マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。




「無駄な抵抗は自分の死を早めることになるだけです」
「女だと思って甘く見てると痛い目にあいますよ」

キャラクター名

No.157 アレクサンドリア女兵

登場作品基本情報

「FINAL FANTASY 」

ゲーム

 スクウェア/2000年(プレイステーション)

登場シーン詳細情報

 全編に登場(将校はベアトリクス将軍を除いて敵対せず)
 Disk2のクレイラの幹→アレキサンドリア城内で敵として登場

外見

創作史上屈指の命知らずな軍服
 セミロングの金髪を持つ白人女性だが、目深にかぶった兜のせいで目などは見えず、グラでは鼻と口がかすかに見える程度。
 衣服は緑色の(凄まじい切れ込みの)ハイレグレオタードにアーミーブーツ、銀色の籠手…と恐ろしく軽装。胸元にはプレートアーマーのような装甲があるのだが、ブリザラ発動時にアップになるグラフィックでは谷間がくっきりと表現されたのみならず、なんと乳首らしき部分が浮き上がっており、装甲なのかどうかも疑わしい。
 ほぼ全員が左利きなのが特徴。利き手の反対には小型の盾を着用し、これで身を護る。武器は普通の剣。肩、二の腕、太腿、尻などは大きく露出している。ちなみに、ベアトリクスは右目に眼帯をしており、戦闘グラでも右利き。矯正したのだろうか?
敵としては出てきません。ま、色違いですね。
 兵を統率する将校は褐色のハイレグを着用し、ライトグレーのタイツ(パンスト)をその下にはいている。また、髪も茶色に染めるようだ。

概要

 この世界には4つの大陸があり、その中で最も文明が発達している『霧の大陸』は三国鼎立状態にある。『霧の大陸』北東部に位置する『アレクサンドリア王国』は、非常に女性の権利が強い(女尊男卑というわけではない)国で、その兵隊は女将軍ベアトリクスを始め、大半が女性で構成されている。プルート隊やスタイナー隊などの男性兵による部隊もあるのだが、極めて人数は少ない。

 女兵たちは前述のような露出過多な衣装で(惜しげもなく肌を晒しながら)兵役に従事しており、町や宮殿の警備や、時には対外戦争などにも出てくる。軍では、普段から敬語の使用を徹底されている。
 主人公と敵対するのは、アレクサンドリアがクレイラという亜人族の街に進攻をかけてくるシーンであり、ここで美尻をバッチリおがめる(強制戦闘が何回かある)。

敵対場面概略

クリックで関連動画が開きます。


 クレイラの幹ではツーマンセルの女兵士たちと戦闘になり、これを退けるとまた2人組の女兵と戦闘をし、更にもう一回2人組と戦闘することとなる。ここで仲間から「さっきやってきたアレクサンドリア兵だが、(進攻をかけているには)少なすぎる気がしないか」と聞かれるシーンがある。この後の主人公の台詞は「俺もそんな気がしてきた」を選ぶのが正しいのだが、その下には「だったらそのまま全滅させてやろうぜ」という身も蓋もない選択肢がある。全国のリョナラーの諸君は苦渋の決断で下の選択肢を選ぶのを回避したことだろう。
 町に着いた主人公たちは、クレイラがアレクサンドリアの黒魔導師(モンスターのようなもの)に襲われているのを見て、避難誘導を行う。しかし逃げた市民たちはいきなり戻ってくる。逃げた方向にも女兵がいたのだ。
人生最後の台詞がこれだったら悲しいなあ
 この3人を片付けたのちには、2回ほど強制戦闘が入る。

 アレクサンドリアの王女・ガーネットを保護するために女王に投獄されたスタイナー隊長が相棒のマーカスと一緒に脱獄をはかり、その迎撃に女兵たちが向かう戦闘シーンでは、彼女たちの後ろからカメラが回る(スタイナーとマーカスが正面から映る)アングルのため、戦闘中はず〜〜〜〜〜〜っとその美尻を網膜に焼き付けることが可能である。
性器に食い込んでるんじゃないかこれ
 なお、ここではほっとくとドンドン兵士がやって来るので、かかってこいやと言わんばかりに突っ込んで行って女兵を虐殺しまくり、ドンドンレベルを上げまくるというスタイナー本人が見たらプレイヤーを速攻で殺しにかかりそうな鬼畜プレイも可能である。
 その後、ワープ装置で城内に潜入した主人公パーティとスタイナーがガーネットを救い出すために城内を探索するシーンでは、シンボルエンカウントする敵として登場する。滅茶苦茶多くてウザい。でもかわいいから許す。おいこらそこのキミ、わざとエンカウントして狩りまくってんじゃない。



 主に使用する攻撃は剣での切り付けと氷結魔法ブリザラであり、大した敵ではない。HPが10分の1以下になれば逃走するのだが、この時に逃がすことが「低レベルクリアの条件」とされるくらい、簡単に死んでしまう。倒された際にはぶっ飛んで仰向けに倒れ付し、「ドゥッ」という効果音と共に消滅する。
 データ上はクレイラに侵攻している兵士は「女兵A」、城内の衛兵は「女兵B」とされており、前者の方が全体的にステータスが高い。恐らくは、クレイラ侵攻のために強い兵士を選りすぐったのだろう。
 ちなみに、衣装の露出度に関しては作中でもツッコミが入っている

みどころなど

論より証拠、ご覧あれこの衣装。乳首浮いてね?
 何はともあれ、その素晴らしき外見だろう。「防御力」という概念をアルテマで消し飛ばしたかのようなコスチュームは、最早一種の芸術の域に達している。尻の肉は完全にレオタードからはみ出しており、軍人として鍛え上げられた太腿と扇情的な曲線美を同時に有し見る者を苦笑、もとい圧倒する。*1
 それでいて、亜人族だらけの本作(そもそも人種差別をテーマにしている)における正真正銘の本物の人間なのだが、容赦なく死ぬ点が重要なポイントである。特にあくどいヤツとしては描かれておらず、バンバカ主人公パーティに殺害される(正当防衛だけど)わ、モンスターの大規模攻撃の巻き添え喰らって十把一絡げにあの世に送り出されるわと本当に悲惨の一言。戦争というものがいかに空しく凄惨なモノかよくわかる。
 単純な殉職者の人数ならおそらく本wikiでも屈指のレベルであり、キメラ城の女兵士シャーマンに並ぶ数の女たちがその若い命を散らしていった。同じくアレクサンドリア軍に所属するスタイナー将軍が彼女らを倒した際には、勝利のポーズを取らず悲しそうな顔をするのは有名な話。
 出番が多いため、武器屋のミエミエのお世辞に喜んだり、噂話をしていたり、イケメン舞台俳優に黄色い声を上げて追っかけたりと普通の年相応の女性のような振る舞いをするシーンも多い。作品中盤では、ニコルと言う名の女兵がレジスタンス組織に所属する恋人のことを心配するような描写もあった。

 敵役ではあれど悪役ではないため、そんな彼女たちが次から次へと使い捨てにされる様は、なんとも空虚で物悲しいものである。

楽しいアレクサンドリア兵の狩り方

 とまあ堅苦しいことは置いといて、ここでは楽しい女兵狩りの方法について記述する。
 クレイラの幹並びにアレクサンドリア城内では主人公側が手前、敵が奥になるアングルで回るため、普通に倒すと奥に向かって飛んで行って消滅する。しかし、魔法が使えるビビで攻撃すると魔法のエフェクトが入るため、彼女たちが紅蓮の業火に包まれ、氷塊に閉じ込められて凍てつき、雷に打たれて悶え死ぬ様がドアップで映されることとなる。
やられたらやり返す! 倍返しだ!
 また、仲間の女性剣士・フレイアの特殊攻撃は敵のアングルから映るため、一瞬のうちに切り裂かれて絶命する彼女たちのケツを眺めるという楽しい光景を眺めることができる。
 この辺の特性を生かして直前でセーブして何度もリセットすれば、(何十回とガーネットを見殺しにしつつ)女兵士ハンティングを楽しめるぞ!
模範プレイ動画。

備考

 設定資料によると、兜は下からちゃんと前が見えるようなデザインになっているようだ。

派生作品

 ソーシャルゲーム『ファイナルファンタジー レコードキーパー』でもFF9シナリオでベアトリクスなどと同じく何度も登場する。
 また、モバイルゲーム『ピクトロジカ ファイナルファンタジー』内のFF9を再現したシナリオ「王女救出」では最弱のザコとして幾度となく登場する。
左手邪魔!

外部リンク

  • ファイナルファンタジー用語辞典 モンスター【女兵】
http://ffdic.wikiwiki.jp/?%A5%E2%A5%F3%A5%B9%A5%BF... 
  • pixiv百科事典 【アレクサンドリア兵】
http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF...

このページへのコメント

痛くないのかな

0
Posted by UMA 2017年02月19日(日) 20:29:33 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。