「・・・、んっ・・。ここは・・・?なんだ、頭がぼんやりする・・。」
俺の視界に山積みのダンボールが入ってきた。どこかの倉庫にいるようだ。
体が妙に重い。ぬっくと起きあがると俺は妙な違和感に襲われた。
自分の身体が自分のもので無いような・・・。手足は自分の思う通りに動かせる。
しかしそこから来る感触や視点の高さが違っているような気がする。

俺は10代の女のようだ。まだ幼さが残りどちらかと言うと可愛らしい体型をしている。
服装はボーイッシュだ。というより男の服を着ている。
ジーンズとトランクスは、立ちあがると落ちてしまいそうな位にガバガバだ。

ここは何処だ?何でこんな妙な格好を?それに何故俺は1人称が『俺』なんだ?

一体俺は何者なんだ・・・?

「ちくしょう・・・なにも思い出せない・・・。」
「目が覚めたようだな。」
中年の男が現れ俺に話しかけた。
「すいません。俺、いや僕・・じゃなくて私が誰か知りませんか?」
男は皮肉めいた口調で答えた。
「君かい?・・・知らない訳ないだろう。」
そしてこう付け加えた。
「じきに分かるさ・・・。君が誰で、何故ここにいるのか・・・。」


男はカバンから縄を取りだした。俺の後ろに回りこみ、腕をねじり上げた。
「何をするんだ!」
「君の好きなことさ・・・。」
男は微笑を浮かべた。そして俺の腕を後ろ手に縛り上げた。
「これで抵抗は出来るまい・・・。」

俺はその時言いようも無い恐怖を覚えた。
人気の無い倉庫の中、若い女が男にされることと言ったら1つしかない。
俺はその一方で、自分が異常な興奮を見せているのに気付いた。
まるでこの状態が快楽であるかのように。
俺はこんな事を望んでいるのか?いや、そんなはずは無い・・・。

男はファスナーを下ろす。するとコートの下から肉棒が現れた。
それは徐々に俺の顔へと近づいてくる。
俺は、それが異性の性器であるにもかかわらず、全く羞恥心を覚えなかった。
激しい嫌悪感をもって、俺は男を睨みつけた。
「『その眼気にいらねえなあ。今置かれてる状況が分かってねぇようだ。』」
言い終わるやいなや、男の右膝が俺の腹に食いこんだ。
「ぐはっ!!」
「『黙って俺のイチモツを咥えてればいいんだよ。』」
今度は右の拳が顔に飛んできた。続けさまに2発、3発・・・。
もはや俺には抵抗する気力は残っていなかった。
男が腕を振り上げるだけで背筋の凍る思いがした。
「『その引きつった顔、いつ見てもゾクゾクするぜ。』」


何だ・・この言葉・・・。
男の言葉の端々が俺の頭の中に響き、そして突き刺さっていく。
決して、男の言い方に恐怖を覚えたのではなかった。
もっと違う、もっと恐ろしい何かが脳内を刺激するのだった。


「さあ、咥えてもらおうか。」
俺はあきらめて、男の肉棒を受け入れた。
恥垢独特の青臭い匂いが口の中に広がり、気分が悪くなる。
そうではあったが、これ以上殴られるわけにはいかない・・・。


「先っぽを舌で舐めろ。絶対に口から離すな。」
俺は言われた通りに舌を動かす。
舌先を器用に使って、亀頭でも特に敏感な部分に擦り付ける。
尿道口に舌が達するとそこを強く吸い上げた。
口内に残尿が入りこんできて、俺は猛烈な吐き気に襲われた。
「気持ち悪いです・・・。」
「誰が離していいといった!」
男はすかさず俺の胴体に蹴りを入れた。
「さっさと起き上がって奉仕しろ!!」
再び肉棒を口に咥えさせられた。俺は舌に肉棒の表面を這わせる。
裏スジに当たった時、肉棒がピクッと跳ねた。
本能的にココが急所だと分かり、そこを中心にせめる。
肉棒に血液が集まり、だんだんと熱を帯びていく。
ドク、ドク・・。血の動きが舌に伝わる。
それに合わせるように、尿道口から粘液が流れてきた。
それはとても苦く、到底耐えられるものではなかった。
「苦いっ!!ダメぇ・・・。」
「1度言われたことも理解できないのか!このクズめ!!!」
俺は顔を蹴り上げられた。そしてバランスを取れずに仰向けに倒れこんだ。
男はそれを見て俺の腹を踏みつけた。何度も、何度も、なんども・・・。

「何で俺が・・・レイプされなきゃ・・・・。」
俺は高くかすれた声で、半ば独り言のように問いかけた。
「何故かって!?これは笑わせる。貴様が一番良く知ってるはずだ。」
男は軽蔑したような視線で俺を睨み付け、吐き捨てるように言った。


俺が一番知ってる・・・?俺が何をしたって言うんだ・・・。
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます