向こうが「親友」と思っていても、「兄貴分」と思っていても、本気で告白すれば可能性はゼロではな
いと思う。
 でも、何もしなければゼロはいつまで経ってもゼロなのだ。
 その勇気が無いばかりに、「完全に女になってから」などと理由をつけて先延ばしにしている。
 本気で拒絶される事を恐れている。
『…健司……健司…健司…けんじ…健司…けんじぃ……』
 “くちゃくちゃ”“ちゅぷちゅぷ”と水音が響き、第二関節まで中指を挿し込んで膣内壁を擦り上げる。
『んっ…うっ…んぅっ…んっ…ふっ…』
 鼻息が荒くなり、急速に絶頂へと登りつめていくのがわかった。
 “びくっ…びくっ…”と太股が緊張して震え、重たいおっぱいがブラの中で張り詰めてゆく。先端の果
実が痛いくらいに硬く勃起し、ブラの裏地で擦れて“じんじん”と熱を持っていた。
 あとちょっと。
 あと、ほんの少しで“手”が届く。
 そう思った。

 その時だ。

「え〜〜〜!?じゃあ好美(このみ)、もうセンパイに告白しちゃったの?」
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます