マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

「ここに来たコは全員超ドッ♡キュン焼き印を押して ビービビ様に一生の忠誠を誓わせるの そして♡その焼き印を受けた者は一生ビービビ様に尽くしちゃいます♡」

キャラクター名

No.1022 インビー 

登場作品基本情報

ボボボーボ・ボーボボ 

漫画

 澤井啓夫/集英社/2001〜2007年

アニメ

 東映アニメーション/2003〜2004年(ただし出番はなし)

登場シーン詳細情報

漫画

 18巻〜19巻

外見

 アホ毛が特徴的なショートカットに、全体的にサイバーチックかつヒーローチックな服。ヘソ出し。

概要

 週刊少年ジャンプに連載されていた不条理ギャグバトル漫画。西暦300X年、世界を支配するマルハーゲ帝国(アニメではマルガリータ帝国)による全人類の髪の毛を狩るという恐ろしい行為「毛狩り」に対抗すべく鼻毛を操る「鼻毛真拳」を用いて戦う男、ボボボーボ・ボーボボとその仲間達と毛狩り隊たちとの戦いを描いている。
 「なんでもやって笑わせる」というモットーの通り奇想天外かつ意味不明ながらも凄まじい勢いとギャグで読者を笑わせにかかるスタイルで、休載無しで週刊連載を6年間走り抜けた日本のギャグ漫画史に輝く作品。

 インビーはボーボボの兄にして全ての黒幕・ビビビービ・ビービビに仕える直属の親衛隊、「ビービビドッ♡キュン決死隊」の紅一点。「決死隊」は戦隊真拳の使い手だけあり戦隊ヒーローをモチーフとしており、インビーの配色はピンク。
 ビービビが治める「新・毛の王国」の入り口にて門番を担っていて、上記の台詞の通り毛の王国に来た者を洗脳するための焼き印(特にビービビは関係ない絵)を押している。
 初登場時コマの小ささに文句をいう、マスコット枠のキャラ・「田楽マン」を可愛いと言う等明るく軽い言葉遣いだが悪の権化ビービビに絶対の忠誠を誓っている。
 ボーボボ達との5vs5の戦いでは最初は自分達に有利なフィールドでの戦いだったこともあり優勢だったが、ボーボボがビービビの弟だとわかり驚愕。
 心を乱したところボーボボ達の怪人に変身する奥義・「聖鼻毛・怪人組織嘆(ボーボボ・モンスターハウス)」により一人一人やられ、インビーは「怪人」ならぬ「外人」に英語が苦手だったため倒された。
 

見どころなど

 可愛らしい外見のためたった数話の登場ながら印象に残りやすい敵。個人で技を披露するなど、他のメンバーに比べ若干優遇気味。
 ギャグ描写かつ小コマだが、「植物に囚われムチで攻撃される」といったシーンや、「たこ焼きにされる」というよくわからないシーンもある。

クリックで開く

余談

 名前の由来はコナミのシューティングゲーム『ツインビー』から。

このページへのコメント

またpixivでリクエストしまくってボーボボ絵師を絶滅寸前に追い込んでイラストサイトを潰しまくってTwitterではとどこめと言う名前で暴れまくってるとっぽちんが湧いてるのか
【VIP絵スレ荒らし・マルチ情報おーぷん - おーぷん2ちゃんねる】にてとっぽちんの悪行がまとめられているわ

0
Posted by 名無し(ID:S0KYsszVYQ) 2018年10月04日(木) 22:41:44 返信

ラムネすこ

1
Posted by あほ 2018年08月09日(木) 21:08:27 返信

四天王プルプーの側近のラムネも是非、紹介して欲しいです。

1
Posted by 名無し 2018年08月09日(木) 07:43:00 返信

ボーボボキャラ基本吐血してても死亡表現ないよね。

ギャグ漫画の特権(どんなにズタボロにしても次のコマやページで何事もなくなってる)

0
Posted by 紅い人 2018年08月08日(水) 21:27:12 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。