夏。
それは夏カゼやら冷夏やら熱射病やら熱帯夜やら、
何かと地球もしくは生き物がおかしくなる季節である。
そして、何の変哲もない学校に通う別にどこにでもいそうな少年にも、
例外なく「おかしなこと」は起きていた。
…ただし、その「おかしなこと」が全くの例外であるのだが。
ついでに言えば夏も冬もなんら関係ないけど。

夏木啓吾は何か妙にでかい目覚まし時計の音で目が覚めた。
普通の音を「ぢりりりり」ってするなら今回のは「ヴィリ゛リ゛リ゛リ゛リ゛リ゛リ゛」
で感じなので相当寝坊したらしい。
(うえ、また寝坊かよ)
とりあえずぐい〜っと体を起こしてブンブンブンって首振って目をハッキリさせる。
そして寝巻きのまま半寝ぼけまなこで一階に降りてくる。
「おはよ、ケイゴ」
後を見向きもしないで姉が挨拶した。ちなみに啓吾の両親はなんかすんごい忙しいゆえ、
朝日の前に家を出て〜、そのままずっと帰らない〜っていう半逆カメハメ妻状態である。
「んあ、おはy…」

ここで啓吾は異変に気づいた。
本来優良高校男児というものはすんごいチビっ子のお豆ちゃんじゃなければ
女の子のような可愛い声はでないはずである。
もちろん啓吾は身長175でチビっ子のお豆ちゃんではない。
なのに声が高いのはなんでだろ〜。
姉も異変に気づいたらしく、「え?」っていう表情でこちらを振り返ってさらにもンの凄い顔になった。



「ど、ど、ど、ど、ど、ど、ちら様!?」
壊れたラジオのごとくどもる姉。
「え!?」
姉の返事に驚愕する弟。
「あれ!?」
そして大声をだしてみて更に自分の声の異変に気づく啓吾。
「あ、あ、あ、あ、あ、んた…!!」
もはやラジオ姉の声なんて耳に入らない。
そのままそーっと服をひっぱって中を見て見た。
本来ならペッターンとあるべき男性の胸板はなく、
そこにはなかなか大きめの、触るとやわらかそうな、マシュマロみたいな物体。
「くぁwdrftgyふじこlp;@:!!!」


「…で……どうやら俺は女になっちまったらしい」
「でじゃないわよ…いつのまにアンタ性転換手術したの?」
「してないっつーの!晩飯ン時は男だっただろーが!」
「夜中にこっそりと…」
「行くかー!!」
「…とりあえず、女物の下着だけはつけときなさい。私の貸してあげるから」
「なんでだよ!男がブ、ブ、ブ、ブラッ…ジャー…なんて!」
「だってアンタ『今は』女でしょーが。つけとかないと色々困るわよー」
あたしゃ関係ございません、やっかいごとに関わるのはゴメンだねって感じの口調で
姉は去っていった。
「ありえねぇぇぇえぇぇえぇぇぇぇぇ!!!!!」
啓吾は絶叫した。



さて、改めて鏡を見てみるとそこには
髪の長い可愛い女の子がいた。
夢だろうと思って頬をひっぱってみると痛かった。
鏡の中の女の子も痛がってた。

泣く泣く下着をつけて啓吾は悩んだ。

「どーするんだよ、これから…ウチ、男子多いのに」
そう、啓吾の高校は男子生徒の割合がチョット多い。
そんな中に結構可愛い女の子が紛れ込んでしまったら…
「あんま深いことを考えるのはやめだ、こうなったらもう開き直ってやる!
 …もしかしたら、上手く使えるかもしれんしな。この体」

─学校。
まず、最初に苦労したのは先生達への説明だ。
いくら顔が似てるからって女になっちゃいましたで信じて貰える方がおかしい。
とりあえず啓吾しか知らないハズのコトを言って、指紋も一致して
(前に生徒を騙る変なのが学校に侵入したからあるらしい)
ようやく本人だと証明できた。
「…まぁ、とりあえずその名前で女はアレだから名前変えてみたらどうだ?
 とりあえず、呼び名だけでも。あと女子用の制服は買っておけよ」
疲れた様な声に送られて、啓吾は解放された。




その後いろいろありまして。

朝のHRがなんとか終了した。
啓吾の人生史上最も五月蝿いHRだったと。
HRが終わった後も質問責めで喧しさは留まるどころかさらに大きくなる一方だった。
「ホントに啓吾かよ!?嘘だろ!?」
「ホント」
「うそ、めっさ可愛いじゃんっ…ハァハァ」
「お前近寄るな」
「やらないか」
「死にたいか」
「ウホッ!いいおん…おと…女…」
「………」
「とりあえずさー、その体で啓吾って変だろ。名前変えろよ、あと付き合ってください」
「呼び名だけでいいよ、あと丁重にお断りする」
「じゃなんて呼ぶんだよ」
「そーだな…夏樹とか」
「苗字のまんまジャン。どーせならもっとひねりのある、萌える名前に…」
「そーだ、ナッキなんてどうよ?」
「ニャッキじゃあるめーし…お前ネーミングセンスなさすぎ」
「じゃあナキ…も変か…じゃ、マキとか!あと胸触らせて下さい!」
「それは変化しすぎだろ。せめて啓吾からケイとか、メグミとか。あとチューしてくれ」
「だーっ、もう勝手にしろ!!」
「ということは、触らせてくれ…」
メコッ! バキッ! グチョ!

その後も啓吾は放課後まで延々と男子に追いかけられ続けたのだった。
そして彼(彼女)はまだ考えもしなかった。これからもっとタイヘンな目にあうことに。
大体予想はしてたみたいだけど。正確には考えたくなかっただけだけど。



「にしても、お前が女になるなんてな…」
「ま、俺も予想してなかったけど」
ようやく質問責めから開放された啓吾はどうせだからと教室に残っていた。
一緒につき合わされているのは親友で同じサッカー部員の山中玲二である。
「部活、どうすっかなぁ」
啓吾の学校には男子サッカー部と女子サッカー部がある。
啓吾は先生に今はまだ部活に出なくていいと言われている。
「俺としては、男子ので続けるつもりだけど」
「だけどよ、お前女じゃん。男ン中でやってたら目立つし、それについていけねーだろ」
「んなこたーねーよ。別に筋力がおちているわけでもあるまいし。よっ……!?」
未だ自分の力は健在だと示すために近くの机を持ち上げようとしたが、
いつもなら軽く持ち上げられるはずなのだが…その机は啓吾にとって重く感じるものだった。
「ほらな。それに大体お前のか体は女子なんだから、男子のでやるのはムリだと思うぞ」
「んなわけないっ!…こーなったら明日直訴してやる!」
「絶対無理だと思うけどな…」
「強行突破!」
「…危険思想」



結局啓吾は次の日、真っ先に直訴にいった。
結果からいってしまえば成功だった。
先生には公式試合には出られんだろうと言われたが、
いつか元に戻るんだから大丈夫だ!ってことで強制的に許可を得た。
だが、部員らの方が問題だった。

「俺は別にいいんだが…」
部長の中村が回りを見渡す。
部員の視線は一斉に啓吾に注がれている。
「お前ら、別にいいよな?…もともと部員だったんだし…な?」
中村は啓吾の中学からの友達で、さらにお人好しときている。
だからできる限り啓吾をそのまま男子サッカー部で続けさせたいと思っているのだが。
「ぜってーダメだ!いくら元啓吾だからといって運動能力おちてるんだろ!?」
「そーだ、大体お前女子なんだから男子んなかで試合に参加できるわけねーだろ!」
「ンなの男装すれば誤魔化せるんだよ!」
「いや、絶対バレるね!」
一見真剣に部のことを考えているように見える部員達の口調に、
玲二は何かひっかかるものを感じていた。
(何か違うんだよな、前に廃部になりそうになって直訴したン時と比べると。やな予感がするぜ…)
その「やな予感」は次の部員のセリフで確実なものとなった。
「…まぁ、俺らと『賭け』して勝てたらいいぜ」
「よし、いいだろう!てめーらなんてチョチョイのチョイだ!」
やっぱり、と玲二は思った。キレてる啓吾と鈍い中村は気づかないだろうが、
コイツらは確実に啓吾の体を狙っている。
「待て!啓吾!『お約束』だ、コレは!」




「ハァ?お約束?」
「話の展開から読めるだろ!大体こういう賭けをしてた時はお前の体目当てなんだよ!」
「でも大丈夫だろ。コイツら全員対オレでも勝てる自身はあるぜ」
その言葉通り、男だった時の啓吾は他サッカー部一部除く全員を抜く勝負で
アッサリ勝ちを収めたことがある。
「何ゴチャゴチャ言ってるんだよ…勝負は、前にやった全員抜きでどうだ?」
「OKだ。テメーらなんていつでも抜けるぜ」
「だから待てって!絶対アイツらセコいことしてくるに決まってンだろ!」
「大丈夫、大丈夫。オイお前ら、審判は先生に頼むぞ。いいな!?」
「…ああ、別に問題ないぜ」
「やめろ!よせ!絶対何か裏があるっつーの!!」
「でもこうでもしなきゃオレサッカー部に戻れないし」
「他に方法があるだろ!!」
「いちいちうるせーな。オイ、勝負は明日だ!それでいいだろ!」
「…おう、賭けの内容は一日相手を好きにしていい…でどうだ?」
「ああ、いいぜ!テメーら一日奴隷にしてやるよ!」


(くそ…絶対こうなると思ってた…)
玲二は困惑した。
(でも、先生を審判にするって言うし…イザとなったらあまりに度の過ぎた
 コトなら止めてくれるとは思うけど…)
「玲二も別にいいだろ、もう。」
「……あ、ああ………」
気乗りはしなかったがこうなった啓吾はもう止まらない。
玲二は奴らが「目的のためなら手段は選ばない奴ら」にならないことを祈った。




─そして。
勝負は終わった。
結果だけ言うと、啓吾の負けだった。
いくら力が落ちているといってもわずかなもので、
(昨日の重い机は中になかいろいろ沢山詰め込んであったかららしい)
技術なんかは決してなくなっているわけでもなかった。

─結局、「奴ら」は玲二の危惧したような連中だった。
先生は結局来なかった。
奴らは「外せない用事が出来たと言われた」と言った。
そして奴らから一人が抜け、審判をすることになった。

当然、審判は不平等だった。
何もないのに笛を鳴らし、「緊張してしまった」と誤魔化す。
奴らがファールをしても大体は誤魔化された。

結果、啓吾の負けとなった。


「啓吾、いやケイちゃ〜ん?」
「何だよ…その気持ち悪い呼び方はやめろ」
「約束は守ってもらうぜ…お前は今日一日、俺達の奴隷だ…!」
「ケッ!あんな不平等な試合で何が約束だ!試合は取り消しだ!」
「ハハッ、負けたからってムキになんなよ……それにお前にはもう拒否権はない…」
直後、啓吾の頭に鈍い衝撃が走った。
それが何を意味するのか、啓吾が理解する前に意識は途絶えた。




啓吾が目を覚ますと、そこは体育倉庫だった。
窓に目をやると外は既に暗くなっている。
タイミングの悪いことに今日は試合を軽く終えて玲二の家で遅くまでいる(勉強云々で)予定だと
親に伝えてあるため、心配して探しにくる、ということはない。
そして、起き上がろうとした啓吾は自分の両腕両足が拘束されていることに気づいた。
と同時に自分が股を開くような体制で、しかも全裸にされていることに気づいた。
「…っ!何だコレ!」
啓吾が叫んだと同時に倉庫の扉が開いた。
「囚われのプリンセスがお目覚めの様だぜ」
三年生の笹山を先頭に、ぞろぞろとサッカー部の男子が数人入ってくる。
「てっ、てめぇか!こんなことしやがったのは!この手足についてるのを取りやがれ!」
「全裸に剥かれてるっていうのに元気な奴だな」
「あ…っ……ふ、服を返せ!」
「服ならお前のすぐ傍にあるけど?
 …そんなことより、そろそろ後輩達が我慢出来ない様なんでとっとと始めさせて貰うぞ。」
笹山が後を向くと、同時に二年の後輩がぞろぞろと入ってきた。
啓吾の裸体を前にして、二年は口々に感嘆の声を漏らしたり、股間を押さえたりした。
携帯で啓吾を撮る者までもいた。
「な…何をするつもりだ!?」
「何って…決まってるだろ…約束は覚えてるよな。負けた方は勝った方の奴隷になる…」
奴隷になるとまでは言ってないぞ、と言おうとした途端に啓吾は体に異変を感じた。
体が火照っている。股間が疼く。
「き…貴様、俺に何を…した…!?」
「お、丁度いい時に薬が効いてきたみたいだぜ」



「薬…!?」
「じゃ、可愛がるとしますか」
これから何をされるかという事を完全に理解し、怯える啓吾にお構いなしに
気味の悪い顔をした笹山と二人の三年が啓吾に近づく。
そして、二人がかりで啓吾の胸を乱暴に掴んだ。
「ひゃうっ!」
初めての感覚が啓吾を包んだ。
「へへ、ちゃんと気持ちよくしてやるよ」
続いて笹山が啓吾の、薄く毛の生えた秘裂をなぞる。
「やぁっ!」
「可愛い声だな、啓吾ちゃん」
「クソが…今すぐやめねぇと…ブッ殺すぞ…」
「気の強い美少女を堕とすのもこれまた面白い」
三人がかりの愛撫は容赦なく続いていく。
「ひっ……やぁっ、やめっ…ぁ…うんっ…クソ…っ…やろ…!」
「いきなりぶちこまないだけでも感謝しろよ」
ぶちこむと言う言葉に啓吾は恐怖した。しかし、同時に心の奥底で別の感情が出てくるのを感じた。
啓吾の目が、何かを欲しがるような目つきになるのを見た笹山は目配せで他の二人に合図した。
そして三人が突然愛撫をやめ、啓吾から離れる。
(何だ…コレ…!)




「さて、啓吾ちゃん。俺達はこのままお前を放置しようと思うんだが。
 勿論少ししたらちゃんと家に帰してやるよ。正し親とかにチクることはムリだぜ。
 お前が寝てる間に恥ずかしい写真を撮ってあるんでね」
言う事は啓吾が望んでいるものだったが、笹山の目は別なことを企んでいる目だった。
だが、ここから逃れるには言う通りにこのまま我慢してこの忌々しい縄を外して貰うしかない。
(ケッ…当たり前だ、てめぇら何かに犯されてたまるかよ…)
勿論、勝手に放置しろと啓吾は言おうとした。だが─
「いやぁ……やめないでぇ……」
口に出た言葉は、啓吾の言おうとした事と全く違うものだった。
(なっ…どういうことだ…コレ…!?)
「へへ、啓吾ちゃん自らのお願いと聞いちゃ仕方ないなぁ」
嘲笑うかのような笑みを浮かばせて、篠山はチャックを下ろしながら啓吾に再び近づく。
すっかり硬くなったモノを掴み、啓吾の秘裂の前に構える。
(嫌だ…こんな奴に…やめろ…やめろ…!)
ずぷぷっ!
笹山のモノが一気に啓吾の膣を貫いた。
「じゃ、後がつかえてるんでな…!」
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます