そのときまでは男の子だった。しかし、今は女の子だ。
それはもう突然で、そのときの記憶が途切れ途切れになっている。



授業中だったのは…覚えている。
算数の時間だった。
給食のあとの5時間目、周りのやつらはストーブの暖かさに居眠りをするばかり、
きっちり勉強しているのは、がり勉とガリ子くらいだった。

オレも例外に漏れず、うつらうつらと、担任の授業を眺めていた。
しかし、異変はそこから始まったと言ってもいい。
そしてそこから記憶が途切れ始める。

断片化された写真のスライドショーを見るように・・・
・・・目の前に迫る床
・・・心配そうに覗く級友
・・・突如パニックになる級友達
・・・目の前が黒いモノに覆われる
・・・それが自分の髪だと気がつく。スポーツ刈りだったのにおかしいと思った。
・・・全身に力が入らない。体が熱い。
・・・何か車内に寝かされている。救急車と気がついたのは、サイレンが聞こえてからだった

記憶がはっきりとしたのは、病室で気がついたときからだ。

体を起こす。まだだるさが残ってるので、ゆっくりと半身を起こした。
そのときの不思議な感覚は、今でも覚えている。
胸のあたりが重いのだ。頭も。
なにか包帯でも巻かれているのかと、胸を確かめる。
「ふにゅん」とした感触、胸のあたりを掴まれてる感覚があった。
一瞬、あっけに取られた。「うそだ、夢だ」と首を振ってみた。
さらさら・・・と黒いモノが視界を覆う。
自分の髪だと気がついた。

・・・・・数秒後、病室で絶叫していた。

なぜかは判らない。突然に女体化してしまうなんて、今までの事例にないのか、
半年ほど、病院に厄介になることになる。治療費はどこからか出るとのことで、
親は安堵していた。

しかし、行政の手続き、学校への説明は困難を極めたらしい。
ぜんぜん判らなかったけど。
一応、病院の診断結果が確定し、決着がついた。
結果は、完全な女性だ ということらしい。
この年齢に対しておかしいくらい、体は成長しているようだ。
と、診断書に一文が付与されていた。

学校は、今までのところへは通学できないらしい。
級友達への影響が大きすぎると、学校・PTAからの転校要請があったのだ。
マスコミには一切公表されなかったのと、級友達にも説明されなかった為、
死んだ ということにして、別の名前が与えられ、隣町に引越し、別の学校に
通うことになった。

このときの以前通っていた塾を変えなかったという失敗が、
あとあとの事件を起こしてしまう。

====================
というものですが。スレ違いですかそうですか(亡
620 こんな感じで、物語は始まる(脳内妄想)
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます