タグ検索でpart4720件見つかりました。

密室

ガチャッ ドアが動く音が聞こえ、俺はベッドから慌てて起き上がった。 そしてドアを開けた白衣の人物に体当たりをしようとした。……が、サングラスをした黒服の男が目の前に立ちはだかると突進する俺の脚を払い、その場で転倒させると俺の腕を捻り上げた。 「いってぇぇぇっ、またお前かよっ!!」 黒服の男には見覚えがあった。バイトに向かう途中の路上で突然俺の鳩尾に強烈な一撃をくらわせた男だった。 俺はその場で気絶し、気がつくとベッドと便器以外は何もない部屋に閉じ込められていた。 「くっそーっ、なんで俺にこん…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%cc%a9%bc%bc... - 2013年09月16日更新

ペナルティ

女性化アイテムのネタを思いついたので一本書きました。 設定ありきの小話ですが。 ---- 「お願いです……お願いですから、ブラジャーを返して下さい……!」  僕は跪き、むくむくと膨らむ両胸を手で押さえながら、上目遣いで懇願した。 「ダメよ。これはペナルティなんだから。お客様に対する言葉遣いがなってないし、歩き方もまだがさつ。もう少し女の子らしくなってもらいますからね」  僕のブラジャーを取り上げた先輩は、そう言って冷たく僕を見下ろした。  あるレストランのウェイトレスのアルバイト。  募…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%a5%da%a5%ca%a5%eb%a5%... - 2013年09月16日更新

魔女モノ

自分も勢いで魔女モノを書いてしまった このジャンルははじめてなので、ちゃんと『強制』になっているか心配 ---- 深い森を抜け、険しい岩山を超え、魔物が巣食う砦を突破し、 勇者チェンバレンはとうとう王国を脅かす魔女の前へとたどり着いた。 角度によってさまざまなきらめきを見せる艶やかな黒いドレス、 胸元には血よりも赤い宝石が埋め込まれたネックレス。 そして禍々しい意匠が施された杖を持つ絶世の美女は、 護衛の魔物がすべて退治されたにもかかわらず不敵に、そして妖艶に微笑んでいた。 「ようこそ…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%cb%e2%bd%f7%a5%e2%a5%... - 2013年09月16日更新

思いつきで書いた

「天に代わりて不義を討つ!覚悟しろ!」  クレイモアを掲げた剣士の怒号がホールに響いた。  幾多の返り血を浴びた甲冑に白銀の輝きは無く、神の加護を得た兜の飾りは折れ失われている。  ホールに残る数多の死体は、彼が切り倒した魔女の手先の遣い魔たち。  そして、ここまで彼と共にやって来た仲間達。今まさに最終決戦の結末が訪れようとしている。 「若い男の滾る姿はいつ見ても良いもんだねぇ」  妖艶に笑う魔女の口元に笑みがこぼれる。齢500歳とも600歳とも聞く夢幻の女王。  この地域に災厄をもたらし続…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%bb%d7%a4%a4%a4%c4%a4%... - 2013年09月16日更新

TS萌えな彼女

 彼女の小さな肩に左手を添え、右手をその細い腰に回した。  小柄で華奢に見えながら、骨がないのではないかと思えるほどの柔らかな感触は、グラマーな肉つきのなせる業だ。  そのまま引き寄せ、抱きしめる。  胸板に、彼女の大きな膨らみがつぶれる感触。  たっぷりとした重みと弾力に、ごくりと喉を鳴らす。  そして顔を近づけ、互いの唇を重ね――  違和感。彼女と顔の高さが同じだ。彼女は僕より10センチ近く背が低かったはず――? 「ん……? あれ? 先輩?」  彼女も気づいたらしく、首をかしげる。 …

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%a3%d4%a3%d3%cb%a8%a4%... - 2013年09月16日更新

駅前の肉便器

まとめサイトみたいな文体注意 ---- 中学三年生の甥っ子が、駅前に設置されてた肉便器を壊した。 義実家&義弟から、県の衛生課に勤めてるんだから 何とか示談になる様に口利きをって話が来たけど、出来るわけが無い。 肉便器は確かに人権が停止されてるけど、それって公共の所有物として扱うため。 つまり、肉便器を壊すのはパトカーや消防車を壊すのと同じ。 安全&快適に使えるために血税が注がれてる訳で、 壊したりなんかしたら実は人間にケガさせるよりも面倒くさい事になる。 それを伝えたら、高校受験も近…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%b1%d8%c1%b0%a4%ce%c6%... - 2013年09月16日更新

埋め込まれて

怖い夢……を、見たような気がする。 どんな内容の夢だったか……全然憶えていない。 時計の針は目覚まし予定の10分前を指していた。 (今からじゃ寝なおすこともできないな) 寝ぼけた頭でそんなことを考えながらベッドから身を起こす。 下着を手にして浴室へと向かう。 ワンルームマンションの一室であるこの部屋は浴槽の隣にトイレがある。 俺は用を足すために便器の蓋を上げ…… 「あれ? つかめない?」 いつもならつかみ損ねるなんてことはないのだが…… パジャマのズボンと一緒にトランクスを膝まで下ろ…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%cb%e4%a4%e1%b9%fe%a4%... - 2013年09月16日更新

なんとなく思いつき

ポリタンクより一回り大きな強化アクリルで作られた水槽の真ん中あたり。 漂うようにして浮いている白っぽい塊に目が釘付けになっている。 挽肉状になったタンパク質のコロニーから生えている『それ』は、水にふやけたかのように白かった。 「教授。これ、なんですか?」 まだ若い・・・・若すぎる研究員がやや汚れた眼鏡越しに眺めているのだけど。 「女性器だよ、女性器。マンコじゃ」 分厚い資料の山を抱えて研究室へ戻ってきた教授は、まるで良く質問してくれた!と言わんばかりだ。 「マンコって・・・・教授?気は平気で…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%a4%ca%a4%f3%a4%c8%a4%... - 2013年09月16日更新

おっぱいプリン〜幼馴染みと一緒編

 プールの授業が終わりに近づき、自由時間を告げられた。  好きなように泳ぎだしたり、プールサイドに上がっておしゃべりしだしたり。  そんな中、僕はプールの中に立ったまま、じっと見つめていた。  クラスのみんなが水着に着替えるプールの授業。生徒だけでなく、先生もだ。  僕はプールサイドを歩きながら生徒を見ているミチコ先生の胸を、必死に目に焼き付けようとしていた。  夏ももうすぐ終わり、プールの授業もなくなる。  そうなれば、ミチコ先生の水着姿――あの大きな胸がはっきりと浮き出る水着姿が、見納めで…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%a4%aa%a4%c3%a4%d1%a4%... - 2013年09月16日更新

小ネタ2

そろそろ男の成分返してくれないか?もうさすがに疲れてきた…。 「何言ってんのよ〜まだ二週間でしょ?あたしの借金踏み倒したんだからこれぐらい頑張らないと」 そうは言ってももう五十回は着替えたぞ…?そろそろ写真集作れる頃だろ… 「バカね〜。あれで終わりとか思ってるの?今の、あと三回はやって貰うわよ」 マジっすか…?(そろそろ俺の羞恥心と体力が底をつきそうなんだが…) 「エラく大マジですけどなんか文句あんの?あたしの人生台無しにしかけた癖に…」 だからあれは俺がやった事じゃないってのにっ…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%be%ae%a5%cd%a5%bf%a3%... - 2013年09月16日更新

古いサキュバスの身体に入れられて

 ここは冷たい祠の牢獄……  重厚な石積みの塔の中は、どこまで行っても出口の無い迷宮だった。今日も少女たちの嬌声が漏れる玄室。粗末な 寝台の上で声も嗄れるほどに叫ぶ少女が一人。身を捩り、声を嗄らし、突き抜ける快感に涙を流しながら悶えている。     ―― さぁ もっと叫んで もっと喚いて もっと もっと  冷たい石の張型を突き刺され、様々に捩られながら、少女は悶え続けている。出口の無い塔の中でたった一つの救い を求めて少女を攻め続けるその……攻め手もまた可憐な少女の姿をしている。豊満な膨らみを…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%b8%c5%a4%a4%a5%b5%a5%... - 2013年09月16日更新

TSV-BH

初カキコですが、8レスほどおつきあいください。 ・エロシーンは#2と#5〜8です。 ・表立ったTSシーンは#3。以降、#5〜7くらい? ・レイプもの苦手な人は、TSV-BHをあぼーんしてください。 ( `・∀・´)ノヨロシク ---- 「事故だ!」 僕は自転車を急がせた。 ここは田舎の県道で、数年前にバイパスができて以来この時間でも交通量はほとんどない。あたりには民家もなく、僕が通りかからなければあの事故の発見は30分は遅れていただろう。 辿り着いてみると、カーブを曲がり損ねたら…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/TSV%2dBH... - 2013年09月16日更新

出産経験

「ハァハァ、ゼェハァ」 すっかり日も暮れた雑木林の中、息も絶え絶えに一人の男の子が石段を登ってきた 手には懐中電灯を持ち、神社の境内を確認しながら賽銭箱に近づく 街からそう離れていないこの神社、都市開発から取り残され、すでに訪れる人はいない いるとすればこの男の子のような「肝試しの舞台」として、だった 男の子の目的は賽銭箱の上の置かれた彼の携帯電話 これを持ち帰るのが男の子のミッション 「あぁ、あったぁ」 昼間のうちに悪友が仕掛けていったもの 男の子はこのようなイジメにほど近い悪ふざけを…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%bd%d0%bb%ba%b7%d0%b8%... - 2013年09月16日更新

性転症

性転症 僕らの住んでいる町では性転症ってのが流行っているらしく、 僕らの通う小学校でも5、6年生を対象にした予防接種が行われた。 性転症は簡単に説明すれば男が女、女が男になってしまうもので、 予防接種を受けたから大丈夫と思っていたけど、 翌日、急に具合が悪くなったから休む事にし、 しばらく寝ていたら、僕のおちんちんが無くなちゃった。 僕以外にも予防接種を受ける前に感染していたのがいて、 皆、それぞれ、入院したりとか、転校すべきか悩んだりしたらしい。 それから数年後、教育実習生として…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c0%ad%c5%be%be%c9... - 2013年09月16日更新

嘘話

(注意) ・3ヶ月も前の、part45 『偽話』とつながってます ・本編中に女性化そのものの描写なし ・掲示板の書き込みみたいな文体 ・おねショタ ---- 近所の小学生の筆下ろしした。 覚えてる奴いるかな。しばらく前にウチの地方の奇妙な風習書いた、 男子中学生から女子高生になった奴だ。 ウチの地方にはヘンな風習があって、 小学校高学年になると近所のお姉さんに「オヘコの祝い」って筆卸しをしてもらえる。 ただしそれは、15才から16才くらいになるとこの辺りの男の子は女になっちゃう…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%b1%b3%cf%c3... - 2013年09月16日更新

男の娘喫茶?

 やれやれ、やっとお昼休みか。  せっかくの文化祭なのに楽しむ余裕もない。  よりにもよって我がクラスの出し物は「男の娘喫茶」。  クラスの可愛い系の男子を女装させてウェイトレスをするという、正気を疑うようなモノだった。  まぁ、女装したクラスメイトの何人かはなかなか似合っていた。俺にそっちの気は断じてないが。  ところが、ウェイトレスたちの顔ぶれを見ていた委員長が突然、 「巨乳分が足りない!」  だのと言い出した。  足りないも何も、あるわけがない。だからこその「男の娘喫茶」である。 …

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c3%cb%a4%ce%cc%bc%b5%... - 2013年09月16日更新

医療ミス系のお話4

 ???日目 「ヒュー! こんな可愛い娘 本当に良いのか?」  禿げきって脂の浮いた頭をテカテカとさせてるおじさんが驚いている。  ほぼ透けて見える真っ赤なベヴィードールだけを着せられてベッドの上に座っている。  どこか魂の抜けたような表情が窓に写っている…… 「ちょっと抜けてる子だから可愛がってあげてね」  おじさんから幾枚かの紙幣を受け取ってねぇさまは立ち去った。  廊下の左右にあった小さな部屋の一つが今の私の全て。    もう何日経ったんだろう……  お母さん帰ってきた…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%b0%e5%ce%c5%a5%df%a5%... - 2013年09月16日更新

副作用

副作用 ある博士が若返りの薬の開発に取り組んでいたのだが、 「つい完成だ、では早速試してみよう」 博士が毒々しい色をした薬品を飲む干すと、 「あ、熱い」 あまりの熱さに白衣を脱ぎ捨て服のボタンも外して、 ベルトを緩めてズボンを脱ごうとするのだが、 「体じゅうが押し潰されそうな感じが・・・」 博士はそのまま意識を失ってしまった。 「どうも違和感あるな」 目を覚ました博士がふと鏡を見ると、 「こ、これは?」 博士は見事に若返りました。ただし、女として。 …

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c9%fb%ba%ee%cd%d1... - 2013年09月16日更新

性転換療法

性転換療法 熱烈な恋愛の末、結婚した治憲と佳菜だったが、 「なるほど、最近、妻との仲が上手くいっていないって事か」 「一体どうすれば」 同僚の幸弘に相談すると、あるしせつの資料を見せられ、 「僕も結婚する前だけど、妻と一緒に行った事があって」 幸弘に渡された資料を手に帰宅すると、佳菜が、 「ねえ、私達のこれからの事なんだけど」 結婚して10年近くになるが、なかなか子供に恵まれず、 その事に子供好きの佳菜は苛立ちを感じているのだが、 「友達がね、そのチラシ・・・」 佳菜が治憲の持っ…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c0%ad%c5%be%b4%b9%ce%... - 2013年09月16日更新

性転の儀式

性転の儀式 小野田明俊は成績優秀で、頼れる先輩として後輩達にも慕われているが、 裏では佐野光恵という彼女がいながら複数の女子と性的な関係を持ち、 そんな彼女達の中には明俊の本性を知って、 密かに彼への復讐のために結束を固めていた。 「あとはどうやってアイツを懲らしめるかよね」 早瀬真美は皆に意見を求めるが、 「どうすれば良いかな」 「肝心の事が決まってないのよ」 思うように意見が出ない中、北条弥生が、 「これなんかどうかしら?」 皆に呼んでいた本の1ページを見せると、 「何が書…

https://seesaawiki.jp/tsf/d/%c0%ad%c5%be%a4%ce%b5%... - 2013年09月16日更新

(・(エ)・)ノ(1) (´(工)`)ノ(1) 124(2) 132(1) 167(1) 171(1) 179(1) 188(1) 24-367(3) 246(1) 263(9) 301(1) 302(1) 315(2) 317(3) 367(1) 380(36) 385(1) 413(8) 416(1) 420(1) 444(1) 446(1) 448(1) 45(1) 469(1) 47(1) 532(7) 558(1) 560=ゴロー(1) 564(1) 588(3) 619(1) 646(1) 655(1) 663(1) 723(1) 751(1) 792(1) 8080(1) 854(1) 855(1) 86(1) 866(1) 872(1) 898(1) aocm(1) dqn厨(1) fictionmania(1) fool(1) glay(6) hiroshi(27) io(1) jkbgakjtaot(1) mc103(1) mc103◆wicjrpzdcc(1) paer12(1) part1(7) part10(20) part11(16) part12(13) part13(15) part14(19) part15(7) part16(8) part17(4) part18(15) part19(15) part2(3) part20(13) part21(7) part22(16) part23(11) part24(17) part25(13) part26(13) part27(13) part28(11) part29(10) part3(6) part30(12) part31(10) part32(8) part33(6) part34(19) part35(8) part36(14) part37(9) part38(12) part39(20) part4(5) part40(20) part41(15) part42(16) part43(14) part44(9) part45(19) part46(9) part47(20) part48(21) part5(5) part6(6) part7(8) part8(10) part9(19) psrt8(1) q(1) the(1) warlord(2) wd(5) zh-ns(8) ナンカエロガカケナイ(1) ゚д゚)ーン(4) 【僕オマエ】(2) 【僕オマエ】作者(2) ◆1uelqsdp6u(2) ◆2ssnzube2w(1) ◆3h6k3h2lvm(7) ◆47uspf5jsy(2) ◆6l0hq6z.w(1) ◆7cj3xauuc(7) ◆a4r0lae0rq(2) ◆acinmi6dxs(5) ◆ajrkabbu(1) ◆bzzxyfar96(1) ◆cw8i9jdrzy(2) ◆ehy060jy(3) ◆f8eybrtr4y(1) ◆fweqm5tukg(1) ◆g7gufjxh4s(1) ◆gme20m7lfkw(1) ◆h81saxjm(1) ◆hgirroid6v(1) ◆ht3xyeg5ru(1) ◆hwumzbpjkxyq(1) ◆iearcadiak(2) ◆j2pewq3eg.(1) ◆j2vh1nlp4m(1) ◆j3xsfccm2g(1) ◆jddin6j6s(1) ◆kd.2f.1ckc(1) ◆kvuad3yybq(1) ◆ltcvx8ciak(1) ◆ltq.hnuzze(1) ◆lvzfh15u2a(2) ◆mfl6ehr6dm(1) ◆ozhwihhfjq(2) ◆p6hwjpi5g(1) ◆p6rabdkis2(2) ◆petoris7yu(11) ◆pkehy060jy(36) ◆qz5rpc4.gu(1) ◆rkpgikyuwy(3) ◆tpk5r1h7ng(3) ◆uypvv9xeko(2) ◆vjepoephsa(5) ◆vpkhzou04y(5) ◆vzght4vg(2) ◆wicjrpzdcc(1) ◆y.43p63hra(8) ◆ybggwzxzam(6) ◆yboxy7mr9e(16) ◆yjjpz5txi8jk(1) ◆ymwswnmza6(5) ◆yplfsh7bjk(1) ◆z7uecnquy(1) akanesora(1) wd(4) yu−ko(1) うらら(1) えて(1) おまけ(1) きつねこ(1) しぎ(11) じゃあ俺様がネタ落として寝る(1) でんでん(3) とごター((4) はこ(1) ひよこっこ(1) ふう@ピンキー(8) ほんだし(2) ぽぽん(2) みかんねこ(1) めんたい(1) ようもの(1) らび(1) アハハハ(1) エイズメアリー(1) エロは書けません。(1) カニメザウルス(1) コロコロン(2) ゴロー(5) ステテコ女王(1) ズロース公爵(2) タコシチュー(1) ネクロマンサー(2) プリン(6) ボブ富井(2) ユサ(1) ロータス123(1) 夏祭りの原稿仕上げながら書いた(1) 鬼怒川(1) 偽者(4) 京丸@ピンキー(22) (9) (1) 前スレ855改め月(1) 奈落(3) 乳無しさん(1) 乳無しさん@ピンキー(5) 能面@(2) 能面@ピンキー(1) 某板805(3) 翻訳(5) 麻生(1) 麻生◆6l0hq6z.w(1) 竜巫女の人(1)

管理人/副管理人のみ編集できます