マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.622 アマゾネス軍団
※ 名前はDVDパッケージ裏の解説より

登場作品基本情報

「サンダーアーム 龍兄虎弟」

映画

 ジャッキー・チェン監督/フォーチュンスター/1986年

登場シーン詳細情報

映画

 1時間20分過ぎに登場。

外見

 胸元が開いたレオタード姿の筋肉質な女性たち。全員がアフロヘアでハイヒールを履いている。

概要

 アジアの鷹の異名を取る探検家ジャッキーを主人公とするアクション映画。主人公の名前から分かるように、ジャッキー・チェン主演のアクション活劇。ジャッキーは邪教集団に浚われた女性・ローラを救うため(+宝を手に入れるため)、教団の砦へと乗り込んでいく。

 アマゾネス軍団は物語の終盤に登場する女性4人組。主人公は物語のクライマックスで教団の砦に侵入し、敵を倒しながら最深部らしき場所にある祭壇にたどり着く。するとそこに教団の教祖が現れるが、彼が引き連れていたのがアマゾネス軍団である。

 教団長の言葉によれば厳しい訓練に耐え抜いた”殺しの軍団”*1とのことで、実際に屈強な肉体と高い素手戦闘の技術を持っている。

 作中では、教団長の命令でジャッキーと戦いになる。最初は4人のコンビネーション攻撃でジャッキーの股間を執拗に攻撃するなどして追い詰めていく。しかし、ジャッキーも途中から地形をたくみに駆使した立ち回りでなんとか持ちこたえる。ちなみに戦闘の途中でジャッキーが1人の胸に攻撃してしまい、謝ると女性が表情を変えず両胸の位置を直すというコミカルなシーンもある。

 その後、ジャッキーは頭上にある木製の階段と通路に気づき、その上に移動する。アマゾネス軍団はそれを追うが、最初に上がったアマゾネスは床に張られた木板の隙間にハイヒールが挟まり動きが取れなくなってしまう。ジャッキーはその隙を見逃さず、一気に間合いをつめると、腹パンチからの前蹴りで彼女を戦闘不能に追い込む。

 それを見た2人目はハイヒールを投げ捨てジャッキーに攻撃を仕掛ける。しかし、階段際の戦闘でバランスを崩した隙をつかれ、投げ落とされてしまい、戦闘不能となる。

 その後、新たに1人が階段を上がってくる。ジャッキーはそのアマゾネスとの戦うため構えるが、この隙をついて背後に回っていた一人が不意打ちを仕掛ける。しかし、ジャッキーに足をつかまれ、通路から落とされて戦闘不能となる。
 
 その後ジャッキーは通路の下に飛び降りる。そして、後を追ってきた最後のアマゾネスに足払いをかける。最後のアマゾネスはそれでも立ち上がりジャッキーに飛び蹴りを仕掛けてくるが、ジャッキーはその攻撃をかわすと、回転しながら腰の辺りを蹴り飛ばし、彼女を倒す。彼女はそれでもジャッキーの足をつかむが、最後は殴られそうになるとあきらめた模様。

 なお、作中ではその後、ジャッキーがダイナマイトを使い教団のアジトを破壊したため、彼女たちの生死は不明である。*2 

見どころなど

 顔立ちこそ美人とはいえないが、迫力のある戦闘が楽しめる敵女。また、ジャッキー作品だけあり、やられシーンもかなり生々しい。もっともどちらかといえば、純粋に戦闘の迫力を楽しむキャラクターかも。      

見どころはクリックで開く

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。