マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

「ふふ…いい子ね。たっぷり召し上げれ。」

注意

 本記事には重大なネタバレが含まれます。

キャラクター名

No.908 エリモナー 

登場作品基本情報

「ディフェンス・デビル」 

マンガ

 伊仁
 伊仁完(原作)・梁慶一(作画)/小学館/2009年〜2011年

登場シーン詳細情報

マンガ

 全編を通して登場。

外見

 長い髪に銀髪の女性*1。目元にほくろがある。コスプレが趣味らしく、衣装は登場シーンごとに代わる。

概要

 無実の罪で地獄に落とされた罪人の魂を弁護する悪魔・クカバラを主人公とするマンガ。主人公は地獄の王子であったが、ある出来事から力を奪われてしまい、それを取り戻すため”悪の弁護士”(ディフェンスデビル)として活動する。

 ちなみに、本作に悪役として登場する”死神”は、特別に認められた悪魔という設定。彼らの中には、人間を無理やり罪人に仕立て上げようとする者がいる。

 エリモナーは物語全編を通して登場するキャラクター。物語終盤までは、怪しい挙動も見せながらも主人公をサポートする道具屋のオーナーとして活動していた。

 物語の終盤で彼女の正体が明らかになる。彼女は実は悪魔ではなく、堕天使であった。本作品の世界では、天界が魔界を搾取している関係にあり、エリモナーは定期的に悪魔たちからダークマター*2を回収する”集金係”であった。

 そのため、エリモナーは完璧な天使としての力を取り戻すため、主人公をだましてダークマターを回収すると同時に、ヒロイン・イダマリアに宿る魔界の女神リリスを吸収することをたくらんでいた。 
 しかし、最後はすべてのたくらみが主人公たちに露見してしまう。追い詰められた彼女は天使としての力を解放し、主人公たちに闘いを挑むが、主人公に一刀両断されてしまう。

 しかし、それでも生きていた彼女は、背後から主人公に襲い掛かるが、主人公の弟*3の犠牲により失敗。エリモナーは力尽きたのか砕け散って消滅した。

みどころなど

 全編を通してエロイコスプレ姿で楽しませてくれるキャラクター。最後は、しょぼい悪役になってしまうのが、またギャップ萌えを誘う。

クリックで開く

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。