(8)
「んっ・・・くふっ・・・」
茉理の腕の中で、和泉が呻くように喘いだ。脱力しきった身体で茉理に寄りかかり、彼女の指の動きに時折身体を揺らす。
「こーしてみると・・・ホント女なのね・・・あ、下着取っちゃうわよ」
「はぁっ・・・言った、だろ・・・身体は女そのものだって・・・」
「む。あーほら、足開いて。ぐしょぐしょでしょ」
愛撫の手を止め、濡れた和泉の下着をつまむ。もはや抵抗する気も起きず、和泉は素直に腰を浮かせた。両足を開き、下着・・・ショーツを引き抜いた時、羞恥で顔が真っ赤に染まる。
「素直になったじゃない」
まるで鬼畜18禁ゲームのような茉理の台詞。何も言い返せないので、黙ってうつむくしかない。
「でも、ショーツなんだ。トランクスだと思ってた」
「っ・・・トランクスだと、股の縫い目が・・・その。擦れて・・・。こっちだって恥ずかしいって・・・」
蚊の鳴くような声でやっとそれだけ反論する。茉理は苦笑すると、再び両手を服の下に潜り込ませた。すぐに乳首と秘裂を弄り回し始める。
「んやぁぁ・・・ひっ!?」
初めての、自分の意思に因らない刺激に和泉はあっという間に追い詰められた。軽く指を入れられただけでイってしまう。
「あっ…んふぅっ」
茉理に抱えられたまま、身体をこわばらせる。びくびくと身体を震わせ、やってくる脱力感に身を任せた。ずるずると腕の中から滑り落ちそうになる和泉を抱えなおし、茉理が囁く。


「イっちゃったんだ?」
コクリ、と頷く。
「そんなに気持ちよかった?」
また、コクリ。
「もっと・・・してほしい?」
悪魔の、誘惑。茉理の言葉は、今の和泉にとってまさしく悪魔の誘惑に思えた。茉理の指は未だ秘所に入ったまま、乳首をつまんだままで・・・ときおり微かに動いている。
まるで、自分の望む回答を引き出そうとするかのように。
「まつ・・・り・・・俺・・・はぁ」
「してほしいか、ほしくないか訊いてるんだけどぉ・・・」
意地悪そうに囁きながら、両手を動かす。再び和泉の頭に官能の濃霧がかかり始めた。口から勝手に言葉がつむがれる。
「はぅんっ・・・!し、し・・・て・・・もっとぉ・・・!」
背後でにっこりと茉理が笑うのが解った。指の動きが激しくなる。
「んはぁっ・・・いいのっ、茉理!すごっ・・・」
ひく、ひくとまたイク。

この後、和泉は茉理に数回イカされ・・・ゆっくりとまどろみに飲み込まれていった。


「うう・・・?」
日もとっぷりと暮れた頃、和泉はようやく目を覚ました。部屋と全裸の自分を見て茉理に散々イかされた事を思い出し、頭を抱える。
「恥ずかしー・・・どーやって顔合わせたら良いんだ・・・」
自分の意思が介在しない愛撫があそこまで気持ちいいとは思わなかった。床屋のシャンプーがやたら気持ちいいのと理屈は同じなのだろう。次元はだいぶ違うが。
ふと気付くと、愛液でぐしょぐしょになったシーツは換えられ、濡れそぼった股間もきれいに拭われている。改めて茉理の几帳面さを認識した気がした。
ご丁寧に、服もたたんで置いてある。シンプルなデザインの、しかし明らかに女性向けの物を用意する辺りに作為的なものを感じないでもなかったがとりあえず着る。裸のままよりはマシだ。
「うう・・・足がスースーする・・・」
ぼやきながらも、記憶にある結崎家の居間に向かう。彼女の両親は暫く前から海外勤務のはずなので、見咎められる心配は無かった。
ドアの前に立って、ゆっくり深呼きゅ、
「あ、目ぇ覚めたね。おはよ」
背後から茉理に声をかけられ、ビクッ!と硬直する。心の準備が整っていなかった為に、言葉に詰まり・・・気付くと、和泉は泣いていた。
「ちょ、ちょっとちょっと!」
慌てた茉理がリビングに連れこむ。和泉をソファに座らせ、抱きしめて背中をぽんぽんと叩く。十分もすると、ようやく落ち着いたのか嗚咽が収まった。
「う・・・ぐすっ・・・」


「・・・どしたの?」
「っ・・・あぁ・・・何ていうか・・・なんなんだろ。お前の顔見た瞬間にあんなふうになった自分がものすごく情けなくなって・・・」
言いながら鼻をすする。冷静になってみても、泣いた理由は解らない。『あんなふう』に・・・茉理のベッドの上で乱れまくったことに情けなくなり、自己嫌悪に陥ったことは事実だが、泣くほどでは無い。と、思う。
「うっく・・・おかしいよな?男なのにあんなふうになってさ」
ゲームのキャラクターのように、快楽に飲み込まれて。
「しかも、それを受け入れちゃってるし・・・う・・・ぐすっ」
言いながらまた涙ぐむ。そんな和泉を、茉理は本当の少女のようだと思った。腕に力を込めて言う。
「和泉。気持ちいいのはヘンなことじゃないよ?元々男と女じゃ感覚は女のほうが凄いって言うし。私だって最初の頃はすっごい頻繁にやってたし・・・。
和泉は元々男なんだから、振り回されるのもしょうがないよ」
「でもさ・・・振り回されすぎて戻れなくなったら・・・」
「大丈夫だって。レイさんだっけ?その人に元に戻してもらえるんでしょ?」
「違う・・・そうじゃない」
泣き腫らした目で茉理を見上げ、震える声で。
「男に戻りたくなくなるんじゃないかって思うようになったら・・・」
想像しただけで鳥肌が立った。『怖い』。噴出した感情は抑えられそうに無くて、膝を抱えこむ。スカートに涙がポタリと落ち、その先は言葉にならなかった。
「・・・・・・」
その先は茉理にも解った。解ってしまったから・・・茉理は何も言わず、何も言えなかった。

「やれやれ・・・心配させてくれる」
自宅のリビングでぽつりとレイが呟く。その瞳は、使い間を通して茉理の家を見ていた。
夜になっても戻らない和泉が多少心配になったのだ。和泉の気配を辿って茉理の家に辿り着いた時、運良くリビングに二人がいたため、レイは少し距離をとって様子を見ることにしたのだが・・・心配は杞憂に終わったようだ。
和泉の反応を見れば、二人がどのような関係なのかはある程度予想がついた。もっとも、その予想は事実とだいぶ違うのだがレイは知るはずもない。
どちらにしろ信頼できる人間の一人二人に話す程度なら構わないとレイは思っているし、人のプライベートを必要もなく覗く趣味も無い。
「あの二人も災難なものだ」
呟いて、和泉が巻き込まれた経緯を思い起こす。ふと、その災難に引っかかるものを覚えた。
巻き込んだ当事者、真祖二人はなぜ争っていたのか。争う事事態は頻繁ではないにしろ、比較的良くある。が、今回のように人を巻き込んだのはレイの知る限り始めてのことだった。
「少し、調べた方が良いかもしれんな・・・」
剣呑な表情で、ぽつりと呟いた。




(9)
和泉が『死んだ』原因は真祖の戦闘に巻き込まれたから。ではその原因、巻き込まれた理由は?
巻き込まれた理由は簡単。和泉の近くで戦闘が起こっていたから。ということはつまり、和泉の近くに真祖が二人居たことになる。吸血行為をするにしても、二人というのは少々妙な話だ。
真祖の片方は男。吸血鬼は大抵、男も女も人間の女性の血を好む。女の吸血鬼であれば男性の血を好むこともあるが、男が男性の血を求めるのは全くといっていいほど無い。
少なくとも、相当長く生きてきたレイですら聞いた事はない。
勿論命の危機等非常時は別だが、双方ともに互角に戦闘しているくらいなのだからそのような状態だったとも思えない。
「男色というわけでもなさそうだしな」
二人に話を聞いた限りでは、和泉が(血が)美味しそうに思えたという。言われて見れば、レイ自身目が覚めた和泉を見たときにそんなことを考えたような気がしないでもない。そのときはどうとも思わなかったが。
「私も含めるとして・・・三人のヴァンパイアが美味しそうだと思う、か。・・・まさかとは思うが・・・」
レイの脳裏にある単語が浮かぶ。
「冗談にしては、笑えんな・・・」
茉理と和泉が家から出てくるのを使い魔を通して確認し、レイは立ち上がった。

「うー・・・やっぱ情緒不安定だ、俺・・・」
茉理と並んで夜道を歩きながら、力なく和泉が呟く。
「自分じゃ落ち着いてたと思ったのになぁ・・・茉理とはいえ、年下の前で泣くとは・・・」
ははは、と茉理が苦笑する。
「とっても萌え萌え美少女っぽかったよ、和泉。思わず妹が出来たような気がしちゃったくらい」
「言わんでくれぇ・・・」
しょんぼりと肩を落とし、聞きたくないとばかりに耳をふさいでイヤイヤ。といっても悲壮感はさほど無い。冗談のようなノリだ。
「大体な、あれはあれで恥ずかしいんだ。羞恥心が無くなったワケじゃないからな、人前で裸になるのもそーだけど・・・お前にされたってのが一番恥ずかしいぞ」
「私は平気だけど。これでも和泉狙いだったし・・・気付いてたでしょ?」
「まーね・・・。答えは男に戻るまで保留だぞ」
「チ」
久しぶりの他愛ない会話に、和泉はここ数日感じていなかった安らぎを感じた。やはり自分が思うほど落ち着いてはいなかったらしい。

「そーいえばさ」
「うん?」
「お前、俺を狙ってたわりにゃー女が出来ても普通だったよーな・・・」
「ま、ね。本気じゃなかったのはすぐに解ったし」
「なんだ、つまんないの」
「なに、ひょっとして何かモーション期待してた?」
「・・・少しは」
「マンガの読みすぎエロゲのやりすぎ」
言われてむぅ、と押し黙る和泉。やりすぎと言われるほどはやってない・・・と、思う。
そんなこんなで、本当にとりとめのない会話を交わしながら歩き、ようやく家・・・レイの屋敷に辿り着く。
「へー、今の和泉の家ココなんだ」
「ああ。合鍵も渡されてるし、自由に使っていい事になってる。お茶でも飲んでく?」
「ん、今日はいいよ。もう帰る〜」
「わかった。・・・悪いね、送ってもらって」
「気にしない気にしない。今は和泉オンナノコでしょ。元々私のせいで遅くなったようなもんだし」
その言葉に和泉は苦笑するしかない。
「じゃ、ね。おやすみ」
「おやすみ」
タタタ、と茉理の姿が夜の闇に消えてゆく。彼女の姿が完全に見えなくなると、和泉はようやく扉に手をかけた。

「ただいまー」
玄関でそう言ってみても、やはりというべきかなんというべきか。返事は無い。リビングに入り、もう一度声を上げる。
「ただいまー、レイ。・・・って何だ、その本の量は・・・?」
ソファの周囲には大量の本が山と積まれており、レイはその中に埋もれるような状態で本のページをめくっていた。
「ああ、おかえり和泉。少々調べものだ。ここが一番読書に向いているのでな」
言って、またページをめくる。和泉が傍らに置いてあった本の一冊を手にとって見ると、古ぼけた表紙と長い年月を経た紙が目に入った。改めて見てみると、全部が全部そんな感じだ。ページをめくってみると、和泉には全く判らない記号の羅列。
「レイ・・・これ、何語だ?」
「アラビア語と英語とドイツ語とフランス語があったのは把握している。それ以外は私も見てみないと判らん。流石に象形文字はないと思うが」
「あ、そ・・・」

冗談なのか本気なのか。思わずクラっと来た。そんなんで大丈夫なのかとは思うが、口には出さない。
「ああ、グロンギ語もどこかに」
「あるわけねーだろっ」
「・・・冗談だ」
ときどき・・・とは言えまだ会って数日と経っていないのだが、イマイチよくわからない奴だと和泉は思う。と、ふと真剣な声音で名前を呼ばれた。
「和泉」
「え?あ・・・何?」
「血をくれ」
(・・・!)
立ち上がったレイが振り向いた瞬間、和泉の中で何かが跳ねた。普段と変わらない彼の無表情にバランスを崩し、床にしりもちを着いてしまう。
「・・・どうした?」
「ちょ・・・ちょい待った・・・」
震える声で、近づいてくるレイを止めようとする。が、レイは止まらず・・・和泉の横で足を止めた。すっ、と手が差し出される。よくある首筋への感触はいつまで経っても襲ってこなかった。
「・・・え?」
「いや・・・何をそんなに怖がっているのか判らんが。・・・まさか注射が怖いとかか?」
「ちゅう・・・しゃ?」
「ああ。コレ関連で少々な。君の血液で調べておきたいことがある」
コレ、と背後の本の山を顎で示す。どっと和泉の身体から力が抜けた。
「なんだ・・・それならそうと先に言ってくれよ・・・」
脱力しきった手で、レイの手を掴む。
「てっきり、俺は血を吸われるのかと思ったぞ・・・」
「そうか、それはすまなかった。数分で終わるから、今から良いか?」
「おっけー」
頷くと、和泉は袖をまくってほっそりとした腕をレイに突き出した。そして、苦笑とともにやんわりと押し返された。
「・・・採血する場所は、ここじゃないのだがな・・・」
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます