ピピピピピピピ・・・・・。
携帯電話が鳴っている。
「誰だよこんな朝っぱらに。優か。まったく。」
優というのは、俺の親友。小学校から今の高校まで一緒の幼馴染だ。
「勝、大変だ。えらいことになった。」
「一体どうしたっていうんだ。お前なんだか、声妙に高いぞ。女みたいじゃないか。」
「そのまさかだよ。俺、朝起きたら女になっちまった。」
「いや、お前寝ぼけてんのか?AVばっか見てると頭が腐るぞ。」
「嘘じゃないって、うわ〜、どうしよう。」
電話でそのやり取りはとても俺をからかってるとは思えなかった。
だけど信じられるわけがない。男が女になるなんて。
とりあえず、俺達は町外れの寂れた神社で待ち合わせることにした。
「おせぇな。もしもこれが嘘だったら承知しないぞ。」
(勝、勝。)
後ろの方で声が聞こえたので振り返ってみると、そこにはコートを着た1人の女の子が。


(うわ〜、誰だろ。可愛いな。)
そう思っていると、
「俺だよ勝。そんなにじっと見られると恥ずかしい。」
「は?・・・、ええ〜!、本当に優か!?」
「だから本当だって言っただろ。俺、女になっちまった。」
最初は半信半疑だったが、この姿を目の当たりにすると信じざるを得ない。
リボンで整えられた長い髪、俺より低い背、顔に少しその面影が残っているだけで、前の男の優とは
明らかに異なっていた。しかもかなり可愛い。
俺はぽ〜っとその可愛い少女をみつめていた。
「だから恥ずかしいからあまり見るなって。」
「あっ、ごめん、ごめん。」
その恥ずかしそうに頬を赤らめる姿も可愛い。前のむさい男とは大違いだ。
取りなおして話を聞くと、どうやら、朝起きると女になっていて、びっくりしたこと。
前触れと言えば、昨日急に酷い頭痛に襲われてベッドに倒れこんだことだけらしく、
他に思い当たる節はないらしい。
そして、朝起こしに来た優の母はびっくりして病院に連れていったが原因はわからない。
優の心配はよそに、優の母は、待望の女の子の突然の誕生に喜んでいること。
だそうだ。



「そういえば、お前なんで夏にコートなんて着てるんだ?脱げよ。」
「いや、これはあの〜・・・。とりあえず脱ぐわけにはいかないんだ。」
なんだか挙動がおかしい。そこで俺は無理やりそのコートを脱がした。
「おい、やめろって、うわああああ。」
そこに現われたのは赤いワンピースと、胸のふくらみだった。
思わず俺はごくりとつばを飲んだ。なんだか胸がどきどきする。
「お前、嫌そうなこと言ってたけど結構女の姿気に入ってんじゃないのか。
そんな可愛い服着て、そう言えばリボンで髪もちゃんと整えているしな。」
「違うよ。これは母さんが昔の服引っ張り出してきて無理やり俺に着させたんだ。
女の子は可愛くしなさい。てな具合に。たく、俺は男だっていうのに。」
優の母がそういうのもわかる。なんだか今の優にいつもの格好をさせるのは
少しもったいないような感じがするからだ。しかも、赤いワンピースがより
優を引き立てているような気がした。
「あっ、もうこんな時間だ。俺、もう帰らなきゃ。」
「えっ、もう帰っちゃうのか。」
なぜか俺はいつも以上に優と一緒にいたいと思った。
「母さんが生き生きしてさ。これから買い物に行くとこ。なんでも娘と一緒に
買い物をするのが夢だったんだってさ。」
そういって、優は走って行った。
そしてその夜。
(なんだろう、優のあの姿を見ると胸がどきどきする。)
俺は一晩中優の姿が頭から離れなかった。そして胸がどきどきする。
それがなんなのかを考えながら、夢の世界に入っていった。




次の日、俺は商店街をぶらぶら歩いていた。
昔は駄菓子屋や、豆腐屋が並ぶ少々古臭く、客足も少ない商店街だったが、
数年前、市の計画ですっかり改装され、今ではお洒落な店も建ち並ぶ、
活気のある商店街となっている。
「彼女〜、君可愛いね。ちょっと俺達とお茶しない?」
「いや、ちょっとこれから用事があるんでお断りします。」
どこかで聞いた声だ。
俺はそのやり取りがする所に近寄ってみた。
「本当は用事なんてないんだろう。別に変なことなんてしないから、
ちょっとだけつきあってよ。」
そこには、男達にナンパされて困っている女の子=優がいた。
「困ります。俺、本当に用事が・・・、あっ、遅いぞ。何やってんだよ。
早くしないと、時間間に合わないよ。」
優は俺を見つけると、助かったとばかりに腕にしがみついてきた。
「ちっ、彼氏持ちかよ。つまんねえの。」
「おい、これはいったいどういうことだ。」
「頼む、友達を助けると思って、少し我慢してくれ。」
急に、優に密着されて、俺は思わず赤くなってしまった。
シャンプーの良い香りのする長い髪が首筋をさらりと撫で、
胸のふくらみの感触が腕に伝わってくる。
その細く、華奢な体は、優が元男であったとは到底思わせないほど、女の子らしかった。
(やべ、なんか心臓がどきどきしてきた。何やってんだ俺。優は本当は男なんだぞ。
そりゃあ、今は女の子になってはいるけど・・・。)
「なんか顔が赤いぞ.大丈夫か?」
「ちょ、ちょっと今日は暑いかな。」
俺はごまかしながら、その場をおよそカップルのように立ち去った。


そして、公園にまで来ると、
「いや〜、助かったよ。あいつらにからまれてて大変だったんだ。」
「お前、なんで1人であんなところにいたんだよ。もしかして女の姿に慣れちまったか?」
優は昨日の派手な赤のワンピースと違い、白いワンピースを着ていた。
なんだか、清潔感に溢れていて、これはこれで可愛い。
「違うよ。母さんに無理やり連れてこられたんだ。学校に行くのに必要だからって、
指定の制服を買ってたんだ。で、俺置いて先帰ったんだよ。」
(女の優の制服姿か、見てみたいな。)
俺は何かいけないことを考えている自分を戒めて、話題を変えた。
「で、優。どうするんだこれから。」
「そうだな。たまにはお前の家でも行ってみるか。」
「俺の家!?」
現在、俺は親の仕送りを受けて、念願の1人ぐらしを始めている。
当然、家では優と二人きりとなる。
「いや、それはちょっと。」
元男だったとはいえ、今の優は女だ。あまり女の子と縁がない俺は、
この提案に少しためらった。
「ほら、ぐだぐだ言ってないで早くいくぞ。」
そういって、優は勝に微笑んで見せた。
その仕草、笑顔は可愛らしく、俺は結局押し切られてしまった。
俺はもうすっかり優の笑顔の虜になってしまったのかもしれない。
(俺、何やってんだろ。)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます