はい今晩は。恥ずかしながら戻ってまいりました。
今回のお話は京介と輝のお話の少し前の物語です。
そして今回からタイトルなんぞつけてみようと思います。
それでは宜しくお願い致します〜。

           〜『魔薬 ZERO』〜

 彼、佐藤信彦は苦悩していた。今まで何人かの女性と付き合い肉体的
な関係も何度か持ったことがあった。だが、彼が相手を本気で好きだと
思えたことは一度もなかった。そんな関係が長続きするはずもなく惰性
でダラダラと付き合い、時には付き合い始めたその日に別れることすら
あった。
 そんな彼は大学に進学したとき本気で恋をした。あいつと居ると楽し
い、あいつが笑うと自分も心から笑える、あいつのためだったらなんだ
ってできる。本気でそう思えた。初めの頃はただ友人として一緒にいる
と心地良い、そう思うだけだった。だが、その思いが恋だと気付いたと
き信彦は愕然とした。
 彼が生まれて初めて好きになった相手は――男だった。
 最初のうちこそ『だた一緒にいれればいい』そう思っていた。だが、
日に日に信彦の思いは強くなり信彦の心を内側から蝕んでいった。自分
は異常だと思い信彦はそんな自分に恐怖した。そんな思いがピークに達
し始めていたとき、信彦はその薬と出会ってしまった・・・・・・。

『何度言えばわかる。そんなこと許可できるはずがないだろう』
『ですが社長!』
 ある日の夕食の後、製薬会社の社長である信彦の父の元に来客があっ
た。信彦がちらりと見たその顔には見覚えがあった。最近よく父の元に
来てはなにやら難しい話をしていたその男は景山というある開発部の主
任だと父は話していた。
『実験動物への投与すらまだ明確なデータにできるほどしていないと言
うのに人間への投与など許可できるはずがないだろう!』
『ですが!』
 喉が渇き自室からキッチンへ飲み物を取りに行く途中に応接間から父
と景山が口論しているのが聞こえてきた。信彦はそれを無視し通り過ぎ
ようとしたとき、ある単語が彼の耳に飛び込んできた。
『この薬、性転換薬さえ市場へ売り出すことができれば我が社の地位は
不動のものとなります!他社に先を越される前に実用性を証明しなけれ
ばならないんです!』
 性転換薬。その言葉に信彦の身体は凍りついた。


『肉体を直接変えてしまう薬なんてこれまでに例がない。もっと慎重に
なるべきだと何度も言ったはずだ景山君』
『しかし・・・』
『話にならん。帰りたまえ』
 信彦の心臓がビクリと跳ねる。話が終わったらしい。ここから立ち去
らなくては。だが信彦の心はある思いに縛られ動くことができなかった。
「失礼します―――おっと」
 応接間のドアが開き景山は信彦とぶつかった。その際景山が手に持っ
ていた鞄が開き中身が散らばる。
「す、すみません・・・」
「いや、大丈夫かい?」
 信彦は慌てて散らばった鞄の中身を景山と一緒になって拾った。その
中に同じような小さなビンに入った薬らしきものが目につき、信彦はそ
のビンを一つ景山に気付かれないように上着の内ポケットへとしまった。
「何をしている信彦。自分の部屋へ戻りなさい」
「はい」
 父に言われ、信彦は手に持っていた鞄の中身を景山に渡すと逃げるよ
うに部屋へと戻っていった。その背中を、景山は無言で見ていた。


「へっくしっ!」
「風邪でも引いたか?」
 マンションの一室。信彦の父は自宅の信彦の部屋以外に高級マンショ
ンの一部屋を彼のプライベートルームとして与えていた。そのマンショ
ンのリビングはひどく殺風景で大きめのテーブルとソファベッド、分厚
いカーテン以外には何もなかった。その床には今ビールやチュウハイの
空き缶が転がっている。
「ズズッ、どうもそうらしい」
 クシャミをした青年、木村香澄は鼻をすすると手に持つビールの缶の
中身を飲み干す。


「それならこの風邪薬やるよ」
 信彦はそういうと上着のポケットから一つの小瓶を取り出し香澄に渡
した。
「そういやお前の親父って薬屋の社長だったな。サンキュ」
 香澄はビンの蓋を開けると中身を一口飲み込んだ。
「ん、味しねーんだな。酒と一緒に飲んでも大丈夫なのか」
「うん、なんか新薬みたいでまだ発売されてないんだ。多分大丈夫だと
思うよ」
「ふーん・・・」
 そういいながら香澄は残りをごくごくと飲み込んだ。信彦はその様子
を見ながらゴクリと喉を鳴らす。
「うい、ごっそさん」
 信彦は知らなかったがこの薬は服用時強烈な眠気に襲われる。そして
それにアルコールが加わると―。
「う・・・」
 操り人形の糸が切れたかのように香澄は倒れ意識を失った。
「なっ、おい香澄!?」
 信彦は仰天すると香澄に駆け寄り揺さぶる。だが香澄は反応せずに首
がダランと落ちる。そして信彦が恐慌状態に陥る寸前にその変化は始ま
った。
「う・・・ぐ・・・」
 香澄の額に玉の汗が浮かび苦しげに呻く。そして服から出ている部分
の身体と顔が丸みを帯び女性的なものへと変わっていくった。およそ10
分後、香澄は完全に女性なっていた。
 口の中と喉がカラカラに渇き飲み込む唾さえないことに信彦は気付か
ずに熱に浮かされたように香澄の服を剥ぎ取りの両手を後ろに回し手錠
を掛けソファベットを倒し寝かせた。

「ん・・・んん」
 意識が少しずつ覚醒していく。香澄は暗い部屋の中で寝かされている
ことをおぼろげに理解した。
「俺は・・・な、なんだこれ!?」
 身体が自由にならない。後ろに回されている腕を動かすとガチャガチャ
と音が鳴った。そして―。
「なんだよ俺の身体・・・どうなってんだよ!?」
 自分の身体の異変き気が付いた。服を脱がされた裸体が暗闇の中で蠢
いている。


「・・・・・・香澄」
「信彦?」
 不意に聞こえた声に首を動かすと視界の隅に信彦が立っていた。そし
てゆっくりと香澄に近づいていく。
「香澄、俺はずっとお前のことが好きだったんだよ・・・だけどお前が
男だったから俺は・・・俺はあ!」
「信彦お前何いって――んぶっ!?」
 信彦は香澄に覆いかぶさると強引に口を塞ぎ下をねじ込んだ。
「んん・・・ぐっ!」
「がっ・・・あっ」
 『ガリッ』と音がすると信彦が顔を離す。舌を香澄に噛まれその口か
らは血が流れていた。
「はっはっ・・・信彦お前いい加減にしろ!早く元に戻せ!」
「ぐ、戻し方なんて俺は知らない。香澄、なんでわかってくれないだよ」
 信彦は悲しそうにそう言うと上着のポケットから注射器と香澄に飲ま
せた薬とは違う種類のビンを取り出す。それを注射器で吸い上げると香
澄の腕を掴んだ。
「な、なにを―」
「動かないほうがいい。手元が狂ってしまうかもしれないよ」
「うぁっ」
 針が血管に差し込まれ液体が押し出されていく。その液体が流れてい
く部分が熱くなっていくような感覚に恐怖が身体中に広がっていく。
「なにをしやがった・・・」
「すぐにわかるよ」
 信彦は能面のような顔に笑顔を浮かべ香澄を見下ろしていた。

「う・・・うぅ・・・ぐっ」
 30分もそうしていただろうか。香澄は自分の身体に起こった変化に
戸惑い何かに耐えるように歯を食いしばっていた。
「うぁ・・・くうぅ」
 信彦が注射したものは即効性の、しかも強力な媚薬だった。香澄の身
体は今や全身の神経をむき出しにされたように敏感になり下腹部の奥が
痺れるようにじんじんと疼きぴったりと閉じられた太ももの内側はすで
に溢れる愛液で濡れそぼっていた。
「なあ香澄、辛いだろ?」
「ひぁっ!」
 信彦が肌を一撫でしただけで香澄の身体が跳ねる。ベッドで擦れた部
分さえ高熱を持ち香澄の精神を苛む。
「うぁ・・・たす・・・けて・・・たすけて」
 少し身体を動かしただけで気がおかしくなりそうなほどの快感が電流
となって全身を巡っていく。それに耐えられず無意識に身体が動きさら
に快感は増幅されていく。両手を拘束され自分ではどうすることもでき
ないそれはもはや快感ではなく耐え難い苦痛となって香澄の精神を責め
立てる。


「俺と一緒に生きよう香澄・・・ずっと一緒に」
「あっ・・・か・・・はっ・・・」
 信彦がさらに熱く火照った肌を撫で太ももをさする。たったそれだけ
でたっしてしまいそうな、しかし決してたっする事ができない衝撃に香
澄の意識はスパークし声にならない叫びを上げる。
「のぶひこ・・・たすけて・・・・・・おねがい・・・たすけてぇ!」
 香澄は泣き叫ぶと自ら足を広げ誘うように腰を動かす。そんな香澄を
信彦は満足そうに見るとベッドに上がりペニスを取り出すと躊躇なく一
息で奥まで突き入れた。
「か・・・あああああぁぁぁぁぁっ!!!」
 それだけで香澄は絶頂に登りつめ身体は異常なまでにビクビクと痙攣
する。破瓜の痛みさえ快楽に変わり香澄の意識を塗りつぶしていく。
「動くよ」
 それだけ告げると信彦は獣のように腰を動かし香澄を突き上げた。
「あっ!ひぐっ!んあっ!ぎっ!うあぁっ!!」
 一回子宮口を突き上げられる度に強制的に絶頂を向かえ、大げさなほ
どに身体を戦慄かせ口からはだらしなく涎が流れる。際限のない快感と
絶え間なく迎えさせられる絶頂。そして絶頂を迎える度に意識を失い、
そして次の絶頂で強引に覚醒させられる。
「中に・・・出すよ」
「あ・・・ひあっ・・・ぁ・・・ぁぁ」
 その繰り返しのリズムが香澄の限界を迎えた精神を突き崩す。そして
身体の中で感じる熱い爆発に香澄はついに意識を手放した。
「まだ、足りないよね」
「・・・ひぐっ!?あ、のぶひこっ・・・もうやめ・・・あっぐっ!?」
 一度果てても衰えることのない信彦の動きに再び強引に意識を呼び戻
される。
「ひっああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!」
 そして、限界を超えた快楽に香澄は喉を震わせ絶叫した。

 深夜。すでに信彦はマンションを出て自宅へ戻っていた。マンション
の鍵は外側からしか開けられないように信彦の手で改造が施してあった。
そのマンションの部屋の前に立つ複数の人影。人影の一人、景山が他の
影に合図するように目配せをするとスーツのポケットから鍵を取り出し
音も鳴くドアを開けた。その夜、一人の青年が表舞台から姿を消した。







「いない・・・そんな・・・・・・」
 翌日、信彦が部屋に来てみるとそこはもぬけの殻だった。誰も居ない
部屋を愕然と見ていると誰かがマンションに入ってくる気配を感じ信彦
は振り向いた。
「影・・・山さん?」
「やあ信彦君。久しぶりだね」
 そこに居るはずのない男の登場に信彦はうろたえ数歩後ろに下がる。
「ここに居た少女は私が引き取らせてもらったよ。いや、実に良いサン
プルだ」
「なんだって?」
 景山の言葉に息をするのも忘れ信彦は目を見開き凝視する。
「君のお父上が私の新薬の実験の許可をなかなか出してくれなくてね。
君があの日その新薬を一つ隠すのに気が付いて監視させてもらっていた
んだ。いや実に期待通りに動いてくれたよ。おかげで私達は貴重な新薬
の成功例を手にすることができた」
「・・・う、うそ・・・・・・だ」
「なに、私達も鬼ではない。信彦君が私達に協力をしてくれると言うの
ならばあの彼・・・いや彼女は君に返してあげよう」
 そこまで言うと景山はにっこりと笑った。最愛の人を手に入れ一晩で
失った信彦に考える力は残されていなかった。
「ありがとう。実に物分りのいい協力者を得ることができて私も心強い。
さて、詳しい話は別の場所でしようじゃないか」
 景山に促され信彦はマンションを出る。だが、彼の目にはもはや何も
映ってはいなかった。

「はぁ?男が女に、女が男になる魔法の薬だって?」
 夜の繁華街。その裏通りは表の通りと比べ極端に人通りが少なく後ろ
暗い人間達が集まる。その片隅で帽子を深く被りサングラスをかけた男
が高校生に液体の入った香水のビンのようなものを見せていた。
「そうだ・・・表には流通していない新薬だ」
「はっ、胡散臭え」
 高校生はあからさまに警戒した顔で鼻を鳴らす。
「信用のおけるところから手に入れた品だ。今なら格安で譲ってあげよう」
「ふんっ、胡散臭ぇ・・・・・・が、面白そうだ。洒落で買ってやるよ。いくらだ。」
『この新薬を一定数ばら撒いてくれればいい。モニターは我々が行う。
ノルマを達成できれば彼女に会わせてあげよう』
 男の脳裏にある男が言った言葉が浮かぶ。男は高校生から金を受け取
り薬を渡すと足早にその場を去っていった。






 ある2階建てのビルの2階、事務所らしき部屋に大量に置かれたダン
ボールの影に隠れるように設置された応客用のテーブルとソファに男と
女が座っていた。
「ふむ、香澄君が行方不明ですか・・・」
「はい・・・」
 男が何かを思い出すように首を傾げ目の前に座る悲痛な面持ちの女性
を観察する。
「こんなこと・・・今までなかったのに。警察に言っても相手にしても
らえなくて・・・」
「大学生くらいの男の子が失踪する、という事例はほとんどが家庭内に
問題がある家出とみなされてしまいますからね。まったく、僕がいた頃
と何も変わっていないのか」
 男が派手にため息をつく。女はハンカチで目じりを押さえると男にす
がりつくような視線を投げかけ口を開く。
「ですから・・・もう宗次お義兄さんしか頼れる人がいなくて」
「いや、他でもない静江さんの願いです。可能な限り手は尽くさせても
らいますよ。まだ駆け出しの開業すらこれからの探偵ですがね」
 男―木村宗次は弟の妻である木村静江にそう告げると力強く笑った。

                       ―To be Continued―
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます