「胸揉まれただけで、もう濡れてるの?淫乱だなぁ。」
「やっ・・・い、言わないで。」
男は女言葉を使い、女のオマンコに指を入れる。
ぐちゅ!・・・。
「あんっ!・・・あふっ。や、やめてぇ。」
女はアエギ声をあげ、悶え始める。
「ふふっ。・・・なんでやめなきゃいけないの?」
「そっ、それは・・・あんっ!あっ、あっ、あっ・・・。」
女は必死になって喋ろうとするが、口からは淫らな声しか出てこない。
「気持ち良すぎて喋れないの?・・・アンタが悪いのよ。¨女でSexしたい¨って言うから。」
「あっ、あっ、あっ、あっ、・・・。ご、ごめんなさい。もういいです。じゅ、十分です。」
ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ・・・。男は指の動きを速める。
「あんっ!あ!あ!あ!」
「十分?・・・分かった。もう十分だよね。」
男は女の言葉を素直に聞き入れ、アソコから指を抜いた。
「ハァ・・・ハァ。じゃ、じゃあ。私の体、帰してもらえるの?」
「・・・はぁ!?女になって馬鹿になったの?」
「えっ!どういうこと?体、返してもらえるんじゃないの?」
女は立ち上がった男を見上げて言う。



「そう聞こえたんだ。・・・ふふふっ。」
「な、何がおかしいの?は、早く返して!」
「嫌だよ。」
男は体を返すのを断った。
「えっ!?な、なんで?だって、この体は元々・・・。」
女は、男の予想外な答えに慌てる。
「元々は私の。でも・・・これからはアンタの。私は男。貴方は淫らな女。」
男は女にいい聞かせる。
「い、嫌よ。私の体を返して!返してよ。」
「駄目。男の方が楽しいし、そんな淫乱な体・・・いらない。」
そう言うと、男は部屋から出ていった。
「ちょ、ちょっと待ってよ!」
女は馴れない手つきで、服を着始めた。
ガチャ!女は玄関を開けると数人の知らない男達が居た。
「安心しろ。可愛がってやるから。」
「い、いやぁぁぁぁ。」
ー数か月後、一人の風俗嬢誕生した―
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます