高藤仙道を実践するためのまとめWikiです。

奇跡のスーパービジョン

「高藤仙道の書籍目録」へ戻る

 Amazon

後書き


  我々が正しい方法で瞑想を行っていると、やがて何もないはずの空間に、鮮やかな光の輝きが見えてくるということを、昔から多くの神秘家たちがいってきた。
  インドのヨーガでは、この光をチャクラと呼んだ。中国の仙道では「丹光」と名付けた。西洋の魔術やオカルトでは、アストラルライトなどといっている。名称はさまざまだが、それらが指し示しているものは、いずれも同一のものである。
  この光は目を閉じて瞑想している時に見えるため、よく内的光(インナーライト)と呼ばれる。しかし、それだけのものではない。行が進むにつれ、やがては目を開けた状態でも、現実の空間に鮮やかな光として見えるようになる。
  さらこれをコントロールしていけば、その人の意識のままに、文字、図形、人物、風景とさまざまな形をとり、玄妙不可思議な光景を現してくれるのだ。もちろん、その人に力がついてくれば、自分が見えるだけでなく、他人にもそのありさまを見せることさえできる。
  本書では、著者の考案したスーパービジョンのさまざまなテクニックを紹介した。その広がりは、オーラ、チャクラの開発を始めとして、ありとあらゆる応用を含み、さらには既成の呪術の最高奥義まで網羅している。

  ただし、断っておくが、これでスーパービジョンの全貌を紹介し終えたわけではない。これは、さらに奥へ奥へと連なっている。その世界は、おそらく極まりないといってもいいだろう。なぜなら、スーパービジョンは、人の持つ意識という広大な領域と密接に結びついているからである。
  つまり、各人の持つ意識によって、無数のスーパービジョンの応用が出現してくる可能性があるのだ。著者の紹介した方法など、それから見れば大海の一滴に過ぎない。
  著者の体験からいって、幻術、呪術というものは、意識のスーパービジョンの点滅(出現と消滅)を使えば、誰にでもやれると思っている。なぜなら、そのところまでトレーニングしていくと、意識とこの現実の世界が、ひとつにつながった空間になってしまうという事実があるからだ。その人の見ている個人的な世界(主観的世界)と現実の空間が、スーパービジョンを行っていると、完全に重なってしまう(というより区別がなくなる)ことがよくわかるのである。
  幻術師や呪術師がつくりだしてきた謎めいた空間とは、どうやらそうしたものらしい。彼らは自分自身が見ている意識空間に、他人をも巻き込んでしまうのである。
  なお、本書は著者の前著である『秘法!超能力仙道入門』『驚異の超人気功法』『秘術!超能力気功法奥義』などの仙道・気功法シリーズのさらに上の段階を目指す人を対象にして書いたものである。その程度は、著者の体系中、最高奥義に属する(この上にもうひとつあるのだが、いまのところ書けない)。
  読者の修行に成果のあることを祈りつつ、筆を置きたい。

目次


プロローグ あらゆる呪術・超能力の根源パワー<スーパービジョン>
  • スーパービジョンは人を神秘的世界へ導く
  • 超常エネルギーの輝きをコントロールする方法の確立
  • スーパービジョンの開発法とその応用
      • オーラ視の開発法とその応用法/「内的光」の開発法/スーパービジョンの開発法

第1章 オーラ視の開発によってスーパービジョンの基礎をつくる
  • 人体から放射されるオーラの謎
  • オーラの色と形状は隠された情報を告げる
  • 現代文明によって犯されつつあるオーラ
  • オーラを見るための神秘眼の開発と環境
      • オーラが見えやすい環境/オーラが見えやすい時間帯
  • オーラを見るための基礎トレーニング
      • ステップ1・直視法/ステップ2・補色法
  • オーラの強化法と器具による開発法
      • ステップ3・オーラ強化法/ステップ4・オーラ眼鏡
  • あらゆるオーラを見るためのトレーニング法<1>
      • テクニック1・全身オーラ/テクニック2・他人のオーラ
  • あらゆるオーラを見るためのトレーニング法<2>
      • テクニック3・各層オーラ/テクニック4・色々な物体から発しているオーラ/テクニック5・オーラの色
  • オーラの異常が知らせる情報を読む
      • オーラの形状/異常な形のオーラ/不思議な光の帯
  • オーラが表す色とその異常の識別法
      • オーラの色とそれが示す意味/オーラの色光の研究

第2章 「内的光」開発の本質とスーパービジョンの閉眼法
  • 瞑想家たちの見てきた謎の光
  • 内的光開発のための初級者向きテクニック
      • ステップ1・意識の集中をはかる/ステップ2・内的光の開発テクニック
  • 内的光の出現パターンとその体験例
      • 内的光のさまざまなパターン/仙道とヨーガの技法を折衷した体験/内的光による小周天の体験
  • 光のシルエットの現出法
      • ステップ1・光の線のシルエットを出す/ステップ2・三角形の光のシルエットの現出法/ステップ3・各種図形を光のシルエットとして出す/ステップ4・スーパービジョンで文字を出す
  • スーパービジョンの発達
      • 単一の光のイメージを現出させる/複数の光のイメージを現出する

第3章 虚空に光のイメージを出現させる開眼法のテクニックと応用
  • スーパービジョンに必要な強力な気のパワー
  • 開眼法によるスーパービジョンの出現
      • ステップ1・光のイメージを開眼で見る
  • 他人にスーパービジョンを見せるテクニック
      • ステップ2・第三者にビジョンを見せる
  • 光のビジョンを空間に浮き上がらせるテクニック
      • 空間に光のイメージを出現させやすい環境/ビジョンを空間に出現させるトレーニング
  • オーラを自在に操るダイナミックなテクニック
      • オーラを伸ばしてビジョンを形成する
  • 手のひらのオーラでさまざまなビジョンを現す
      • 両手のひらのオーラでビジョンを形成するトレーニング/片手のオーラだけでビジョンを形成するトレーニング
  • 全身のオーラをコントロールする方法
      • 局部オーラのコントロール法/全身のオーラをコントロールしていく
  • 想念法によるオーラの形状の修正
      • オーラの欠損の修正/オーラの局部の異常な輝きの修正/全身オーラの異常の修正
  • オーラの色の修正と色彩法
      • イマジネーションによる色の修正法/色彩法と色が与える心理的効果/色光法によるオーラの修正/色紙法によるオーラの修正

第4章 スーパービジョンを使った超能力開発の基本テクニック
  • スーパービジョンによる透視法
      • 相手の意識を内的ビジョンとして見る/相手の意識を外的ビジョンとして見る
  • スーパービジョンによるサイコメトリー
  • スーパービジョンによるESP通信
  • 光の分身をつくりだすスーパービジョンの奥義

第5章 超常的現象を引き起こすスーパービジョンの応用テクニック
  • オーラによって念動パワーを開発する
  • 石像や樹木を動かす超常的スーパービジョン
  • 空間を曲げ超常状態を出現させる
  • 虚空に姿を消す体験とそのテクニック

あとがき



×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます