高藤仙道を実践するためのまとめWikiです。

仙人不老不死学

「高藤仙道の書籍目録」へ戻る

 Amazon

後書き


  『仙人入門』『仙人になる法』と書いてきて、この本で仙人シリーズは三冊目になる。
  『仙人入門』は、商品カタログのようなもので、一読すれば、本当の中国仙道とは、どのようなものかが俯瞰的に理解できるようになっている。
  『仙人になる法』は、完全なる実践書である。今のところ日本では、これほど詳しく具体的に「気」の扱い方を書いた本はない。実用的な面では、本場、中国の類書にも勝るとも劣らないと自負している。それに対して、本書は、日本で初めて中国仙道の不老不死の仙人の本質、ならびに修行法【大周天】を紹介した本である。また、前二書の研究書でもあり、その意味では画期的である。
  ただ、対象が対象だけに、とても完璧に解き尽くしたとはいえない。ある意味では、ほんの上っ面を触れただけといえるかもしれない。これは、ひとえに、著者自身まだ研究途上の身の上、科学の各専門分野を完全にマスターしきれていないせいでもある。
  もし、読者が、この本を読んで、もうひと味足らないなと思うなら、それは、仙道のせいでも科学のせいでもない。著者の表現力の乏しさである。事実、厖大な資料の内、この本で取り上げることのできたのは、ほんの一部しか過ぎない。実際に解っていることはこんな程度のものではない。もしさらに細かい点まで紹介できたら、すぐに不老不死の仙人になれるくらいである。ただ、それには色々な分野に関する幅広い専門知識と飽くなき探究心が要求されるので、いずれにせよこの本だけで解き尽くすのは無理である。
  だから、この本を読んでみて、この程度のものかと思われたり、逆に、こんなに難しいのかと思われるのは早計である。
  どちらにしても、この本ぐらいで、雲に飛びのり、天地を駆け巡るところまではいかない。まだ不老不死学の入口あたりに、少し足を踏み入れただけに過ぎない。仙人の本質への道は、ここから始まるのである。
  願わくば、この本を踏み台としてさらに深いところへ、読者自身が研究修行の手を踏み入れることが、著者の心からの希望である。それが、仙道を現代に再び甦らすもとになるのである。もし、この本が、そういう方のための参考になれば、著者の幸いとするところである。
  最後に、いつもながら、お世話になった大陸書房の高沢雅昭氏に、心よりお礼を申し上げておきたい。

目次


不老不死の仙人たちの世界
    • 甦った不老不死学
    • 古今の長寿者たち
    • 数百歳の仙人列伝
    • 仙人の不老不死の実体
    • 三尸九虫と寿命
    • 仙道書の嘘と真実
    • 不老不死の秘密と「気」
    • 仙道に伝わる不死の法門

不老長寿の実体を探る
    • 風土がはぐくむ長寿者
    • 老化の正体
    • 不死を司る力――ホルモン
    • 中国医学が解く老化
    • 寿命を考える
    • 人間は何歳まで生きられるか
    • 老化のコントロール

生命力の神秘と気
    • 生体のハーモニー
    • 精・気・神の循環――先天・後天精気神流行図
    • 後天の気・先天の気
    • 科学が明かした「気」の正体
    • 経絡理論の究極
    • 「気」の種々相
    • 小周天と大周天

不死への挑戦
    • 白髪童顔の仙人
    • 見える人体エネルギー
    • 神(意識活動)の本質を追う
    • 霊とエネルギーの世界
    • 物質の根源にあるもの
    • 無限の機能を秘めた人体

実践仙人不老不死法
    • 修行に入る前に
    • 性命双修
    • 築基のワンステップ
    • 武火と文火
    • 吸・舐・撮・閉 四字訣
    • 陽気の発生
    • 河車を回す――小周天
    • 温養と採薬――大河車
    • 大薬の発生
    • 金液還丹
    • 先天の気の発動――大周天 真火煉形
    • 心の世界のコントロール
    • 肉体の自浄作用
    • 天地の正気を盗む――三花聚頂
    • 頭頂に入る赤い蛇
    • 不死の赤子の誕生
    • 陽神を上丹田に上げる
    • 肉体から陽神を出し入れさせる
    • 天地の間を自由に飛び回れ
    • 宇宙エネルギーとの一体化

あとがき



×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます