「はぁふう・・お姉さま・・・」
ク○トリスが勃起している。弘美はこの敏感な突起を触らずに、いきなり秘部に中指を侵入させた。
「・・・すごく熱いわね・・・』
膣内の温度を確かめつつゆっくりと奥へいれていく。愛液で濡れた部分は指の侵入に僅かに抵抗する。
「・・・・んふぅう・・・ああああ〜ん」
弘美は指をゆっくり引き抜いた。
キュっと指に締め付けが感じられ、由香の両足が突っ張っていく。
「ああああん・・・はぁはぁ・・・・・」
快感に染まったのか、由香は両足がさらに広がる。
・・・・ニュプ!
弘美は引き抜いた指を割れ目にそってなぞり、由香の敏感な部分に触れる。
「ひゃぁ!」
再び、なぞって指を中にいれた。
「はぁ・・ふぅぅう・・・ああああん」
「由香・・・気持ちイイ?」
「あああん、・・気持ち・・・・いい・・・はぁはぁ・・」
「・・・じゃぁ、これも?」
弘美は指を抽送しながら、反対の手で由香の乳房をもみしだき、首筋を吸いつく。
その度に由香の体は痙攣しさらに喘ぎ声は高まっていく。
「・・・ああ〜ん・・・お、お姉さま・・イ、・・イク・・」
「由香、イキなさい。我慢しないでイクのよ」
弘美が言った直後に部屋に声が響いた。
暫くして指が引き出される。由香の愛液は弘美の手首まで濡らしていた。
由香はぐったりとしたが、その顔には上気した笑みがあった。



「随分気持ちよかったみたいね」
髪を撫でながら、弘美は由香の顔を覗き込む。
「あぅうう・・お姉さま・・・・・・」
「ふふ・・あたしも気持ちよくなろうかな。いいでしょ?」
「はぁはぁ・・はい・・」
由香はこくりと頷く。
弘美はTシャツを脱ぎ始める。
形の良い乳房が晒され、さらにショーツも脱いで一糸纏わぬ姿になると床に仰向けになった。
「お姉さま・・・」
光芒とした表情で弘美を見る由香はゆっくりと近づいた。
「由香・・・私を気持ちよくさせないと許さないわよ」
「あうう・・・お姉さま・・・・」
「クス!由香ったら・・・」
由香の気持ちを知っている弘美は少し悪戯心が芽生えていた。
由香は弘美に覆い被さると、その唇に強引にむしゃぶりついた。
「んん・・・おはぁねさま・・・・・」
「んん・・・ん・・・・」
由香は弘美から流れる唾液をまるで一滴も漏らさないように飲み干とともに、唇を繋げたまま、弘美の胸を揉んでいた。
さすがにこれは予想外だったのか、弘美は肩で息をしている。
「ん・・・ん・・・ふううん・・・・」
弘美の乳房はグニュグニュと形が変わる。
「・・・ぷは・・・」
二人の唇が離れる。
「もう・・強引ね」
「へへっ・・・お姉さま・・」
ちょっと舌を出しつつ、由香は弘美の下半身のほうに回るとゆっくりと両足を広げた。
弘美の可憐な秘部は逆らうことなくその部分を僅かに広げていく。



・・・・ピチャピチャ。
由香の舌が弘美の秘部を嘗める。最初はゆっくりと外側を攻めながら。
秘部はじっとりと濡れ始めていた。
「はぁう・・・あん・・いい・・・」
「ああ・・・お姉さまのア○コ・・・」
こんこんと湧き出る愛液に反応したのか、由香の舌は矛先を変える。
秘部とその近くのピンク色の突起に狙いを絞る。
「ひゃぁう・・・あぁああ・・・」
弘美の体が一瞬浮き上がる・・・快感が脳に達すると意識を縛られ、眠っていた貴章が目覚めた。
・・うひゃ!・・・・・・・な、なんだよ・・・・・はぁう・・・
突然の快感に意識が翻弄する。
・・・くっ・・そうだった・・・弘美に体を・・・
貴章は思った事を口に出す事は出来ないばかりか、目の前を意識していないにも
かかわらず見えてしまっていた。
今の貴章は弘美という肉体に閉じ込められているにすぎず、ただ黙って感じる以外なかったのだ。
「はぁああん・・・いい・・・はぁうああ」
由香の舌はゆっくりと突起を嘗めていく。
・・・・くっ・・こんなつもりは・・・・
貴章は体を動かそうと思っていても一切影響はしない。いやそれどころか流れてくる
強烈な快感に翻弄されるのを必死で抵抗するのが精一杯なのだ。



・・・・はぁはぁ・・・駄目だ、すげー感じる。由香ってこんなに舌が上手いのか・・・・
「はぁあん・・・ああぁあ・・・」
弘美の喘ぐ声が響く。由香は嘗めるのを止めるとそっと指を秘部に侵入させる。
弘美の肉体は男を受け入れる準備は整っているが弘美自身、今はその気はない。
だが、侵入した指には容易に噛み付いていく。
「ん・・すごい・・・お姉さまが締め付けてくる・・・」
挿入された指を膣はきつく絞め付けてくる。由香は指を第二関節までゆっくりと奥まで侵入させると指を折り曲げた。
指先にざらざらした感触・・・。
「ひゃぁん!・・・・由香・・・そこ・・・ぁあああん」
・・・くふっ!・・・・・
弘美の喘ぎ声が高まる。どうやら由香の指はGスポット・・・女性の膣内で一番感じる所に到達したらしい。
由香は指をゆっくりと抽送しはじめると、Gスポットに刺激を加える。
しとしとと濡れていた愛液が流れに変わりはじめた。
「ふふっ。・・・お姉さま・・すごく濡れてきていますね。気持ちいいでしょ?」
「はぁう・・・気持ちいい・・・はぁあああん・・あああ・・」
・・・・うはぁ!あぁあ・・すげー、こんなに気持ちよくなるなんて・・・あぁああ・・
何時の間にか貴章も状況を感じるまでになっていた。
光芒とした表情になっていく弘美を見た由香は抽送を早める。



「あぁああん・・・あああ・・あああ・・」
・・・・あぁああ・・・駄目・・・あああ・・・
「あぁああ・・・気持ちいい・・・ああぁあああ・・」
・・・・ああぁああ・・あぁぁあん・・・
今や弘美と貴章の意識は一つの体で感じる程、一体化していた。弘美が感じるのは
貴章も感じる・・・貴章は自分の意思で体は動かせないが溢れる快感にそんな事がどうでも良くなっていた。
暫くして弘美と貴章は絶頂を迎える・・・・。
「ああぁあああ・・・あああ・・・」
・・あああ・・・ああぁああああ・・・・
大きく反る体・・弘美はぐったりとしてしまった。貴章は意識が飛んでしまったのか
無言のままだ。
「はぁはぁ・・・ふふ・・由香・・」
「へへ・・・お姉さま・・・」
弘美は暫くして上体を起こすと由香の頭をそっと撫でた。
「もう一回しようか。」
「・・・・はい、お姉さま」
由香は再び体を弘美に覆い被さっていった。



「ううん・・・・」
貴章はゆっくりと目を開けると上体を起こした。どうやらいつのまにか寝室のベッドに寝ていたらしい。
横では由香がすやすやと眠っている。
「・・・・ん?俺の体・・・」
体は全裸ではなく、ちゃんとネグリジェに着替えている。
貴章は手を動かしてみた・・いつもの自分の・・男の手ではないが動く。
自分の体が元に戻った事を確認するとホッと肩をなで下す。
「・・・・元に戻ったのか・・・うへ!汗でベトベトじゃん」
由香を起こさないようにそっとベッドから降りると浴室に向かった。
・・・・シャーーーーー
ちょっと温めのお湯が全身に注ぐ・・・貴章が気持ちよさを実感していると。
『おはよう、貴章さん♪』
「弘美か・・・」
突然の弘美の声に貴章は顔を上げた。
『くふふ・・・大分疲れたようね』
「・・・・・昨日は遅くまでしていたみたいだな」
貴章自身あれから暫くして意識がもどっていた。
弘美と由香はあの後何度もお互いを触れ合い、嘗め合い、そして何度も指で絶頂になった。
貴章は男の時とはちがい何度も達することの出来る女の体の底知れぬ情欲に振り回されつつ、何時の間にか意識を失っていたのだ。
『ふふっ、昨日はご馳走さま』
「そうかよ。満足したみたいだな」
何故か嫌味を言いつつ、自分も一緒に感じていたわけだしお互い様と思っている。
「なぁ、また体を乗っ取るつもりか?」
『どうかしらね。気まぐれかも知れないけど・・・ふふふっ・・』
弘美の意識が消える・・・シャワーから出るお湯の音だけが浴室に響く。
「一体何だよ・・・俺は・・・・」
貴章は暫く声を上げず、ただ呆然とするだけであった。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます