俺はベッドに横になった。
「今日はマジで疲れた・・・。」
本当なら、今日もいつもと変わらぬ1日のはずだった。
全てはこの体のせいだ。腹いせに自分の腹を殴ってみた。
「ぐはっ!・・・・。」
数秒の間呼吸が止まった。
『ご苦労さま。』
「またあんたか。頼むからもう出てこないでくれ。いるだけで気分が・・・。」
『心配しないで。午前0時になったらこの仕事も終わりだから。』
あと3時間ぐらいか。なんだか待ち遠しいなぁ。
俺の中にいられると何もかも見透かされてる気がして落ち着かない。
「・・・もう寝るか。」
俺は掛け布団にもぐりこみ、ライトを消した。
それから間もなく、俺の記憶は消え失せた。

『・・・そろそろね。3、2、1、・・・・。』



ジリリリ・・・・。翌朝9時、目覚まし時計が朝の訪れを告げる。
脊髄反射でそっちの方へ手を伸ば・・・、んっ?何だこれは。
ベッドの中に人が寝ている!?俺はおそるおそる覗きこんでみた。
そこには、昨日鏡の前に映っていた少女(つまり今の俺だ)が横たわっている。
尻尾が無いこと以外は、体の特徴もそっくりだ。
そして俺と全く同じ服。
「まさか、魂が抜け出したのか?」
女の体に触れてみた。確かに皮膚の当たる感触はある。
幽体離脱とか言うやつではなさそうだ。
1人で考えても埒が開かない。俺はその女をゆすり起こした。
「んんっ・・・ふにゃ?」
「おい、お前は誰だ?」
「わたしぃ?私はメグミ、高峰恵美。」
「えっ?おいアンタ、まさか・・・昨日の!?」
「あれぇ?なんで私がこんな所に??」
「それは俺が聞きたい。」
恵美と名乗る女は、自分の体を見まわした。
「うそっ!人間に戻ってる!!」
とりあえず、当人も何も知らないってことは分かった。俺はベッドから飛び降りた。
「ほら、お前も来いよ。」
俺が促すと、回りをキョロキョロしながら付いてきた。


リビングには既に真由と兄ちゃんがいた。
「おはよー、俊にぃ。」
「おはよう。体の調子はどうだ?」
「普通だ。それより大変なことになった。」
「どうしたの?」
真由が嬉しそうに尋ねる。
「別にいい事じゃないぞ。ほら、こっち来い。」
恵美が家族の前におずおずと顔を出した。幾分緊張してるみたいだ。
「えっと・・・、高峰恵美と言います・・・。」
2人から驚嘆の声がもれる。
「マジかよ!俊之が2人!?」
「どっちがどっちか分かんないよ!!」
「てか、同じだろ!!!」
さすがに驚くよなぁ・・・。
「恵美さん、だっけ?今何歳なの?」
「『恵美』でいいですよ。今17歳だと思います。」
「曖昧な表現だなぁ。」
「なにぶん、昨日まで実体が無かったもので・・・。昨日も、俊之君の中にいましたから・・・。」
「なか?どういう意味だ、俊之?」
なんて言えばいいだろうか・・・。
「コイツは、サキュバス、俺みたいな奴のナビゲーターだったんだってよ。
 俺もお世話になっ・・・なってないか・・・。」
「ふぅん、何でもいいや。君、身よりは居るの?」
恵美は少し深刻そうな顔をして、口をつぐんでしまった。
「父親が・・・いることはいます。でも会いたくないんです・・・。」
「なら行くところも無いだろ。うちで暮らす?」
「お邪魔でなければ」
恵美はそう言って少し微笑んだ。こうしてうちに家族が1人増えた。



「ちょっと、武にぃ!もうこんな時間!!」
俺達の目線が時計に集まる。
「まだ慌てるような時間じゃない。俊之、今日は一緒に俺の仕事場まで来い。」
「何でだよ。せっかくの日曜日だぜ。」
「検査してみるんだ。昨日言ったろ?『構造にも興味ある』って。
 サキュバスにしか罹らない病気があっても困るし。」
でたよ、この生物オタク・・・。
「あと恵美ちゃん、だったっけ。君も来てくれない?ちょっと調べたいことがあるんだ。
 って言っても健康診断ぐらいのものだけどね。」
「分かりました。一緒に行きます。」
「よし、じゃあ2人とも早く着替えてきて。」
「恵美さんは私の服を貸してあげるね。」

部屋に戻ってTシャツとジーパンをあさる。
背が低くなった分大きさも考えなきゃならない。
とりあえず小さめのを見繕って選んだものの、上着は胸のせいで腹が見えてしまうし、
下は下で尻がつかえてなかなか入らない。女の体って本当に動きにくい。
「遅いぞ、早く乗りな。」
俺達は兄ちゃんのクルマに乗りこんだ。

走ること1時間、小高い丘の上に兄ちゃんの職場はあった。
重々しいゲートの横に『国立生命化学研究所』の表札が見える。
研究所の中はイメージとは違って清潔感があった。すれ違う人は皆、兄ちゃんに深深とお辞儀していく。
「初めて来たよ、兄ちゃんの職場。」
「そうだったっけ?」
構内を何分も歩いて、やっと目的の部屋らしき所へついた。
兄ちゃんがドアを開けて俺達を招き入れる。


「すげぇ・・・」
「なんて広さなの・・・。」
ざっと100畳はありそうだ。小学校の校長室より格段にでかい。
「改めて、俺の職場へようこそ。俺がここの副所長、宮下武史だ。」
「えっ、なんで隠してたんだ!?」
「聞かなかったから言わなかっただけだよ。
 親があんなので、普通の生活が送れるのもおかしいだろ?」
「でも、まだ25歳じゃん!」
「それは彼が天才だからよ。はい武史、お茶が入ったわ。」
奥の方から秘書のような人が出てきた。(国家公務員にも秘書がつくのか?)
「せめてここでは『副所長』って呼んでくれ。仮にも部下なんだから・・・。」
俺はこの女性を知ってる。高校時代兄ちゃんの彼女だった人だ。
家にも何度か遊びに来たことがある。名前は・・・忘れた。
「そうか、紹介してなかったっけ。俺の婚約者で秘書の、牧野絢音さんだ。
 来月俺達が結婚したら義姉になる女性だ。」
「あら、あなた達双子?昔行った時はいなかったわよね?」
「片方は弟の俊之で、もう1人は高峰恵美さん。瓜二つだけど全くの別人だ。
 似過ぎてるから遺伝子を調べてみようと思って連れてきたんだ。」
「へぇ〜、別人なんだ。しかもこの子があのマセガキ。」
絢音さんは俺の両頬をつねってくる。小学生の頃と同じように。
そうだよ、俺はこの人が苦手だった。てっきり忘れてた・・・。
「俊之、お前は絢音と器具を回ってくれ。
 俺は恵美ちゃんの遺伝子サンプルを取りにいくから。じゃあ行こう。」
「あ、はい。」
「はいは〜い。」
「・・・痛かったんですけど。」
「ゴメンゴメン!じゃあ、私達も行こうか。」
俺はしぶしぶ付いて行くことにした。


男ばかりの家庭に育った俺は昔から女が嫌いだ。ある1人を除いて。
なよなよした口調や態度を見ているだけで虫唾が走ってくる。
6回か7回告白されたこともあったが全員断った。
そんな俺が今や女なんだから、運命とは皮肉なものだ・・・。
「はぁ・・・。」
「どうしたの、ため息なんかついて。可愛い顔が台無しよ。」
「ほっといてください・・・。」

所内には恐ろしく巨大な装置がゴロゴロあった。
俺はそのうちの一つに入れられて、レントゲン写真とかを撮られた。
そうかと思うと、今度は密閉になった部屋に1時間座らされた。
その後も、訳のわからない検査が延々と続いた。
「とりあえずこれで終わりよ。さっきの部屋で待ってて。」
その後待つこと30分。絢音さんは、結果でも見ているのか戻ってこない。
そうこうする内に絢音さんが入ってきた。
「さて、次が最後の検査よ。」
「えっ?もう終わったんじゃ?」
「いいえ、とっておきのが残ってるわ・・・。」
さっきとは明らかに目つきが違う・・・。
これはかなり危機的状況だ、きっと何かが起こるぞ・・・。俺の本能が警鐘を鳴らした。


絢音さんの脚が、1歩また1歩とこちらに向かって進んでくる。
それに合わせて、俺も1歩また1歩と後ずさりする。
7〜8歩下がった時、背中に何かがぶつかった。
「あっ・・・」
遂に、窓際に追い詰められてしまったのだ。万事休す。
ケンカなら勝てるだろうが、女を殴るのはプライドが許さない。
「やっとつかまえた・・・。」
絢音さんは俺をじゅうたんの上に押し倒し、Tシャツをまくし上げた。
なんとか押さえていた胸が露わになる。
「大きくて綺麗なおっぱい・・・。」
「ほ、本当にやめてください!あなたはレズですか!?」
俺は両手で乳房を隠して言った。
「レズぅ?私は変態じゃないわ。あなたは男の子でしょ?」
「第一、婚約者だって・・・。」
「どうでもいいじゃないそんな事。折角女の子になったのに勿体無いわ。」
絢音さんは俺の腹の上に乗っかってきた。
両腕も膝で押さえられてしまったので、抵抗する術も全く無い。
今度こそ万事休すだ・・・。




絢音さんは俺の乳首に唾液を垂らして吐息を吹きかけた。
ひんやりとした感触が患部から流れ込む。
今度は指先でいじくり始めた。先端をつぶしたり転がしたりされる。
「や・・やめてください・・。本当に怒りま・・あんっ!」
「男の子なのにそんな声出しちゃって・・・。乳首もこんなに勃ってるじゃない。」
いわれた通り乳首はピンピンにそり返っている。
絢音さんは、乳房を柔らかく揉みしだきながら先端に爪を立てた。
「ひゃん!・・・くすぐったいです・・。」
身体に鋭い痛みと快感が走る。
「・・・、なんだか私もしたくなってきちゃった・・・。」
絢音さんは俺の上に倒れこみ、口で乳房を刺激し始めた。
らせん状に舌を動かし、乳首に辿り着くと強く吸い上げた。
舌のざらざらした部分が乳首と擦れて、細かい振動が伝わってくる。
手でされるのとは全く感触が違う。
「やめて欲しい?」
「はい・・いや、いいえ・・・。あとほんの少しだけ・・・。」
「ふふっ、可愛いんだから。」
絢音さんは俺のジーパンとトランクスを脱がせてしまった。
俺は反射的に股を閉じる。
「怖がらなくてもいいのよ。優しくしてあげるから・・・。」


絢音さんは膝に手をやり太腿から内股へ滑らせた。
自然に脚の力が抜け、秘部に向かう指を受け入れてしまう。
絢音さんは表面をさっとなぞると、その指をこちらへ見せた。
「ほら見て、あなたのお汁よ。俊之くんったらエッチねぇ・・・。」
「恥ずかしいです、見せないで下さい・・・。」
絢音さんは妖艶な笑みを浮かべた。不意に俺は、どこかに引きこまれるような気がした。
俺の秘部に顔が近づいてきた。俺は静かにそれを受け入れる。
舌が割れ目の上をつぅと這っていく。そこからじわじわと絢音さんの熱が伝わる。
ふと絢音さんがこちらを見上げた。唾液と俺の愛液が混じって糸を引いている。
「いいでしょう?」
既に他人とするのを拒む気持ちは胸の奥底へ追いやられてしまった。
「はい・・・気持ちいいです・・・。」
「どう気持ちいいのか言ってみて・・・。」
再び俺の陰部を舐め出した。
「ひゃう!えぇと・・・アソコに舌の、あぁん・・当たってます・・はぁん・・・・・
 ダメぇ!!そこは・・・擦れちゃ・・あんっ、クリトリスは・・・今度はあいだに・・・はいって・・ひゃふぅん!!
 なかで・・うごいてるっ!!!・・・ああっ、ダメぇ・・イクうう!!ああああああああ!!!!」
こんどのは・・前よりイイ・・・かも・・・・
俺は目の前が真っ白になった気がした・・・。


「イッちゃったみたいね・・・。お汁がいっぱいあふれてる。」
絢音さんはきれいに俺の愛液を舐めとっていく。
「はぁ・・・ふぅん・・・。あやね・・さん・・・ひゃん!」
絶頂の余韻からか、少しの刺激でも感じてしまう。

絢音さんはスーツを着たまま、中のシャツのボタンだけを外していく。
ブラジャーを器用に上にずらすと、形がよく適度な張りをもった双丘が顔を出した。
初めて見る女性の裸体に、俺は唾をごくりと飲みこんでしまう。
「さあいらっしゃい・・・。」
俺はいわれるままに顔を近づけて行く。
すると、後から絢音さんの腕に頭を押さえられ胸元に引き寄せられた。
今の俺が男だったら飛びはねて喜んだかもしれない。
胸の谷間に顔が埋まる。柔らかくて弾力の強い、何とも不思議な感触がする。
俺は呆気に取られて絢音さんのほうを見た。するとクスッと笑っている。
「柔らかい?」
「は・・はい・・・。」
「今度は私も気持ち良くしてね・・・。」
俺は絢音さんと同じように、谷間から先端へなぞるように舐め上げていった。
そして右の乳首を甘噛みする。
「痛っ!!」
絢音さんが声を出した。俺は慌てて顔を遠ざける。
「だめよ、乱暴にしちゃ。女の人の身体はデリケートなんだから。」
彼女は微笑みを見せた。


それからは出来るだけ優しく触るようにした。
肌を手のひらでさすってみたり、舌先でつついてみたり・・・。
絢音さんの目が徐々にトロンとしてくる。
顔が紅潮し、吐息も熱く早くなっていくのを感じる。
それに相まって、甘酸っぱい香りが鼻腔を通り抜けて行く。
「ふぅぅ・・あぁん・・・。上手いわ、俊之くん・・・。」
耳の奥におぼろげな囁きが届く。
それに反応するかのように秘部がキュンと熱くなる。
右手は熱の元を探り当て、そこを刺激した。
クリトリスの皮をむき、そこに指の腹をあてがってみる。
「ひゃあんっ!!」
指が当たっただけで眩暈がする。口から吐息と一緒に喘ぎ声が上がってしまう。
絢音さんは愛撫を止められて物足りなそうな顔をすると、自分からパンティーを脱ぎ始めた。
サーモンピンクの秘部は染み出した愛液でぬらぬらと光っている。
「おねがい・・・、ココの熱をさまして・・・。」
脚をM字に開いて俺を誘う。
俺は吸い寄せられるように秘部に舌をやった。
割れ目を舌で一舐めすると、それに反応して股が顔を締めつけてくる。
内腿の弾力が心地よい。
五感全てが快感となって俺をさらに興奮させていく。
「あぁんっ!そこイイ!!・・・ダメ・・、気持ちいい・・・。」
絢音さんも嬌声を上げて悦楽に浸っている。


俺はそれと同時に人差し指を自分の陰部に差しこんだ。
そして奥の方のざらざらした部分を爪で引っかいた。
その度に痺れたような感覚が体にはしり、目には火花が散っていく。
しかし絶頂を迎えるほどの強さにはならない。
ダメだ・・・、これだけじゃ足りない・・・。
俺は少しでも多く快楽を得ようと夢中になって指を動かした。
中指を人差し指の横から膣内に押しこんでいく。
うっ!・・きつい・・・。
2本の指は膣内を蹂躙しながらそこに新たな刺激を与える。
そして無理やり中を押し広げ、最も感じる部分を探り当てた。
指先を軽く曲げそこに爪をつきたてた。
その瞬間、視界から全てのものが消えた・・・。
陰部からは愛液が泉のように流れ出し指先に絡み付く。
腰の力が抜けそこにへたり込んでしまった。

俺はイッた後も夢中になって絢音さんへの愛撫を続けた。
舌先を膣内に潜り込ませながら、分泌液を得ようと強く吸い上げる。
絢音さんは自分で胸を揉みながら甲高い声を上げている。
「ああん!!としゆきくん・・・ダメぇ、イッちゃうううう!!!」
俺はピンポケした景色の中でその声を聞き取った。


しばらく俺達は絶頂の余韻に浸っていた・・・。




「あんたのお兄さんって、本当いい人ね!話しても面白いし。」
「あぁ、そう・・・。」
満足そうに話す恵美におざなりな返事をした。
「何かあったのか?」
「いや、別に何も無かったわよ。ねぇ、俊之くん?」
絢音さんはちらっと俺を見た。
自分から襲ってきたくせに良く言うぜ・・・。まぁ口裏は合わせておくか。
「別に何も無かったよ。それより検査の結果出たのか?」
「ああ。2人は生物学的には95%以上同一人物だった。
 違ってるのは脳内の記憶を司る部分と消化器官ぐらいなもんだ。」
早い話が、見た目は同じってことだな。
「でもこの消化器官が厄介で、お前には胃腸がない。また老廃物の排出法も違う。
 その体は、ある特定のタンパク質だけしか吸収できなく・・・・」
「一言で説明してくれ。」
「つまりだな、非常に言いにくいんだが・・・、精液やち・・膣分泌液しか吸収できなくて、
 しかも用をたす代わりに皮膚から・・あの、アレだよ。ほ、惚れ薬っていうか・・・
 その、そういう気分にさせるヤツ。あれが放出されるようになっちゃった訳。
 ほんの少しだから、それほど生活に影響は出ないと思うけど。」
イマイチ言いたいことが分からん・・。そこに恵美が口を挟んできた。
「物分かり悪いわねぇ・・・。要するに、嫌でもセックスしなかったら生きていけない。
 しかも周りの人までその気にさせちゃうかもしれない、ってことよ。」


「なるほど・・・。それでか。」
「あと1日か2日したら戻れるんだし、気にしないでもいいわよ。」
あと1日・・・我慢・・・!?ちょっと待て!!? 確かさっき・・・。
俺は凄い勢いで血の気が引くのを感じた。
ダメだ・・・。頭の中が真っ暗に・・なっ・・・。

「うっ・・・。ここは・・俺の部屋?」
時計を見ると夜の11時を過ぎている。
「気がついた?調子はどう?」
「全然元気だよ。元々身体は丈夫なほうだし。」
「いきなり気絶されたら驚くじゃない。」
俺はあのまま気を失ったらしい。
「話は全部絢音さんから聞いたわ。だから言ったでしょ?多分無理だって。」
こちらを憐れむような目つきで話してくる。
「もう絶対男に戻れないのか?」
「私みたいなこともあるし一概には言えないけど、多分・・・。」
なんてこった・・・。いわゆる『たった一度の過ち』ってヤツか・・・。


俺はふと辺りを見まわした。やけにモノが増えた気がする。
「あれ、こんなに家具あったっけ?」
すると、恵美は小恥ずかしそうに言った。
「実は・・・、今日からこの部屋にお世話になることになりました。」
「はぁ!?冗談じゃねぇ!!」
「2番目のお兄さんに言われたんだから仕方ないでしょ!私だって男と相部屋なんてイヤよ!!」
「真由の部屋があるだろ!」
「『四畳半より8畳間のほうが広い』んだって。」
畜生はめられたぜ・・・。ロクな事を考えねぇよ、全く。
だがあのアニキのことだ。これで終わるわけが無い。
俺はもう一度部屋を隈なく調べた。すると大きな変化があった。
「げっ!?何故にダブルベッド・・・・。」
「これも、そのお兄さんが買ってきたんだって・・・。」
あの糞野郎・・・。今度会ったらシメてやる。
にしても今晩はどうやって寝ようか。さすがに女と一緒に寝るのは・・・。
「しゃあねぇ、俺は床で寝てやるからお前はここで寝ろ。」
「えっ?」
「別々に寝てやるって言ってんだ!犯されてぇのか、このアマァ!!」
俺はぶっきらぼうに言い放つと、タオルケットと枕を引っ張り出して横になった。
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます