性的な表現を含む体験談などの文章を紹介するWikiです

 
最新情報→本館参照
性的表現を含むテクスト案内所(本館)−美樹(ゼミの可愛い処女の子とカラオケがきっかけで付き合うことに)
 

テクスト冒頭部分

簡単にスペック記しときます私フツメン…だと思います当時童貞身長は高めやや細め美樹かなり可愛いです、菅野美穂に似てる165cmくらいで細い処女でした私と美樹が付き合い始めたのは、大学での生活にも慣れてきた六月のことでした。ゼミの中でもなんとなく仲のいいグループのようなものができてきて、7、8人でカラオケに行って少し遅めの親睦会のようなものをやったんです。私は80年代の終わりごろの歌が好きで少しみんなとは毛色の違う歌を歌ってたんですが、どうも美樹の趣味もその辺りだったみたいでデュエットしたりしてました。私は女の子と付き合ったこともなくてよくあるシャイな純情ボーイだったのですが、その時は浮つく気持ちを抑えることもなく調子に乗ってはしゃいでました。美樹は私の歌がかなり気に入ってくれたらしく(カラオケには自信あります!)歌ってるところをデジカメで撮影したりして、もう完全に浮かれてしまって気を引こうと必死に色んな話をしてましたね。んで、肝心の美樹の歌なんですがこれが異様に上手かったです。女の人の歌って個性を出すのが難しい(と勝手に思っている)んですが、美樹の歌は声からしてレベルが違いました・・・。素で「まじでうまいな」と褒めると「いやー○○君に比べればぜんぜん」とか言って照れてました。恥ずかしいやり取りです。その後は飲みに行き、美樹も私もテニス部だったので共通の話題も多く結局二人で盛り上がってしまい、11時を回って終電組(私含む。美樹は一人暮らしです)の帰宅に合わせてお開きになる頃にはすっかり打ち解けてました。三十分ほど電車に揺られ家に帰ってから携帯を見てみるとちょうど美樹からメール。「家ついたかな?今日は楽しかったねー、なんか二人で盛り上がってばっかりでめっちゃ空気読めてなかった笑」みたいな感じで、「俺も今同じこと考えてた笑でも○○(美樹の苗字です)と話できて凄く楽しかったよ」と、当時の私としては精一杯気を利かせたメールを返しました。んで、どきどきしながら返信待ってたんですが「うん私も。今度またどっか遊びにいこうね」てな感じのもので、明らかに社交辞令ですがそれでも十分嬉しかったですね。それからはほとんど毎日学校で美樹に会って、色んな話をしました。美樹は一人暮らしを始めてからインテリアに凝ってること、学生らしく単位のことetc。結構同じ講義を選択してて、必修の講義以外にも一緒に
 

ピックアップフレーズ

 

Ads

 
 
Amazon
 
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

管理人/副管理人のみ編集できます