性的な表現を含む体験談などの文章を紹介するWikiです

最新情報→本館参照
性的表現を含むテクスト案内所(本館)−追憶の日々(優しく導かれて、大学の研究室の後輩と初めての体験)


テクスト冒頭部分

ふと昔が懐かしくなり私の初体験を投稿しようと思いました。ここの他の方ほどドラマチックなものではありませんが、お時間のある方は読んでいただけたら幸いです。初めての投稿なので駄文となるかもしれませんがお許しください。当時の私は大学院に在籍しており、相手は研究室に配属された大学4年のYさんでした。私とYさんは共に1人暮らしをしていました。Yさんは、背は高めでスレンダーなタイプの人で、特別に綺麗とか可愛いというタイプではありませんでしたが、非常に性格が良くて人懐っこいためか告白されることが度々あったようです。しかし、Yさんには別の学校に彼氏がおり全て断っていたようです。私はYさんの1年先輩あたり勉強についての質問をよくされて、それに答えているうちに徐々に打ち解けて話せるようになっていきました。私は性格的に無口な方でしたし、容姿は普通ぐらいだろうと思っていますが、過去に誰とも付き合ったことも無く、保育園の時に仲良かった子とキス(ほっぺ)したことがあっただけでしたので、勉強を教えているときにYさんとの距離が非常に近いだけで表面上は平静を装っていますが、内心はとても緊張していました。当時の私は女性と話すときに緊張のため冷静な口調で話しをすることが多く、Yさんにはその冷静さが信頼できるととらえられたのか判りませんが、徐々に勉強以外の相談も持ちかけられるようになりました。大学でのこと、彼氏とのこと、その中でひとつだけ、とてもつらいけど聞いて欲しいことがあるといわれました。その内容は、研究室に配属されている男に1度、無理やり犯されたことがあるという、当時童貞だった私には非常に衝撃的な内容でした。Yさんは悔しさからか泣きながらそのときのことを話し、私は優しい言葉をかけてあげる事しか出来ませんでした…。でも、そんな辛い事を話してくれるほど信頼してくれているのがとても嬉しかったです。その事を聞いた次の日の夜にYさんから電話がかかってきて、「勉強でどうしても解らないところがあるから今から教えて欲しい」と言われ、今から私のうちに行くから教えて欲しいといわれました。私は、夜道を歩かせるのはわるいと思い「どうしても電話じゃ駄目で、部屋に行って構わないなら俺が今から行くよ」といい、2駅離れたYさんのアパートに行きました。(駅まで迎えに来てもらった)女の子の部屋に夜に、しかも1人で行くなど、緊張のしっぱ
 

ピックアップフレーズ

 

Ads

 
 
Amazon
 
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

管理人/副管理人のみ編集できます