何度も言うが時間がない。朝食など悠長に食うはずもなく、簡単にトーストを一枚ほおばるだけですませてしまった。
せっかく用意した朝食を食べなかった息子、否、娘に母はさんざん文句をいってきた。
申し訳ない気持ちでいっぱいではあるが、だからといって話に耳を傾けていては本当に遅刻してしまう。そちらのほうが母の逆鱗に触れることだろう。
話半ばで「いってきます!」と言い放ち、無理矢理に家を出る。明日は絶対に早く起きなさいよ!と背後から叫ばれた。
(多分無理だね…)
無言の返事を肯定ととらせておき、心で本音をぽつりと漏らす。まぁ、これも何度も繰り返された日常の茶飯事である。
通常は歩いて通学する道を今朝はダッシュで駆け抜けた。いつもギリギリで起床する自分には確かに当然(?)のことだ。
そう…何度もリピートされてきた生活なのである。
母の抗議を聞いているときもそうだった。走りながらも、そんな感覚が今の雄介からは離れない。
『これが日常である』世界に自分はこうして生きているのだ。無論、雄介にとってはきわめて非日常である。
「こりゃあ、疑うべくもないな」
あえて口にすることで自らの考えを確信へと導いた。バカな頭でもいい加減わかる。いちいち整理が必要なほどの情報でもない。
ようするに――『なぜだか知らないが、自分は最初から女の子であった』という設定なのである。
なぜだか本当にわからない。まったくもって皆目見当もつかない。わかれば苦労はしない。
疑問をひとたび口にすれば、それは終わりなき永遠のループを紡ぐだろう。であれば、最初からそんな言葉は無視したほうがよい。
「なんとか間に合ったか…」
小さな四つ角を右に曲がる。幾度か出会い頭に自転車とぶつかりそうになった経験などかけらも生かされてはいなかった
真正面に校門が見えてきた。あとは一直線である。
「とりあえず…学校いってりゃなにかわかんだろ…」
考えたところで何も浮かんではこない。もっと世界を見れば、そのうちなんとかなるだろ…。


自分のこの楽観的性格が時として役に立つことを雄介は知った。
「はぁ!はぁ!し…しんどい…」
いつもよりも呼吸が荒い。女になって若干体力面で低下が見られるようだ。
遅刻を免れた安心感がそんな分析をはじき出す。たかがこんな直線距離で息が切れてしまうなど普段の自分からは想像もできない
「ふぅ…」
全力疾走をやめ、少し小走りに学校へと向かうことにした。
実はもうひとつ――予想しなかったトラブルが発生したこともその原因としてあったのだ。
「いててっ…こりゃあ盲点だったな」
痛いのだ。胸が…揺れる胸が少々痛い。身体の上下にあわせて揺れるのは仕方ないが…意外なほど痛みを伴うものだと感じた。
「たまに痛がってる女見たことあるけど、割と気持ちがわかるな」
かばんを持たない左腕で抱えるようにして自分の乳房を押し上げる。下着で矯正しきれない弾みはこうするしかないだろう。
念のためにもうひとっ走りすることにしよう。ギリギリで登校しすぎるのもかえって目立つ。
始業ベル直前でもやってくる学生は多くいるが、逆にその人ごみに突っ込むのもあまり喜ばしくない。
「はぁ!はぁ!…走りにくい…」
両腕のバランスが悪いので当然だ。しかし、両腕を開放すれば胸部のバランスが最悪になることも事実である。
「はぁはぁ!ったく…」
朝から怒涛の初経験ばかりだ。ただ走るだけでも、これである。苛立ちをぶつけるにも相手が自分の身体では仕方ない。
校門の傍らにたつ生徒指導の男性教師が見えた。結局始業ベルの鳴る直前になってしまったようだ。


午前8時20分近くになると彼は――苗木益雄(なえぎ ますお)――そこに立つのである。やはりもう一度走って正解であった。
今も続々と校門をくぐる学生たちが見受けられる。この時間帯がもっとも登校数が多いのだ。生徒指導を受け持つものとしてはなおさら目を細める事実であろう。
「うぅ…。やっぱ人目が…多いなあ…」
こんな時間になってしまった自分が一番悪いと知りつつも、やはりこの人ごみは避けたいものだ。
毎日のようにジロリとにらまれる苗木の眼光などすっかり慣れてしまった。しかしここにきてそれがどうしようもなく気に病まれる。
(ええい!んなこと言っててもしかたねえ!)
だいたい校舎に入ればこれよりはるかにたくさんの人間と出くわすことになるのだ。今からこんな事態でどうする?
校門の10mほど手前からさらに全力疾走で駆け抜けることにした。戦陣を迎え撃つ、その心はさながら切り込み隊長である。
もちろん胸はまだ腕で抱えあげたままだ。面倒なことに…これからはこれが全力疾走のフォーマルスタイルになりそうである。
「はぁ!はぁ!」
苗木の横を通り過ぎる瞬間、ちらりと彼の目を盗み見た。
(んなっ!?)
嫌な感じで目が――合うことはなかった。
一瞬とはいえ、こんなときいつも見つめあうことになるものなのだ。
自分も遅刻の常習犯であることは自覚している分、こちらをにらむ教師の行動はごもっとも…。だが朝から男と見つめあうのはお互い心地よいことでもないだろう。
この瞬間が雄介は嫌いであったが、遅刻する自分が主張する正当性などたかが知れたものなのでどうしようもない。
今日も今日とて不本意なアイコンタクトをすることになるとおもっていたのだが――それが実現することはなかった。
そのこと自体は喜ばしいことであると思える。
いや…違う。確かに生徒指導はこちらをにらんでいたのだ。
ただしその視点はいつもより若干下方向である。つまるところ、雄介の盛り上がった胸なのであった。


(んななななななっ!?)
これ以上揺れることの無いようきつく押し上げていた分、そのボリュームは本人の推し量る域をらくに超えていた。
ブレザーという制服を通して見ているとはいえ、これほどの巨大な女の実が外界の注意をかいくぐることは難しい。
腕に盛り上げられた二つの山が今か今かと開放のときを待っているのである。
(んなに人の胸じろじろ見てんだ!!)
胸中の怒り相当のものである。加えて、それに匹敵するほどの恥ずかしさ。
スピードをあげてさっさと男の視界からはずしてやった。
(くそぅ…やっぱなあ…)
理解できない心情ではない分、一瞬抱いた怒りもたちまちに失せてしまう。残ったものはただ単なる感想のみだ。
走りながら自分の胸を見る。豊か過ぎる頂は予想できないほど眼下に迫っていた。
(……)
この自分とて現に目を離すことができないでいるのだ。乳房を持てない男からすれば宝のような肉体に違いない。
脚を緩めることなく、ついムラムラときてしまった。
だから…
「のぐわぁぁぁ!!」
ドグワシャァァ!
下駄箱でつまずき、盛大にすっ転んだのも当然のことなのだ。
本日二度目の転倒は――たくさんのギャラリーを呼び込むことに成功した


「いててっ…」
これでもかというほど鼻の頭を強打してしまった。あまりの痛みに涙がでてしまったほどだ。
(踏んだりけったりだ…まじで)
顔面を押さえながらヨタヨタと頼りない足取りで女の子が廊下を歩く。これでは皆の注意をかわすこともできなかった。
下駄箱であれほど盛大なデビューを果たしてしまったのだ。いまごろは目撃した生徒たちの雑談トピックとしてネタにされていることだろう。
ようやく痛みが退いてきた。鼻でも曲がったかとおもったほどだったのだ。ほっと一安心である。
(うう…しかし)
痛みが退いても周囲の自分への注意が一向に治まる気配が無い。今は普通に歩いているはずなのにどうにもこうにも視線を無視できないのだ。
(結局のところ…こうなっちまうのかよ)
いくら目立つことのないように平々凡々を装っても、つまり――無駄なのである。
じろじろと――先ほど校門で出くわした苗木ほどでもないが――痛いほど多くの視線を感じてしまうのだ。
決して自分の思い過ごしなんかじゃない。確信できる。しかも男女を問わず、だ。
周りの生徒をみればほぼ確実に視線があう。要するに実際それだけじろじろ見られているということ…。
皆の視点の集まるところは2箇所。なんのことはない、この顔と…この胸だ。
男のいやらしい目で、そして女の羨望の目がそれらに嫌というほど集中しているのを感じる。
(うううう!!)
ピリピリとして表情を崩すことすらためらわれた。


いつどんな顔をしてもそれが誰かに見られているとすれば、下手に顔の筋肉を緩めることすら緊張してしまう。
胸は…どうしようもないだろう。さきほど疾走したときのように腕で持ち上げるのはおかしいし、周りに与える刺激が強すぎる。
凶悪なまでに女らしさを放つこの部分だけは、火の吹くような恥ずかしさを耐え忍び、開放することにした。
周囲の目でいよいよ本当に窒息してしまうかとおもった直前、なんとか自分の教室へとたどり着く。
(ふぅ…やっとここまできたよ)
自分でも感心する。なんだか自分で自分をほめてやりたい気分だ。
ガラガラとできるだけ音を立てないように教室のドアをスライドさせた。
ググッと一瞬気構える。廊下とは違い、制限された空間に人々が密集しているのだ。ひとたび注目を引いてしまえばそれはとてつもないパワーで迫ってくることだろう。
(………?)
意外だった。
チラリと何人かの同級生がこちらを見ることはあったが、すぐにまた友人とのおしゃべりに夢中になってしまった。
「ふぅ…」
正直いって安心した。同じクラスの生徒など、一日のうち何時間も空間を共にしている人間にそれほどの好奇心もわかないだろう。
そんなことを思ってしまった。これこそが普通の学園生活。普通に学生をやっている限りすくなくとも雄介自身にとっては十分すぎる毎日なのだ。
栢山(かやま)高校は少子化の進むこのご時世にでもだいたい1クラスあたり40人ほどの人数がいる。
ギリギリで登校するものも多く、雄介の後にも次々と同級生が教室にはいってきた。その誰もがそれほど自分に対して興味を抱いてはいないようだった。
(…なんだか、注目されないことが逆に幸せだな)
いちいちこんなことを感じてしまうとは…自分でもずいぶん心が不安定だったのだろう。ついボケ〜っと入り口近くに棒立ちになってしまった。



「邪魔だ…」
ドガッ!
「ごふぅ!」
急に背中から何者かにぶつかってこられた。またもや床に鼻の頭を強打する。
(ふんぐぬぬぅっ!!一度ならずや二度までもっ!)
今度の復帰は早い。ガバッとすぐに身を起こすと、加害者の背中をキッとにらみつける。
「てめっ!いきなり後ろからなにすんだっ!」
「……」
まるで最初から誰もいなかったかのような風体で自分の席へ行こうとしていたその女生徒。
ちらりと顔だけを少しこちらに向けてくる。それも横目で盗み見るような…意外なところから声が聞こえてきた、といわんばかりの対応である。
「……」
「……」
しばしのお見合い状態。はて、こんなやつ同級生にいたっけ?
「・・・・・ふっ」
バカにしきったように軽くせせら笑うと、時間の無駄をしたとでもいうように無視していってしまう。
お前がそんなところに突っ立っているから悪いのだろう、その背中から無言の指摘が迫ってきた。
確かに、確かにそのとおりだ。しかしだからといってその態度はなんなのだ?いったいてめえは・・・
「てめえは何様の…!」
何様のつもりだ、と怒鳴りつけてやる。いや、できなかった。そうする直前、教室を満たす空気が変化していることに気がついたからだ。
(おい…なんだ?)
視線が集まる。…自分にではない。これはすでに確認したことで、驚くようなことでもない。
自分ではないのだ、同級生たちのまなざしは。彼や彼女らの視線の先は…ぶしつけな態度を平然と放つあの女生徒へ集中していたのだ。


(な、なんだってんだ・・・。あの女になにがあるってんだ?)
自分からは後姿しか見えないため、顔はわからない。先ほどこちらを覗いてきたときもあまり顔ははっきりとわからなかった。
ただその限定された視界からとはいえ、その女生徒の肉感的なボディだけは見て取れた。
身体の凹凸はその女性的特徴に従い忠実に成長している。出るところは出て、引っ込むところは引っ込む、ちょうどそんなかんじだ。
歩くたびに左右に少し揺れ動くヒップから目を離すことができなかった。制服のスカートの下にいったいどれほど美しい造型の尻があるのだろうとおもわずにいられまい。
男ならば、いや女である自分さえ、知らぬ間に下半身が熱を帯び始め…。
(う・・・うわっ…。なんだ・・・)
思わずスカートの上から股間を押さえる。
熱を…感じる…。確かに感じるのだ…。…抑えきれない。
(うわっ・・・うわわわわわ・・・)
なんと表現すべきか・・・。男のような「先」で感じる熱源ではない、股間のずっと奥――下腹部の中心からじんわりと温まるような・・・。
(はぅ・・・ちょ、ちょうど男が勃起するようなもんなのかな・・・?)
男として――おかしな話だが――「女の部分」が反応している。そう……いえるのだろうか?
(い、意外に・・・“くる”んだな、女も)
女に欲情してしまっては・・・まぁレズというものなのだろうが、いやいや、それを認めれば自分は本当に女になってしまうではないか。
(俺は男俺は男俺は男・・・!!だからいいんだよ!!こういう反応は普通だ、うん普通!!)
無理矢理納得してしまう。いつまでも股間を押さえて動揺しているわけにもいかないし…。
その女生徒はどうやら一番後方の席らしい。机のサイドにある鞄掛けに手持ちの荷物を引っ掛けると、そのまま周囲の視線など空気のようにあしらいながらイスに腰掛けた。
(で、でけぇ・・・)
おそらく自分だけでなく教室にいる皆がそうおもったことであろう。
でかい、確かにでかい。
胸が。


あんな高校生がいるのか?いや、現実にいるのだ…ここに。
およそ平均的な高校生のサイズなどとうの昔に超えている。そのまま胸だけがひとり立ちしてしまったかのようにスクスクと発育を急進していったに違いない。
メロンだかなんだか服の下に隠してるんじゃないだろうな…
ちょっと本気でそんなことを考えてしまったほどだ。
この胸にどんな顔が引っ付いているんだ?
あまりじろじろと顔を覗くのは悪い気がする。実際に今朝も自分がやられたことでもあるからだ。
でも…この期に及んで気にならないなどと言ってみせるのはあまりにも無理がある・・・。
ちらっと…ほんのちらっと…盗み見るように覗いたその容貌。
(…!?)
……まさに美少女、である。
今朝鏡で発見した自分の顔、確かに紛うことなき美少女であった。
しかし、この女生徒は違う。
自分とはまた違った、別の趣を漂わせる美少女であったのだ。
“美少女”という表現はその意味においてあまり適切ではないかもしれない。そう、“美女”と表現したほうが…。
かわいい、というよりも美しい。その風貌から生じる幻惑のような魅力はまさに『妖麗』とあらわすほうがいいだろう。
皆が注目する理由がわかった。自分にたいして注目をしないその理由も。
こいつだ。この女のせいだ。こいつが皆の注意をすべて奪い取ってしまったのだ。
(ってなに考えてんだ俺は…)
別に注目などされたくない。そうだ、こいつがいれば俺は安心じゃないか。
そう思うことで心に余裕ができた。その女に怒鳴り散らそうとしていた自分なんてとっくに忘れて、むしろ感謝までしている始末だ。
とことん楽観的、いや短絡的といったほうが適切だろう。もともと頭のいい人間ではないのだ。
しかしこれで朝から余計なトラブルを回避できたことも事実である。下手な注目を招くようなことだけは免れたい。
(ってか…俺のとなりの席かよ…)
どうせならその女とは席が離れていて欲しかった。そのほうが自分とはまったく別の方向へ視線を集めることができるからである。
まぁ…大丈夫だろう。自分へのものじゃねえんだから…。


(静かに、静か〜〜に)
さささっと半ば盗み脚で自分の席へと向かう。一番後方、しかも窓際のベストプレイスだ。
(あ〜あ。こりゃ気が楽だぜ)
イスに腰掛け、背もたれを傾ける。ついつい机の上で脚を組んだりしてしまった。
ザッと同級生の視線が集まってきた。
(んをあっ!?)
一瞬思考が停止する。それでも動揺を隠すため必死で冷静さを保った。
(や、やべっ!そういや俺は今女…)
…浅はかだった。
いくら自分に注意が向けられていないとはいえ、女がいきなり机の上でこれはないだろう。
しかもスカートであったことを忘れていたせいで、おもいっきりふとももが露出している。
それだけで男が今夜のネタに使えそうな光景を提供してしまったといえるだろう。隣に座る先の女生徒に負けずとも劣らない発育が自らにも訪れていることを失念していた。
これでは見てくれといっているようなものだ。ギラギラと淫らな情が周りの眼から痛いほど迫ってくる。発育を妬む女子の眼光までもが痛い…。
「……」
静かに脚を下ろす・・・。
う〜ん、やっぱこれはこれでいろいろ神経使うな…。
(おとなしくしていよう…)
はぁ、と小さくため息をつき窓の外をぼんやりと眺める。
今日も今日とていい天気だ。寒いのが苦手なのでもっと日が差してくれたほうがありがたい。
これだと昼近くにはいい感じに太陽が差し込むことであろう。昼食後の気だるげな眠気を暖かい陽だまりで解消することできるに違いない。
それを思うとどうもいまから顔がニヤニヤときてしまった。
こんなことだから一向に成績は下位グループから脱出できないのである。おまけに遅刻の常習犯、
スタイル抜群の美少女が朝からこれでは……外見だけでなく中身を知る同級生の注目を集めないのも当然かもしれない。


HRがもうすぐ始まる。
そんないつもの朝。
「席に着け〜〜!」
担任の教師が教壇の定位置に立つ。
本当にいつもどおりの朝が今日も始まろうとしていた。
だが今日は・・・少しだけ違う。
外を眺める雄介の姿をじっと見つめるものがいた。
それはさきほどの美しき女子高生であった。
同級生のたぎる視線などとっくに消えてなくなってはいたが、その女子だけは違う・・・。
心配をなげかけるような、あきれ果てたような…複雑な目をかわるがわる繰り返していたのであった。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます