・簡単なあらすじ
アルタンと将軍は敵軍のリーダー同士
ある日の戦いでアルタンは将軍に敗れ、捕虜になる
アルタンの国民を殺すと将軍は宣言
なんでもするからやめてくれ とアルタン
アルタン魔法により女性化
将軍はアルタンに性行為を強いる


彼の抵抗は空しく終わり、彼はシルクのランジェリーを着て
将軍の下に押さえつけられていた。
彼は完全にレイプされていて、亀頭が彼の中を擦り、不本意な快感が彼に打ち寄せた。
彼は肉棒が彼の敏感な秘裂に擦り付けられて、出入りしているのを感じることが出来た。
それは彼の奥深くにあり、彼はそれに支配されていた。
将軍が彼の胸を愛撫したので、彼の抵抗する力は削がれた。
肉棒は彼の中で深く擦れ、彼に女性の身体を実感させた。
アルタンの新しい体は敏感に将軍の愛撫に応じ、悦びと共に彼女の抵抗する意思を破壊した。
アルタンには彼を裏切った女性の身体が将軍の愛撫に反応するのを止めることができなかった。

将軍が囁いた、「どうだ、気持ち良いだろう?」
屈辱だったが、将軍の言っていることは間違いではなかった。
拷問に抵抗する方法は彼に教えられていたが、
女性の身体から来る悦びへの対処法は彼に教えられてなかった。
彼の抵抗は失敗して、彼は羞恥心と新しい身体からの快感に翻弄された。
そして、彼は気付くと将軍にキスを返し、舌を受け入れ、どうしようもなく将軍に応じていた。
止めていることが出来ず、彼の腰は将軍と共に動き始め、そのため快感はますます大きくなった。
彼は彼の身体全体を覆うランジェリーを感じることができ、その感触と、
フリル、シルク、レース、化粧、香水の女性的な感じは彼を興奮させた。


彼は身体のあらゆる部分がシルクで覆われているように感じた。
レースのひもはきつく彼のももを引き上げ、すべすべとしたストッキングは彼の脚を包んでいた。
将軍が動いた時、彼は、敏感な女性の奥深くで強引に押し進んでいる物を強く感じた。
女性の快感を感じながら、彼はメッシュの中のつま先をうごめかせた。
アルタンが動くと、ストッキングのレース状の端が彼のももを包んでいるのを感じることができた。
将軍の舌はアルタンの新しい女性の体を探るように、
まるで男性器のようにアルタンの口の中を舐め回した。

アルタンは、彼の新しい身体はその男を止めるどんな試みもできないほど弱いと理解した。
彼は、そこに横たわらされ、抵抗を抑えられ、脚を広げられ、
女性の至福を経験させられ、全てにおいて無力だった。
戦士は、彼の腕を離し、両手で胸を愛撫した。
将軍は彼の中を動き、アルタンの絹の包まれた体はその男の下に押し付けられていた。
彼は彼のバスクのセクシーの絹を通して、
将軍の筋肉のついた体が彼に体重をかけてきたのを感じた。
彼の奥深くに侵入され、将軍に完全に所有される屈辱は恐ろしかったが、そこには奇妙な興奮もあった。
彼は、彼が無力であることを知って、彼の余生は将軍に仕えるのに費やすことになるだろうと悟った。
そして何故かその考えもまた、彼を興奮させた。
脚の間の快感が彼を圧倒したとき、彼は喘がざるを得なかった。


将軍はアルタンの腰をしっかりと抱え、彼を喘がせ、彼の完全な支配を強調した。
将軍は深く挿入できるようにアルタンを持ち上げ、より速く突き出し始めた。
喘ぎながらアルタンは鏡を見上げた。
そこでは、将軍が無力な女性の体を楽しみながら、
その口紅が塗られた唇にキスしているのが見えた。
将軍はさらに強くアルタンの腰を抱え、さらに強く突き出した。
将軍に支配され、彼は快感に翻弄されていた。
彼の絹の包まれた身体は男性器の挿入を享受し、身悶えしていた。
将軍が深く突いた時、アルタンの手は知らず知らずのうちに彼の胸を覆うレースを掴んだ。
彼は、絹に包まれた新しく柔らかい官能的な身体、彼の胸を覆う服のレースの優雅な縁取りと、
滑らかな絹に包まれた彼の脚の素晴らしい感覚を感じることができた。
彼は繊細で、女性で、無力だった。


彼の新しい身体が絶頂に達したとき、快感があまりに強すぎて、アルタンは喘いで、大声で叫んだ。
彼の足の間にある男性器が動くと、彼の全世界は性急に縮むようだった。
彼は、それが彼の秘裂を何度も擦るのを感じることができた。
リズミカルな止められない力が、ベッドの上で彼の女性の身体を動かしていた。
彼には、なめらかに彼の曲線的な体を滑っていたレースのバスクの官能的な感覚が感じられた。
すべすべしたレースのガーターベルトは、彼の足を覆う繊細な絹のストッキングと繋がり、彼の体を撫でまわしていた。
男性が彼の開いている脚の間で突き出したとき、
アルタンの衣服は官能的に彼の皮膚に触れ、その感覚は彼を魅了した。

女性として彼は男性を止めることができなかった。
彼はレイプされていて、将軍は好きなように彼を楽しむ事ができた。
無力な女性にされ、美しいドレスを着せられ、
支配されレイプされるという考えは、官能的だった。
彼は、その考えを嫌だと思っていない自分に気づき、驚いた。
彼は、男性器が彼の脚の間で動くのを感じることができた。
肉棒はアルタンが想像もつかなかった快感を与え、彼の中を擦り、鼓動した。
彼は、彼の体が満たされない何かを満たそうとして、肉棒の回りで動いているのを感じた。
アルタンにとって、自分の体が自分の意思に反して動くのは信じられない事だった。


彼の女性の身体が男性に応じるのを彼は制御しきれなかった。
彼は脚は彼の意思に反し自然に開き、肉欲に完全に支配され、
彼の中に入っている男性自身に欲情していた。
彼は、肉棒と共に動き、男性器をより深く入れようとした。
その結果、彼は、男性器が彼の女性的な裂け目の中に深く入り、彼の望みを満たすのを感じた。
彼は、彼の内部に侵入している男性器だけが、彼の新たな肉欲を満たすことができるのを知っていた。
彼は、将軍に彼を絶頂へ導いて欲しく、満足させて貰いたかった。
「お願い・・・・」彼は動くのを止めて欲しかったのか、続けて欲しかったのか自分でも分からないまま言っていた。
彼は完全に無力で、彼の女性の身体全ては戦士に奉仕していて、
二つの熱い、湿った体は一緒に動いていた。

突然、戦士は、彼の中でうめいて、クライマックスに達した。
彼は男性の種子が女性の身体の内部に流れ込んでいるのを感じることができたが、
完全に支配されている彼は興奮と屈辱を感じることができただけだった。
少しの間アルタンと将軍は一緒に喘ぎ、将軍は彼に体重をかけ、
アルタンの中にある将軍の鼓動している器官は縮んできていた。
ゆっくり、最後の感覚をアルタンに与えながら、将軍はアルタンの中から抜き出した。
彼はアルタンの横に寝転がった。アルタンは将軍のたくましい腕に横たわり、
頭を将軍の毛深い胸に置き、目を閉じた。
将軍のごつい手は、彼の胸を包み、彼の乳輪をやさしく愛撫した。


アルタンの心がわずかに女の情欲から回復したとき、
彼はこの行為を楽しんだのではないと思い込もうとした。
しかし、絶頂の余韻と彼の滑らかな細い脚の間の湿気は違うと主張していた。
彼は、彼の軍は完全に負かされたのを知っていたが、彼自らも究極の敗北に苦しんだ。
彼には、力がなく、強さがなく、また権利もなく、女性以外の何者でもなかった。
彼は、女性に変えられるのに知らないうちに同意し、彼自身を将軍に捧げるのを許していた。
彼の身体は今や、将軍の物だった。
将軍はいつでも彼をレイプすることができた、たとえ彼が抵抗したとしても。
もっとも、彼が再び抱かれようとする時、彼は抵抗するか分からなかった。
彼はそれを認めたくなかったが、今や彼の中には女性的な願望が生まれていた。
彼の女性の体は今されている様に将軍に所有してほしく、
将軍に再度レイプしてもらいたかった。

彼はシルクの滑らかな感じを楽しむため、わずかに動いた。
彼は色っぽい黒いシルクの服とストッキングをはき、
彼の新しい体の要求に屈服して、究極の敵の腕に横たわっていた。
彼は、彼が屈辱と興奮の矛盾した考えをしていることに気づいた。
戦士の両手は柔らかく彼の胸を包み、彼の曲線的な肉体を撫で回し、
アルタンの意思に反して、彼の柔らかい唇からは悩ましい溜息が漏れ始めた。


アルタンは、もうすぐ彼はブラ、ボディス、ペチコートなどの
束縛されるような女性の衣服を着るのを楽しむようになるだろうと思った。
男だった時、彼は、女性の衣服がこれほど美しいものだと知らなかった。
このような衣服を着れるということだけで、女性になる価値があるとアルタンは思った。
彼の新しい身体の輪郭をなぞる服のきつさ、
そして彼の脚の回りのガーターベルトとストッキングの感じで、彼は息が弾むようになった。
窮屈なバスクとボディス、フリル、レースやシルクのロングドレス、
これらとその他全ての女性の衣服は非実用的であり、
それら全ては、女性を無力で弱く見えさせるように設計されていた。
それらは女性の体の動きを抑制し、
そのため女性の動作は優雅でデリケートなように見え、男性の支援を必要とするように見える。


これは自分の運命だったと彼は夢のように考えた。
強力な戦士だったアルタンは余生を、ランジェリー、ピンクの絹のような生地のドレスを着たり、
化粧をしたりするのにに費やすだろう。
彼は、彼の主人を喜ばせるためにドレスを着なければならない事を知っていた。
そして、色っぽい下着とランジェリーを着て、
彼自身を可愛らしく魅力的に保たなければならないだろう。
自分が着ているところを想像しながら、彼は今までに見た女性の衣装を思い出していた。
曲線的な体、艶かしい胸の谷間、体の線が綺麗に出るドレス、そして短いスカート、
柔らかい贅沢なガウン、流れるようなシルクのスカート、
脚を取り巻くレースのペチコート、歩くとわずかに持ち上がるスカート。
毎日いつでも、女性として振る舞うことを強制し、
柔らかな肌に絹の感触を押し付けるきついボディス。
彼はその考えを否定しようとしたが、
彼の心の深い部分では彼は無力でありたく、女性の衣服を着させられたがっていた。
彼の体がローズピンクのシルクと、レースのランジェリーで覆われているという考えは特に魅惑的だった。
彼は彼の残りの人生を女性として、ドレスやスカートに費やしたがっていた。
彼は彼の唇をなめ、口紅を味わった。
彼は付けていたブラを考えた、それは彼の豊満な胸にフィットし、胸を安定させた。
ブラとストッキングは彼に女性であることを強く意識させた。
彼の新しい服の感じを楽しみながら、彼のすべすべとした脚を擦り合わせ、
将軍の手が彼の衣装を撫でるのを感じながら、彼は彼を支配している腕の中で身悶えした。



そのとき、彼は、彼が自分の考えで興奮し、快感を感じていたことに気づき、狼狽した。
彼は、これが真の敗北であることを知った。
彼は、綺麗に着飾り、子供を生む女性として生きることを受け入れるだろう。
すぐに、彼はランジェリーを着る事を何とも思わなくなり、
支配され、レイプされる事を楽しむことになるだろう。
彼は今でも自分の事を男だと考えるのは難しい事だと気づいた。
彼の身体は女であり、彼は快感に圧倒されてしまっていた。
将軍はベッドの上にアルタンを残したまま着替え始めた。
「そこの服を着ろ。」彼はシルクの服を指し示しながら言った。
将軍は部屋から出る前に、アルタンの手を引き、
彼の無力な唇に情熱的にキスをしたが、アルタンにとってそれはそれほど不本意でもなかった。




将軍が去った後、彼の乱れたランジェリーを見て、にやにやしながら女達が入ってきた。
彼らがしていた事や、彼の女性の体を女達に見られているように感じ、彼は頬を紅潮させた。
服を着るように言われ、アルタンはあえて反抗することもせず、装い始めた。

その衣服は情婦が着るような服だった。
すべすべとしたその服は、透けて見えるほど薄い物だった。
それは想像に違わず、デリケートな女性の体を見せつけていた。
彼の胸は誇示するように持ち上げられ、薄い布を通し乳首が透けて見えていた。
上半身を覆う薄い絹は、脚を覆う絹とすれ、衣擦れの音を立てた。
そのような格好をしなければならないのは屈辱だった。
着終わったとき、彼女達は彼をメイクし始めた。
口紅は徐々に唇を赤く染め、彼は、口紅が彼の厚い唇に染み込んでくるように感じた。
そして、マスカラとアイシャドーは彼の緑色の目をさらに際立たせた。
彼の長い爪は情婦がそうするように、鮮やかな赤で塗られた。
彼はゆっくりと薄いローズピンクのベールを被り、それは彼を控え目で、色っぽく見えさせた。
彼は多くの宝石で飾られ、彼が動いたときそれらは音を立てて鳴った。


将軍の所に連れて行く前に、彼女達は彼に今の姿を姿見で見せた。
そこには小柄で緑色の目を持つ、ブロンドの美しい少女がいた。
宝石は彼女の腕できらめき、彼女の胸の曲線は、身体を覆う薄い服の下で上下した。
無力で、魅力的な女性の体がそこにはあった。
将軍の愛撫を思い出しながら、彼はシルクの上から胸に触れていた。
自分で触れたにもかかわらず、手の動きにより、シルクが彼の体に触れるのは官能的だった。

彼女達は彼を将軍がいる部屋に連れて行き、彼の首に金のチョーカーをつけた。
それは将軍が持っている金色の鎖に取り付けられ、彼の支配を強調した。
アルタンはやむを得ず、布きれのような服を着たまま将軍の横に座った。
そして情婦のように、将軍の爪にマニキュアを塗り、果物や木の実を渡し、彼の支配を許していた。
将軍は、元敵の支配を集まっている者たちに見せびらかして楽しんでいた。

その敵は、戦いで破られただけではなく、今や無力な女性として、情婦として将軍に仕え、
女性の服を着せられ、化粧をされていた。
しかし、もしこれが彼の運命であるのなら、誰がそれに反抗することができるのだろうか。
彼は、少しでも抵抗しようとしているのを将軍が見て取ったら、宣言が実行されるだろうと知っていた。
そこにいる者全てが、彼の官能的な体を賞賛し、元敵の敗北を楽しみ、彼を鑑賞した。
女の体と、服を見せる事はひどく屈辱であり、耐え難い事だったが、
彼が救っているであろう命を考えることで、彼は何とかそれに耐えた。
彼の愛らしい顔は、ピンクのベールの下で可愛らしく紅潮した。


談笑している兵士達に、将軍はもうすぐ彼のハーレムは敵達でいっぱいになると誇った。
もちろん、全てを小柄で、彼のあらゆる願望に答える可愛い女に変えて。
アルタンを女性として振舞わせ、服従を強制するのは将軍にとって大きな楽しみだった。
彼は、戦士の要求に答え、従順でなくてはならず、わずかな気まぐれさえ持つことは出来なかった。
彼は、女性であることを認めさせられ、エラナ姫という名前が与えられた。
彼の義務は将軍を楽しませることだったので、
微笑み、服従し、彼をマッサージしなければならなかった。

将軍は絶えず彼の柔らかい胸を薄いキャミソールの上から愛撫し、
彼の女性的な情欲を燃え上がらせた。
偉大な戦士だったアルタンに女性の服を着させるという考えは将軍を興奮させた。
将軍は女性の体を楽しみながら、胸を覆うなめらかな絹に手を走らせた。
将軍はアルタンを女性として振舞わせ、大勢の前で彼を辱めることを楽しんでいた。


アルタンは必死に女性として振舞おうとした。
そして、彼が恐れていた通り、彼の体は彼を裏切り、将軍の愛撫に反応していた。
彼は撫でられ、キスされ、愛撫されるのを楽しんでいた。
将軍の愛撫により、彼は無意識のうちに女性として振舞っていた。
彼は抵抗しなければならないと分かっていたが、将軍の愛撫は抵抗する意思を奪った。
彼ができることは何も無かったと自分に言い聞かせた。

その後、彼は将軍を楽しませるために、大勢の前で踊るよう命令された。
恐怖と恥で震えながら、彼はゆっくり音楽に合わせて踊り始めた。
彼が動くとシルクが彼の脚の回りに色っぽくまとわりついた。
彼は、彼自身の情婦がどう踊っていたかを思い出そうとして、なんとか彼女達の動きをまねようとした。
そして、音楽に合わせて色っぽく、美しく踊った。
踊っていると、男達は彼に触れるために手を伸ばした。
彼は最初当惑し、身を引いていたが、将軍の顔に難色を見て取ると
近くで踊るようになり、彼らが彼に触れるのを許し、彼らといちゃついた。
将軍はダンスを楽しみ、彼が戻ったとき情熱的にキスをして、報酬として胸を愛撫した。
集まっていた兵士がセクシーなダンスを喝采したとき、アルタンはまごついて赤面した。


その晩遅く、彼は、将軍のベッドに行くように言われた。
そして、二人の女によって服を脱がされ、長く白いナイトドレスを着せられた。
彼がそれを着ると、冷たいシルクが裸体を包み、優しく撫でた。
二本の細い紐が肩の上を通り、その襟ぐりは深く、彼の胸は大きく露出していた。
彼の背中は、二本の交差している細い紐を除いて、完全にむき出しだった。
彼が歩くと、冷たい絹は彼の肌の上を動き、さらさらと音がなるようだった。
彼の肌を絹がなでるのは快感であり、歩くとさらにその感覚は強まった。

彼は座り、女中は彼の長いブロンドの髪を梳かした。髪は彼の肩をすべっているようだった。
鏡を見ると、若く美しい18歳程の少女が見返していた。
彼女の小さな肩を包むナイトドレスの上を髪が滑ったとき、真っ直ぐなブロンドの髪は艶やかに光った。
彼女には美しくきらめく緑色の目と、柔らかく形のいい唇があった。
二つの大きな塊がシルクの下で上下していた。
彼が男であったなら、間違いなくその少女と恋に落ちると思われるほどその少女は全ての面で完璧だった。


将軍がした全ては、彼の意思を負かすように仕組まれていたということを分かっていたが、
女の体でそれらに抵抗することは不可能だった。
ランジェリーを着て、化粧をして、将軍を喜ばせることは屈辱だった。
彼のこれまでの一生は将軍を打ち負かすためのものだったが、彼のこれからの一生は将軍を喜ばすためのものだった。
装い終わったとき、彼は将軍の部屋に連れて行かれて、中へ入った。
中は静かで暗かったが、将軍がいるであろうベッドは分かった。
彼は静かに部屋の中を横切り、セクシーなナイトドレスは彼にまとわりつき、さらさらと流れた。
彼は怯えながらすべすべしたシーツに乗り、のろのろと進んだ。
そして、将軍が眠っているのを望みながら、ベッドの端で小さくなっていた。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます