マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

「だ、だめ そんなに激しく いたずらしちゃ・・・」

キャラクター名

No.523 カエデ 

登場作品基本情報

「妖艶くのいち 濡れた花弁」 

マンガ

 RAYMON/オークス/2014年
※ 単行本『妖艶くのいち 緊縛陵辱の記』収録
※ DMM、めちゃコミックなどでの電子コミックの配信あり。

登場シーン詳細情報

マンガ

 全編に登場。

外見

 片方の目が隠れた単発の女性。普段は和服を着ている。 

概要

 戦国時代と思しき日本を舞台に、とある大名のお家騒動に巻き込まれたくノ一・ハスミの活躍を描いた作品。
 
 カエデは主人公と同じく、一秀に仕えるくノ一。しかし、実際には一秀のことを想っており、主人公のハスミに対して嫉妬心を抱いていた。そのため、敵方と内通していた。ちなみに、戦闘能力は低いが、特殊能力として催眠術を得意とする。

 作中では、第1話・第2話では正体を現さずにいた。第3話で、斥候を請け負ったときに主人公たちを騙し、待ち伏せした仲間たちのところに誘導する。そして、ハスミが敵忍者と戦っている隙に一秀を誘拐する*1

 その後、カエデは城へと戻り、一秀を逆レ○プして、催眠術をかける。その上で、城に侵入して刺客(ちなみにタコの怪物)と戦い殺されかけていたハスミを助け、一秀のところに案内すると告げる*2

 カエデは、ハスミを一秀の元に連れて行くと、その目の前で家臣たち*3にハスミを襲わせる。そして、犯されるハスミの目の前で、自身が一秀と交わる様子を見せ付け、勝ち誇る。

 しかし、一秀にハスミへの気持ちが残っていたのか、ここで一秀はハスミの尻に手をかけると、刀を取り後ろからカエデを串刺しにする。そして、そのまま下半身を両断されカエデは死亡した。

見どころなど

 仲間であるハンザキに比べると普通に美人である。しかし、最後はセックス中に串刺しにされるというすさまじい最後を遂げるのが、印象的なキャラクターである。

クリックで開く

関連項目

ハンザキ(妖艶くのいち 濡れた花弁)

ローゼ大僧尼(性拳武闘妓史 王鑼):同じくエロマンガに登場し、性器攻撃で倒されたキャラクター
魔女アリッサ(魔女アリッサ):同上
女郎蜘蛛(陰陽師 妖かしの女神 〜淫乱呪縛〜):こちらはアダルトアニメで性器攻撃で倒されたキャラクター

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

フリーエリア

「平成の敵女を振り返るアンケート」終了しました。

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。