武装ツインビームトライデント、ビームキャノン、ドラゴンハング
頭部バルカン砲、シールド
専用機パイロット張五飛
張五飛(EWバージョン)

VS2弾P・VS2-014

証言タイトル『二頭』の龍
内容「馬鹿な!
ウェポンズとパワーが140、スピードは130、アーマード120……
そしてファイティングアビリティはレベル170だと!?
それに鹵獲したガンダム05の龍の腕は、報告では1本だったはずだ。
それが両腕に……新型……
いや、まさかこの基地内で改修が行われたというのか!?」
インタビュー人物OZ月面基地の兵士
備考ガンダムW モビルスーツアビリティレベルより。

VS5弾R・VS5-015

証言タイトル『正義』を信じて
内容「たった1機でOZのモビルドール隊を解滅させる……
ガンダム05は噂に違わぬ強さを持っていた。
ただ、戦意を失った私の命まで奪うことはしなかったんだ。
全ての武器を捨てろ、弱い者が武器を持てば、己の心に負けて暴走する。弱い者は戦うな
……パイロットの言い分はとても乱暴だったが、その言葉にも疑念を抱かせない確かな強さが含まれていたよ」
インタビュー人物ホワイトファングのパイロット
備考

OA2弾C・OA2-020

証言タイトル『激炎(ジーエン)』のアルトロン
内容「GBNでアルトロンといえば、エスタニア・エリアでフォース・虎武龍に所属している名うての拳士、タイガーウルフが操るガンダムジーエンアルトロンが真っ先に浮かぶよ。
ドラゴンガンダムではなく、あえてアルトロンをベースにした格闘ガンプラ……
彼が放つ必殺技『龍虎狼道(りゅうころうど)』は必見だぜ!」
インタビュー人物モンク姿のダイバー
備考

DW1弾R・DW1-014

証言タイトル人形を『喰らう』
内容「あのガンダムは新型のモビルドール部隊を次々と倒していったんだ」
「……いや、あれは倒すと言うより、2匹の龍がモビルドールを自らの意志で食いちぎっているようにも見えた」
「あれを1人のパイロットがやってみせていたなら、やはりガンダムは……」
「あれを希望の象徴と呼ぶ人間が存在する意味をようやく理解できたよ」
「……ああ、確かな強さだ」
インタビュー人物OZのパイロットたち
備考

DW2弾R・DW2-019

証言タイトル『龍』虎狼(りゅうころう)
内容「GBNにはガンダムジーエンアルトロンという有名なガンプラがあるんだ。
もちろんアルトロンベースで、龍の他に虎と狼のモチーフを付加させた3獣の機体なんだけど……
それを操るダイバーは狼の獣人ダイバールックのタイガーウルフ
……なんか龍とか虎とか狼タイガーとかウルフとか、ややこしくなって来ちゃったね?」
インタビュー人物GBNロビーでくつろぐダイバー
備考

EB2弾ヴァリアブルP・EB2-017

証言タイトル苛烈なる『双龍』へと
内容「最初はガンダム05が量産されて、2機が同時に戦っていると思った」
「ああ、だがよく見ればまったく違う、奴の腕から飛び出す龍が両腕に装備されて……」
「それだけじゃないぜ、背中にはビームキャノンがまるで龍の尾のように……」
「あれはモビルスーツじゃない、まさしく双頭の龍だった」
インタビュー人物OZのパイロットたち
備考シェンロンガンダムからヴァリアブル。