性的な表現を含む体験談などの文章を紹介するWikiです

テクスト冒頭部分

30歳童貞の俺が部下の21歳の女の子と出張に行ったときのエッチな体験談。俺は、小さな商社で営業課長をやっている30歳。仕事はそこそこで出世も早かったけど、未だに彼女居ない暦30年の童貞。悔しいが、未だにこの年で、ビデオや本、想像で毎日抜いている。ずっと男しか居ない会社だったが、今年初めて新卒の女子社員が入った。短大卒でまだ21歳の優菜ちゃんと言う子で、小柄で童顔の明るい子だった。一応、俺の直属の部下という事になり、コピー取りから、営業のサポートまで、いつも一緒に行動する事が多かった。営業車で2人きりで乗っていると、真面目に仕事の話をしながらも、俺は溜まっている時は、優菜ちゃんの白いうなじや、パンストの足に目が行き、半立ち状態だった。入社して半年ほど経ったある日、久しぶりに地方出張の取引が入り、泊まりで行く事になったが、資料の整理など、サポートが必要な為、優菜ちゃんを連れて行く事になった。二人で新幹線に乗り、某地方都市へやって来た。午後から取引の為、商談をすぐにこなし、無事仕事も終わり、宿泊先のビジネスホテルに向かった。「久しぶりに、大きな商談で、疲れたかい?」「ええ、でも課長の営業力はすごいなって、見ていて感激しちゃいました」ビジネスホテルに無事に着くと、なんと大きなトラブルが発生した。シングルの部屋を2つ予約したのだが、なんと、ホテルの手違いでツインの部屋がひとつしか予約されていなかったのだ。他の部屋は全て予約でいっぱいである。「まいったな、、他のビジネスホテルを探してみるか、、今から取れるかなあ」優菜ちゃんはしばらく黙っていたが、「いいですよ。同じ部屋で。今から予約するのも面倒ですよね」「えっ、、いいの?本当に」二人で、ツインの部屋に泊まることになり、俺はドキドキしてきた。実は、ここの所残業で忙しく、5日も抜いていない。ホテルの部屋で、エロビデオを見ながら、抜こうと思っていたのだ。かなり溜まっていたので、同じ部屋に泊まるという事だけで半立ちだった。部屋に入り、荷物を置き、外に食事に出ることになった。近くの居酒屋に入り、飲みながら食事をした。普通に仕事や会社の話から、世間話までしていたが、アルコールが進むごとに疲れているせいか酔いが回り、しだいにプライベートな話にもなってきた。「課長は、彼女とか、好きな人いるんですか?」「俺は、今は居ないよ」さすがに彼女居ない暦3
 

続きはリンク先で

 

ピックアップフレーズ

 

Ads

 
 
Amazon
 
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

管理人/副管理人のみ編集できます