前スレ752の続き。

俺達はゆっくりと階段を上がって行く。
トランクスでは吸いきれなかった汁が太腿まで垂れてきている。
さらにTシャツ越しでも乳首が勃っているのが分かる。
俺は悟られないように口を強く閉じて、内股で歩いた。
アニキは俺の部屋に入ると、後ろ手でドアを閉めた。
「さてと・・・。」
それはあまりに突然のことだった。
アニキが俺のことをベッドの上に突き倒したのだ。
「いきなり何しやがる!」
「そんなに乳首を勃てて、気付かないとでも思ったか?」
そう言うと、服の上から胸や割れ目を触り出した。
「ジャージにまでマンコ汁がしみ込んでるぜ!こんな女見たことねぇ!!」
「俺は・・・おとこだ・・・ひゃん!あっ・・・んん!!」
「こんなので喘ぎ声出しやがって!お前は立派な淫乱女だよ!!
 お前の中はどうなってるかな・・・。」
トランクスの内側にアニキの手が滑り込む。
しばらくは表面をまさぐっていたが、そのうち中指を蜜壷に突き刺した。
それは俺の中で蛇のようにうごめく。
異物が入ってくる感覚と、実の兄としている背徳感が、
何とも言えない不快感を与える。
「はぁん!ひぃ・・・や、やめろ・・・ふぅん・・・ひぎぃ!!」
「やめろとか言っちゃって、本当は犯して欲しいんだろ?」
しかしその不快感も、怒涛のように押し寄せる快楽の波にかなうはずが無い。


「2本目もいってみるか。」
アニキは目をにやつかせた。
一度中指を引きぬき、人差し指とそろえて再び陰部にあてる。
左手で大陰唇を左右に開き、ゆっくりと陰裂に突き刺す。
「ア・・ニキ・・・、きついよ・・・」
「ちょっと黙ってな!」
アニキはクリトリスに爪を立てた。
「ひゃう!!」
今までのとは違って、鋭い刺激が俺を襲う。
徐々に目の焦点が合わなくなってきた。
指は2本とも内側に入りこんでしまったようだ。
アニキはその指を素早く抜き差しする。その度に膣のひだが擦れてしまう。
自然に俺の腰が揺れる。
下に家族がいるのは知っていながらも、声を抑えることが出来ない。
「気持ちいい・・・イッちゃうよぉ!!」
俺は快楽にその身をゆだねた。
そんな時だった。アニキが急に指の動きを止めてしまった。
「なんか飽きちまったなぁ。風呂でも入ってくるかな。」
アニキはベッドから立ちあがり、ドアの方へと向かう。
俺の顔に落胆と絶望の色が浮かんだ。
身体は突然の出来事に混乱し、刺激を求めて疼く。
――ココまでしておいて、この仕打ちは何だよ!――
心の中で俺は叫んだ。
じわり、じわり。目に涙があふれてくる。


「頼む・・・。最後まで・・・してくれ・・・。」
俺は声を震わせて、うつむいたままアニキに懇願した。
1滴、また1滴と涙がこぼれ落ちる。
アニキはしたり顔で聞き返してきた。
「イカせて欲しいんだな?」
アニキは確信犯でやったかどうかなんて、今ではどうでもいいことだった。
今はただ打ち寄せる快楽に身を投げ出したかった。
俺は恥ずかしがりながら、ちょこんと頷いた。
しかし反応は冷たかった。
「甘ぇよ、甘すぎるぜ!本当にして欲しいんだったらなぁ、
 『私のいやらしいオマ○コに、お兄ちゃんの太い
 オチ○チ○を挿れてぇ!!』ぐらい言ってみろ。」
畜生、足元見やがって・・・。
俺は潤んだ目でアニキを精一杯にらみつけた。
そして心に固く誓った。死んだって言うもんか!
しかし身体は、俺を巧みに快楽の道へと走らせる。
乳首が、尻尾が、陰核が、誰かの肌を求めて声を上げる。
俺はアニキに向けていた目線をそらし、力なくうつむいた。
「・・・・・お、・・・に・・・・」
俺はまた泣きそうになった。ただただ、涙がこみ上げてきた。
「・・・いえるかよ・・・・、そんなこと・・・・・」
すすり泣きする声だけが、静かな部屋に響く。
「・・・・冗談だよ。もう泣くな。」
そう言うと、アニキはそっと俺の頭を抱き寄せた。
胸板から伝わる温もり。鼻の奥をくすぐるような匂い。
ダメだ・・・、頭がクラクラしてきた・・・・。


アニキはジーパンとトランクスを脱いだ。いきり立った肉棒が顔をのぞかせる。
ゴクリ。俺の喉がつばを飲みこんだ。
ソレが欲しい。ソレに貫かれたい・・・。
「お望みどおり、今すぐブチ込んでやる。」
俺は仰向けに押し倒されて、両足を持ち上げられた。
股の下にアニキが立つ。
「挿れるぞ!!」
太くて熱いモノが俺の膣内に潜りこんできた。
奥のひだがこすれて、何も考えられなくなる。
「あぁ・・・はぁん!そこ、イイ!・・・気持ちいいよぉ・・・」
「まだまだぁぁ!!」
アニキは腰を強く打ちつけてきた。それに合わせるように
俺も腰も自然に動く。身体が少しでも多くの快感を得ようとしていた。
「ひぃ〜、ひゃう!・・・あぁん!アニキ、アニキ!!」
「馬鹿!声が漏れたらどうすんだ!!」
静かな声でアニキが怒鳴る。
ヤバい、下には他の家族がいるんだっけ。俺は慌てて口をつぐんだ。
静かになると、肌のぶつかり合う音が一際目立つようになる。
その音は壁に反響し、俺の耳へと入ってくる。それまでもが俺を興奮させた。
閉じたはずの口も、いつの間にか半開きになっている。
「んん・・・はぁん・・・ひゃふぅん!声が・・・漏れる・・・う、ぐふっ!?」
アニキの唇が俺の口に覆いかぶさった。俺の歯に舌がぶつかってくる。
俺は何が起こったのか一瞬分からなかったが、
理解すると安心したような気持ちになって、ゆっくりと瞼を閉じた。


俺達は互いの求めるままに身体を動かした。
口内に入ってくる舌を優しく受け入れ、俺の舌と絡ませる。
接合部では、俺の柔らかい肉を固くてゴリゴリしたものが当たっている。
ひだが引きちぎれてしまいそうなくらい激しく動く。
「んっ!ふぅ・・・うんっ!!」
俺はアニキの背中に両腕を回し、自分のたもとに引き寄せた。
2人の身体が密着する。

舌の動きに合わせて腰のピストン運動が加速していく。
それは間もなく訪れる絶頂を暗示していた。
俺の口は喘ぎ声を出すかわりに、アニキの唇に強く吸い付いた。
頭の中がからっぽになっていく。
「ん、あぁっ!イクぅぅぅ!!」
「なかに出すぞ!!」
「きて!!いっぱい出してぇぇぇぇ!!!」
ドビュッ、俺の膣内に生温かい粘液が吐き出された。
それと同時に俺もアクメに達した。
ドバッ、ビビュッ、ビュッ・・・。
アニキの精液で、俺の膣内は満たされていく。
「俺のなか、アニキのでいっぱいになってるよぅ・・・。」
「気持ち良かったろ?」
俺は返事のかわりに、アニキの頬に口付けした。
そして静かにベッドへ横たわった。


ベッドに横になって5分ほど経った。俺はだんだん正気に戻ってきた。
ジャージとトランクスを新しいのに履きかえると、俺は怒鳴った。
「てめぇ、さっきはよくも調子に乗りやがったな!!」
「あの泣き顔・・・、何度思い出したって笑えるぜ!!」
アニキが飄々と話す。
「それにあれ・・・。俺のファーストキスだったんだぞ。」
「モテなそうだし。当然と言えば当然だな。」
「これでもモテてたよ!好きな人のためにとっておいたんだ!!
 それが男に・・・しかも兄弟に奪われるなんて・・・。」
俺はがっくりうなだれた。
「でも嫌そうには見えなかったぞ。最後なんて自分からやってたし。」
それを聞いて俺はさっきの一件を回想した。
おぼろげだった記憶が、1本の線につながって行く。
――俺が?自分から!?確かにしたような・・・。――
恥ずかしくて顔を上げられなくなった。
「立派に照れてやがる。バカじゃねぇの?」
アニキがどっと笑い出す。
「うるせぇ!!黙ってろ!!!」
俺はアニキにストレートパンチを繰りだした。
しかし全く当たらない。完全に見切られてる。
「お前にケンカを教えてやったのは俺だぞ?食らうわけねぇだろ。」
「畜生、この糞アニキ!!!」
ここまでコケにされても何も出来ない自分に腹が立つ。
「お兄ちゃん達〜、晩ご飯できたわよぉ。」
「おい、もうこんな時間かよ!?」
「早くしないと食いそびれちまう!!」
俺達はリビングへと駆け下りた。
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます