マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

WARNING!!

 このキャラクターは序盤のみ敵として登場するヒロインの一人で、早々に主人公と和解します!! 
 そのため3話以降の描写は極力排した記事とさせていただきます!!



原作アニメ
「いい? 助けを呼んだり少しでも抵抗したら、まず脚を撃ち抜くから」(原作及びアニメ第2話)
「ふふっ、見ィっけ♪」(アニメ第2話)

キャラクター名

No.653 エヴァンジェリン山本(フロイライン山本) 

登場作品基本情報

「絶園のテンペスト」 

マンガ

 城平京(原作)・左有秀(構成)・彩崎廉(作画)/スクウェア・エニックス/2009〜2013年

アニメ

 ボンズ/2012〜2013年

登場シーン詳細情報

 主要人物なので全編に登場。以下は敵対時の描写(これ以降は和解)。

マンガ

 第1巻収録の第1話・第2話。

アニメ

 第1話 「魔法使いは、樽の中」
 第2話 「彼女はとても綺麗だった、と少年は言った」

CV 

 水樹奈々
 

外見

躊躇いなく「boob」と字幕に書いちゃう訳者も凄いな
 黒髪ロング*1の長身(170cm強と思われる)の女性。非常に胸が大きく、とあるキャラから「(助けに来たのは)胸が揺れまくっていたから」と言われる程。作中でも名指しで美女扱いされている。
 原作とアニメで微妙に絵柄が異なり、原作では童顔、アニメではチークや口紅を差した妖艶な雰囲気になっている。
 仕事衣装はミニスカートに胸元を大きく開けたスーツ(風のワンピース)に黒いブーツというセクシーなもの。
 目元に泣き黒子が有るのが特徴。左利き。
 

概要

あらすじ

 シェイクスピア作品を下敷きにした近未来SFミステリアクション漫画。破壊を司る「絶園の樹」と想像を司る「はじまりの樹」の二本の大樹を巡り、はじまりの樹の力を借りて魔法を使う鎖部一族と、一年前に何者かによって殺された妹・愛花の死の真相を解き明かそうとする少年・不破真広、そして真広の親友で愛花の元恋人の滝川吉野の権謀術数蠢くバトルを描いた物語である。
 真広は愛花の死の真相を探るべく高校を中退して自分で事件の謎を調べていたのだが、たまたま浜辺に打ち上げられていたボトルメールに詰め込まれていた魔法の人形*2を拾い、鎖部一族最強の魔法使いである鎖部葉風の存在を知る。葉風は「絶園の樹」復活を目論む鎖部一族の支配者・左門により無人島に流されていたのだが、真広を手足にすることにより脱出を目論むのであった。

 というわけで、本作のヒロインは墓の下と無人島にいるため、序盤で敵対する山本が最初に主人公らと対面することになるわけである。
       

キャラクターとしての山本

注:後のヒロインです
 「無職の28歳」を名乗る*3女性だが、その正体は魔法について研究している役人・早河巧に協力するエージェント。親しい人からはドイツ語で未婚女性を表す「フロイライン」の仇名で呼ばれる。
 銃器の扱いにも慣れており、吉野に銃を叩き落とされた直後にその手を取って投げ飛ばすなど身体能力も高い。
 性格は明朗快活で極めて人懐っこいものの、仕事となれば冷徹にこなせる。
 そのため狡猾かつ暴力的な一面が敵対時には強調されていた(演じていた水樹奈々曰く「Sっ気たっぷり」)ものの、和解後はただのお色気萌えキャラに落ち着いており、吉野らに大人の視点からアドバイスをする優しいお姉さんと言った感じで登場している。
 その他、アニメでは殺伐とした雰囲気を和ませるためにお色気描写が多く入っていた(これはメインヒロインの鎖部葉風にも言える)。

敵対場面概略

序盤
 愛花の墓参りに向かっていた吉野の前に現れた山本*4は、真広に関する情報を聞き出そうとする。
 吉野は「真広は失踪しており、全く連絡がつかない」と応えるものの、それを聞いた山本は鞄から拳銃を取り出して吉野に突き付け、知りうる限りの全ての情報を吐かせようとする。
 山本は「黒鉄病」と呼ばれる奇病*5を調査しており、黒鉄病の発生地域から少女を救い出した謎の少年が「ふわまひろ」を名乗ったことから、彼ならば魔法使いと接触したのではないかと考え、行動を行っていた。
 それらの情報を聞かされた吉野は「このまま何も知らないと言い続けても、裏で口封じされるかもしれない」と危惧し脱走を試みる。山本が真冬の空を覆い尽くさんばかりに飛び回る大量の揚羽蝶*6に気を取られた瞬間、吉野は雨傘で山本の銃を叩き落とし逃走しようとする。しかし二撃目は躱されて逆にぶん投げられてしまい、更にショットガンを突きつけられる。

「残念、銃は一丁じゃないの」

 あわや一巻の終わりかと思われた次の瞬間、蒼白の光に包まれて行方不明になっていた真広が空を切り裂いて現れ、山本の顔面を蹴り吹き飛ばした。

クリックで表示します


 山本は吹き飛ばされ、墓石に叩きつけられて昏倒する。
 驚く吉野に対し、真広は絶園の果実の目印である蝶を追って超音速移動魔法*7で飛んできたことを告げる。はやくこの町を離れた方がいいと忠告する真広だったが、そこに一発の銃声が轟く。
 気絶から立ち直った山本は発砲していたが、その銃弾は真広の張った防御結界に阻まれ力なく地に落ちた。
 その荒唐無稽な光景を目の当たりにした山本は、真広が間違いなく魔法使いに関わっていると確信し、日本が滅びかねないから情報をありったけ教えろと叫ぶも無視され、真広から殴打される(原作では寸前でガードに成功したものの、アニメでは思いっきり顔面をぶん殴られている)。
 最早少しの躊躇もいらないと判断した山本は、距離を取ってショットガンでの攻撃を加えるも防御結界に無効化され、真広に顔を掴まれてしまう(原作ではただ掴んだだけだが、アニメでは掌底を鼻に叩き込んだうえで頬肉が歪むほどの勢いで握っていた)。

クリックで表示します

 
 そしてゴム鞠のように無慈悲に地面(原作では石畳)に叩きつけられ、頭を激しく打った山本は、墓場に倒れ伏したままピクリとも動かなくなった。
エロすぎ。初見の読者&視聴者の8割は死んだと思ったことでしょう
 真尋が突貫してから倒されるまで、この間、わずか4ページ。アニメ版では30秒*8。まさしく「秒殺」と呼ぶにふさわしいほどの圧倒的な完敗であった。















 ・・・という描写のおかげで、「1話でいきなり主人公が人殺してるぞおっかねー漫画」と思った読者は数知れなかったものの、別にそんなことはなく山本は生きていた*9
9.5巻より抜粋
 真広と吉野が墓地を下って町に降りたころ、ようやく山本は目を覚ます(このシーンはアニメではカットされている)。
 絶園の果実を発見した山本は再び吉野に接触を試みて、自分も金属化したゴーストタウンへと降りていく。
 吉野は一旦真広と離れるが、そこを山本は強襲する。ここからは原作漫画とアニメでは少々展開が異なる。


 どちらにせよ吉野に敗北し投降した後は、よき協力者として陰ながら吉野を支えるお姉さんポジションに落ち着くことになる。この際にアニメでは吉野と早河を引き合わせるなど、より横のつながりが深くなっている*10
吉野戦(原作)
 一路帰宅した吉野を襲撃した山本は背後から彼を羽交い絞めにし、撃たれたくなかったら魔法使いに関する情報を吐けと脅迫する。吉野は苦悶しながらも真広から受け取った魔具を使用して後方に飛ぶと、山本を壁に叩きつける。
 突然の衝撃に眼を見開き、血反吐を吐いてずるりと崩れ落ちる山本は、悪態をつきながら拳銃を構えようとする。しかし、そこに間髪入れずに吉野の回し蹴りが飛ぶ。脇腹を蹴られた山本はまたも吹き飛んで食器棚に叩きつけられ、膝をつく。
 すかさず吉野は山本が落とした拳銃を拾うと、即座に山本に付きつける。
 その状況に気付いた山本は、口元の血を拭いながら「下手に撃てば相手は死ぬよ?」と挑発するものの、吉野は「これほどありえないことが頻発している世界でありえないなんてことはない」と嘯く。

クリックで表示

 下手に動けば本当に撃たれかねないと悟る山本だったが、吉野は銃をおろし、取引を持ちかける。
吉野戦(アニメ)
 原作では4ページしかなかった吉野との戦闘も2シーンに分かれて描写されている。また、このシーンでは真広に蹴られた左頬の傷と真広の掌底を受けた跡の鼻の絆創膏が追加されておりキュートである。
注:何度も書きますが、この人は後にヒロインになります。
 吉野は家に着いた後、一旦街に出る。既に死屍累々のゴーストタウンと化していた商店街で(自分から財布を盗み取った)不良学生の死体から財布を抜いていた吉野だったが、虚を突かれて山本に鞄で後頭部を殴られ、続けざまに背後から抱きかかえられて銃を押し付けられ情報を吐くよう迫られる。苦悶しながらも吉野は真広から受け取った魔具を使用して後方に飛び、商店に突っ込む。すかさず段ボール箱の下敷きになった山本から拳銃を盗み取ると吉野は再び逃走する。

 とりあえず学校に逃げ込む吉野だったが、そこは既に黒鉄病で死屍累々となっていた。息を呑む吉野だったが、直後に無数の銃声が響き、廊下の窓ガラスが飛散する。「マジかよ」と焦燥しつつ吉野が携帯のカメラで外を撮ると、そこには黒ずくめの衣装に身を包んだ女が克明に映し出されていた。
 校舎に侵入した山本は妖艶な猫撫で声で吉野の名を呼び、返事が来ないことを悟ると
「なめてもらっちゃ困るわ…さびしい大人の女は、いろんな道具がお友達なのよ」
と呟き、煙幕弾を起動させる。たまらず上に登って行く吉野に対し、山本は「ナントカと煙は高い所が好きってね」と軽口を叩きながらガスマスクをはめ、屋上へと上る。

 屋上に先回りした吉野は一旦気配を消し、山本が屋上に到着して警戒を解いた隙をついて威嚇射撃を行う。眼前で撃ち抜かれ涙を零す給水塔に目を丸くする山本だったが、すぐに犯人の正体を知ると不敵な笑みを浮かべる。
 窮地に立たされるも山本はガスマスクとサブマシンガンを捨て、「返してくれないかしら、子供には手に負えない玩具。下手に撃てば相手は死ぬのよ?」と余裕を見せるかのように挑発するものの、吉野は聞く耳を持たない。
 相手が撃てると悟った山本は手を挙げ、投降するふりをして接近すると足元のガスマスクを蹴り込み、吉野の手を蹴って拳銃を弾き飛ばす。そのまま足元のサブマシンガンを拾おうと手を伸ばす山本だったが、吉野は山本に飛びついて高速移動魔法を発動させ、彼女を抱きかかえたまま地面に叩きつけようとする。
 空中に放り出され、虚を突かれた山本は目を閉じて苦悶の表情を浮かべるが、地面ギリギリで吉野の防御結界が発動。驚いた直後、またも地面を地に叩き付けて倒れ伏す。

クリックで表示します

 世界の終わりのような表情で死への恐怖に畏怖驚愕し、悶絶する山本に対し、吉野は取引を持ちかける。

見どころなど

 1話(及びアニメ版2話)で確実に死んでいた可能性があるため、シーネ派の皆様からの評判は非常に悪く、一部では名前を出すことすらタブー視されている。*11しかしながら、お色気たっぷりの外見や子供相手に何の躊躇いもなく銃を向けるなどの非常に暴力的な言動、更に過激なやられシーン、ビビりまくる姿など、敵女としての魅力はパーフェクトに近い。
 特にアニメ版第2話での言動や表情は悪女そのものといっても過言ではない。

 そもそも彼女は本作のキャラ(10人ちょっとしかいないが)の中でも魔法を除いた総合的な戦闘力なら最上位に位置する人物であるが、「魔法とはこういうものなのだよ」という指標として、(本来なら実力が遠く及ばない、山本をケンシロウとするとジャッカルかバスクくらいの差がある)真広や吉野に滅茶苦茶に痛めつけられることになる。
 実力的には遥かに下の子供たちに痛めつけられ、屈服させられるそのざまは圧巻で、アニメ版1話では涙まで流している
こんな細かいところまでよく描くなあ…
 しかも、吉野との和解後は原作3巻(アニメ10話・11話)にて鎖部一族一の槍術使い・夏村に敗北しているため、物語終盤で名無しのザコに勝つまではマジで何もいい所が無かった。
 彼女の高い露出度の衣装や挑発的な口調も相手の油断を誘い、そこを突く戦闘スタイルを可能にするための言動であり、裏を返せば理詰めで戦える相手にはとことん弱い。
 その上、真広を調査する際にもいくらにわか仕込みの調査とはいえ血縁者が既に亡くなっていることを知らなかったり、虫ごときに気を取られたスキに素人に反撃されたり、窓をぶち破って超音速魔法で脱出することだってできる相手を馬鹿正直に煙幕弾で攻め立てるという戦法に出たり、階段塔から距離を取りすぎて背後を取られたりするなど、どこか抜けている、というかナントカってお前のことじゃんと思わせる一面も多い。悪女敵女のテンプレ「自分から隙を作る」にもばっちり引っかかっていると言えよう。
 作中のヤラレ描写も顔面攻撃だらけのラフファイトであり、原作漫画では幾度となく血反吐を吐く描写が散見される*12。アニメ版では水樹奈々の怪演もあり、この2話では「っあ゛あ゛ッ!」「ぐふぅっ!!」「あ…はァッ!!」「が…うぅッ」「やあん!」と滅茶苦茶エロい悲鳴が聞ける。

 なお、彼女は本作の様々な勢力*13に分かれている個性豊かな人物を繋ぎとめる接着剤として機能しており、作者からは「主役ではないが、物語の中心人物」と言われていること…すなわち、最初からヒロインの一人として作られたキャラであることも追記しておく。

余談

 アニメ第10話(既に和解済み)の回想シーンでも一瞬だけ真広に顔面蹴りされるシーンがオーバーラップしている。

関連動画


参考資料

『絶園のテンペスト8.5巻 コラボレーションガイドブック』(スクウェア・エニックス)
『絶園のテンペスト9.5巻 原作完全ガイド&カラーイラストブック』(スクウェア・エニックス)

外部リンク

このページへのコメント

>Blueblood様

 大丈夫と判断されるのであれば、かまわないです。

0
Posted by 管理人 2015年05月10日(日) 01:35:46 返信

>管理人様

では今すぐナンバリングしてもよろしいでしょうか?

0
Posted by blueblood 2015年05月10日(日) 00:49:28 返信

>Blublood様

 記事作成ありがとうございました。とりあえずは問題ないと思いますが、ご心配なようであれば、1週間程度様子をみて、特にコメントがなければ、ナンバリングしていただいて構いません。

0
Posted by 管理人 2015年05月09日(土) 19:56:41 返信

 というわけで立項させていただきました。
 いろいろ微妙な立場のキャラなので、掲載条件を満たさないんじゃないかというご意見が有ったらコメント欄にどうぞ(通し番号を打ってないのもそれを考慮したものです)。

0
Posted by blueblood 2015年05月08日(金) 21:21:46 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。