タグ検索で2639件見つかりました。

吉川稔

大変にお久しぶりです。 クリスマス物でひとつ書いたので投下します。 ----  日付:12月23日  時刻:午後4時28分  天候:晴れ  気温:9℃  積雪:15cm  昨晩から今朝にかけて降り積もった雪が道という道に人類への挑戦のように摩擦係数を 軽減させる罠を張り、徒歩やその他移動手段による迅速かつ円滑な移動を阻害していた。  上り下り無数にある先人の足跡をなぞりながら、油断すれば即転倒という惨事に繋がる 地雷原のような道を男二人──田布施直哉(たぶせなおや)と吉川稔(よしか…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%b5%c8%c0%ee%cc%ad... - 2012年08月22日更新

長いこと中断していたTS法の続き

 今日は、俺の定めたルールによれば“要請”する日だった。  14人目。最後のひとり。──キヨハルの番。 ******  朝に自分の席に着いたと思ったら、授業はすべて終わって放課後になっていた。 時間だけが飛ばされたみたいに自分の席で我に返る。その間のことはよく思い出せなかった。 昼食を食べたのかどうなのかすらあやしい。  もう教室には俺のほかに誰もいなかった。長いこと放心していたようだ。  胸が高鳴っていた。正直なところ、俺は極度に緊張していた。と同時にこの後 するであろうことに期待も…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c4%b9%a4%a4%a4%b3%a4%... - 2012年08月21日更新

御子柴春樹2

 団長といえど生徒であるので競技には参加する。春香が参加することになっていたの は女子障害物競走、パン食い競争、女子騎馬戦、色別対抗リレーの四種目。  ただいま障害物競走の真っ最中。しかしながら問題も発生中だ。  春香のやつはいったいいつの間にこんなに成長してしまったんだ。おかげで俺は今、非 常に難儀している。成長はいい意味で取られるもんだが、今回ばかりは例外だ。  俺はうまく手足を扱うことができないでいた。手足の長さや重心が違うせいだ。自分の 体でありながら自分の体じゃないような感覚がまと…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%b8%e6%bb%d2%bc%c6%bd%... - 2012年01月28日更新

御子柴春樹

 さて、状況を整理しよう。  今日は9月の第二土曜日で休日。だが俺は学校にきている。なぜなら運動会があるか らだ。  台風も過ぎたばかりの秋晴れで、グラウンドの状態もいい。冷たい地面と風が各種目 の激戦で火照った体をクールダウンさせてくれる。たまにはこうやって直接地面に腰を 下ろすのもいいもんだ。はいてるものが多少汚れようと、今日ばかりは気にするやつは いない。それがたとえブルマであってもだ。  たとえそれを俺がはいていようともだ。  そう『俺』が。 「やっぱり帰る」 「それは許可でき…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%b8%e6%bb%d2%bc%c6%bd%... - 2011年09月28日更新

米国製SETSUBUNセット:楠木未晴

俺は鬼になった。 頭には二本のツノが生え、八重歯が発達し、虎の毛皮(これは後付)をまとっている、 鬼門の方角──艮(うしとら)の名を体現した姿。  今日は2月3日──節分。  節分には鬼が必要だ。絶対というわけではないが、あるならあるに越したことはない。 それに日本人だから豆をぶつける対象をほしがる理由はわかる。 「だからって女にすることはないだろうが!」  ただ問題なのは、俺が女になってしまったということだ。前後の繋がりも理由もまっ たく全然ひとつも見えてこない。 視線を落とすだけ…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%ca%c6%b9%f1%c0%bdSETS... - 2011年09月25日更新

半田陽4

朝から空は雲も少なく青く晴れ渡っていた。 台風が近づいてきているという話だけど、まだ風もゆるく遊ぶ分には何の問題もない。それにずっと屋内にいることになるだろうし、帰り道の時に悪化しなければいい。 顔を洗って部屋に戻り、着替えを済まそうと──あれ? 「母さん、ブラジ…………下着の上が一着もないんだけど、どこにあるか知らない?」 「洗濯中よ。ついでだと思って一気に洗っちゃった。でも、一着だけ残っていたでしょ?」 「だから一着も…………あ」 言われて思い出した。確かにあることはある。妖刀村正のように…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c8%be%c5%c4%cd%db4... - 2011年09月25日更新

半田陽3

女子更衣室。 男子なら誰しもが憧れ夢見る(と思う)女の花園。 女子トイレと双頭をなす禁断の地。 それに入れて、しかも『中身入り』なのだから本当なら喜ぶべきことなのだろう。けど、そんな気にはどうしてもなれない。 向こうが門扉を開け放って誘っているのだ。何か裏があってもおかしくない。タダより高いものはないのだから。それか孔明の罠。 「あの、やっぱり」 回れ右をしたら単ちゃんが物凄い笑顔で立ち塞がっていた。どす黒いオーラの中に不動明王が見えるのは気のせいだろうか。 逃げ道は塞がれ、残った道は扉の向…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c8%be%c5%c4%cd%db3... - 2011年09月24日更新

半田陽2

『ぼく』が軽い挨拶のつもりなのか右手を上げてみせた。 ぼくは買い物カゴを床に放り投げていた。『ぼく』だけを見たまま、走る。 巡ってきたチャンス。元に戻るための答えが手の届くところまできている。 距離はおよそ20メートル。 一心に『ぼく』捕まえることだけを思う。逃がさない。絶対に! 『ぼく』はまだエスカレーターの前に立って余裕げにこっちを見ていた。 (いける!) 聞き出す。何をしてでも。何があっても。 あと10メートル。 依然『ぼく』は動かない。 あと5メートル。 ぼくに向き直る。…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c8%be%c5%c4%cd%db2... - 2011年09月24日更新

半田陽

目の前に『ぼく』がいた。 そいつはまるで合わせ鏡のようにぼくそっくりで、ぼくが右手を上げればそいつもまた左手を上げるんじゃないかと思うほど精巧で精密だった。 いつもぼくが鏡越しに見ている顔──他人からの評価なら『中性的』、ぼく自身の分析なら男にも女にもとれるどっちつかずで中途半端──がそこにある。 「誰?」 2メートルほどを挟んで問いかける。 「誰だって? それはもちろんぼくだよ。半田陽(はんだよう)さ」 ぼくの声でそう告げる。それは紛れもなくぼくの名前だった。 実は双子でふざけてぼくの名前…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c8%be%c5%c4%cd%db... - 2011年09月23日更新

(・(エ)・)ノ(1) (´(工)`)ノ(1) 124(2) 132(1) 167(1) 171(1) 179(1) 188(1) 24-367(3) 246(1) 263(9) 301(1) 302(1) 315(2) 317(3) 367(1) 380(36) 385(1) 413(8) 416(1) 420(1) 444(1) 446(1) 448(1) 45(1) 469(1) 47(1) 532(7) 558(1) 560=ゴロー(1) 564(1) 588(3) 619(1) 646(1) 655(1) 663(1) 723(1) 751(1) 792(1) 8080(1) 854(1) 855(1) 86(1) 866(1) 872(1) 898(1) aocm(1) dqn厨(1) fictionmania(1) fool(1) glay(6) hiroshi(27) io(1) jkbgakjtaot(1) mc103(1) mc103◆wicjrpzdcc(1) paer12(1) part1(7) part10(20) part11(16) part12(13) part13(15) part14(19) part15(7) part16(8) part17(4) part18(15) part19(15) part2(3) part20(13) part21(7) part22(16) part23(11) part24(17) part25(13) part26(13) part27(13) part28(11) part29(10) part3(6) part30(12) part31(10) part32(8) part33(6) part34(19) part35(8) part36(14) part37(9) part38(12) part39(20) part4(5) part40(20) part41(15) part42(16) part43(14) part44(9) part45(19) part46(9) part47(20) part48(21) part5(5) part6(6) part7(8) part8(10) part9(19) psrt8(1) q(1) the(1) warlord(2) wd(5) zh-ns(8) ナンカエロガカケナイ(1) ゚д゚)ーン(4) 【僕オマエ】(2) 【僕オマエ】作者(2) ◆1uelqsdp6u(2) ◆2ssnzube2w(1) ◆3h6k3h2lvm(7) ◆47uspf5jsy(2) ◆6l0hq6z.w(1) ◆7cj3xauuc(7) ◆a4r0lae0rq(2) ◆acinmi6dxs(5) ◆ajrkabbu(1) ◆bzzxyfar96(1) ◆cw8i9jdrzy(2) ◆ehy060jy(3) ◆f8eybrtr4y(1) ◆fweqm5tukg(1) ◆g7gufjxh4s(1) ◆gme20m7lfkw(1) ◆h81saxjm(1) ◆hgirroid6v(1) ◆ht3xyeg5ru(1) ◆hwumzbpjkxyq(1) ◆iearcadiak(2) ◆j2pewq3eg.(1) ◆j2vh1nlp4m(1) ◆j3xsfccm2g(1) ◆jddin6j6s(1) ◆kd.2f.1ckc(1) ◆kvuad3yybq(1) ◆ltcvx8ciak(1) ◆ltq.hnuzze(1) ◆lvzfh15u2a(2) ◆mfl6ehr6dm(1) ◆ozhwihhfjq(2) ◆p6hwjpi5g(1) ◆p6rabdkis2(2) ◆petoris7yu(11) ◆pkehy060jy(36) ◆qz5rpc4.gu(1) ◆rkpgikyuwy(3) ◆tpk5r1h7ng(3) ◆uypvv9xeko(2) ◆vjepoephsa(5) ◆vpkhzou04y(5) ◆vzght4vg(2) ◆wicjrpzdcc(1) ◆y.43p63hra(8) ◆ybggwzxzam(6) ◆yboxy7mr9e(16) ◆yjjpz5txi8jk(1) ◆ymwswnmza6(5) ◆yplfsh7bjk(1) ◆z7uecnquy(1) akanesora(1) wd(4) yu−ko(1) うらら(1) えて(1) おまけ(1) きつねこ(1) しぎ(11) じゃあ俺様がネタ落として寝る(1) でんでん(3) とごター((4) はこ(1) ひよこっこ(1) ふう@ピンキー(8) ほんだし(2) ぽぽん(2) みかんねこ(1) めんたい(1) ようもの(1) らび(1) アハハハ(1) エイズメアリー(1) エロは書けません。(1) カニメザウルス(1) コロコロン(2) ゴロー(5) ステテコ女王(1) ズロース公爵(2) タコシチュー(1) ネクロマンサー(2) プリン(6) ボブ富井(2) ユサ(1) ロータス123(1) 夏祭りの原稿仕上げながら書いた(1) 鬼怒川(1) 偽者(4) 京丸@ピンキー(22) (9) (1) 前スレ855改め月(1) 奈落(3) 乳無しさん(1) 乳無しさん@ピンキー(5) 能面@(2) 能面@ピンキー(1) 某板805(3) 翻訳(5) 麻生(1) 麻生◆6l0hq6z.w(1) 竜巫女の人(1)

管理人/副管理人のみ編集できます