マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

人間態怪人態(俊敏体)*1

「ザキバスゲゲルに進むんだから、ここで無駄な力を使いたくないの」

キャラクター名

No.625 ゴ・ジャーザ・ギ/未確認生命体44号 

登場作品基本情報

「仮面ライダークウガ」 

特撮番組

 東映/2000〜2001年

登場シーン詳細情報

  EPISODE37「接近」〜EPISODE41「抑制」

演者

 あらいすみれ

外見

剛力体
 人間態は眼鏡をかけ、パンツスーツに身を包んだ理知的な女性。どこからどう見ても鮫の怪人には見えない。
 怪人態はシュモクザメをモチーフにしている。通常形態である俊敏体の他、パワーに特化した剛力体に変身できる。

概要

『仮面ライダークウガ』について

 仮面ライダークウガは、『仮面ライダーBLACK RX』の放送以来11年ぶりの仮面ライダーとして始まり、今なお続く平成ライダーシリーズのトップバッターとして登場した。
 長野県の九郎ヶ岳遺跡から発掘されたベルトを使ってクウガに変身する冒険家・五代雄介(演:オダギリジョー)が、九郎ヶ岳に封印されていた怪物・グロンギを倒すために戦い続けるという物語で、警察と協力してグロンギを追い詰めるという点が話題を呼んだ。
 クウガはバッタ種怪人(41号)との対決の際に警察と全面協力を行っており、その際に五代雄介がクウガ=未確認生命体4号であることが警察にも知れ渡っている。

グロンギとは何か?

 2000年前に日本で暴れ回っていた狩猟民族・グロンギ族が、霊石のパワーにより動植物のパワーを吸収した怪物に変化した姿。グロンギは上からン・ゴ・メ・ズ・ベの5階級に分かれ、王である「ン」に仕える「ラ」集団の監視下の元、「ゲゲル」と呼ばれる殺人ゲームを執り行う*2
 グロンギ族は非常に野蛮で好戦的な性格の持ち主であるが、ゲゲル開始をラ集団が宣言する前に人間を殺すとゲゲルを行う資格を失い、一生出世できなくなる。ゲゲルを規定されたルール通り行うと上の階級に上がることが出来、ゲゲルを完遂したゴ集団は「ン」に挑むことが可能となっている。
 作中では「仮面ライダー」の用語は一切登場せず、警察ではグロンギのことを「未確認生命体」と呼称する。これにおいてはクウガも「未確認生命体2号」*3及び「未確認生命体4号」*4と呼ばれる。
 作中でズ集団はゲゲルの権利を失い、上級であるメ集団に権利は移行した。そのメ集団が全滅した後に登場したのがゴ集団であり、彼らは「ン」に挑むための難易度の高いゲゲル「ゲリザギバスゲゲル」を行うため、武器の使用が許可されている。
 そしてザザル没後、ゴ集団の中でも最強と言われる三人の怪人がゲリザギバスゲゲルへと駒を進めた…。

調査報告

 未確認生命体の中で最高位と思われるゴ集団は、その中でも陸・海・空の最強の生物を模した三人衆が存在する。
 44号はその海の動物の王=鮫を模した未確認生命体で、他の未確認からも聡明で狡猾な存在として一目置かれ「お前なら(ゲゲルを遂行することなど)たやすいだろう」と言われていた。

 44号がゲゲルを開始したのは2000年10月8日だった。5時間で567人を殺すというゲゲルを行おうとした44号は、ハンデとして犯行現場や時刻をインターネット上に書き込むという制限を付けてこのゲゲルを開始。
 44号は人間の姿のまま空港に向かい、電子掲示板に次のように書き込むと、旅客機に乗り込む。

「10月8日11時、空を渡る虹の中で243が消える」

 そして離陸直後に怪人としての姿を現し、銛で片端から乗客を刺し殺し、243人もの命を奪うと機長に次の犯行予告を告げ、自身は非常口から海に飛び込んで逃走を図った。
 この報告を聞いた警察は4号に変身する五代雄介氏に44号の居場所を知らせ、五代は4号に変身して沿岸で優れた五感を持つ「緑」*5から上位形態「金の緑」に変身し44号を迎え撃つ。しかし、突然現れた強力な気配に4号が一瞬気を取られたスキに44号は海中から銛を投げつけ、4号の肩を串刺しにして壁に突き刺しその隙に上陸してしまった。これにより4号は2時間もの間変身が不可能になってしまう。
 上陸した44号は人間態に戻り、ゲームマスターである「薔薇のタトゥの女」と面会すると次のゲゲルの場所を報告し、悠々と現場へと向かう。

「16時、海に浮かぶ太陽の上で324が消える」

 警察は、機長に44号が告げたこの「海に浮かぶ太陽」が、客船「さんふらわあ号」だと確信し、五代に進言した。というのもこのさんふらわあ号は子供がツアー客として大量に乗っていたからだった。実は11時に殺された243人の旅客機乗客は、お年寄りのツアー客が大半を占めていた。
 44号の目論みを悟り、戦慄する五代に、警察はトドメとばかりに掲示板に書き込まれた追記文を聞かせる。

「どうでもいい殺しはさっさと終わらせて、もっと大事なゲームを早く始めたい」と。

 余りの卑劣な文面に激怒した五代*6はサポートメカ「ゴウラム」を使ってさんふらわあ号甲板に先回りし、44号を迎え撃つ。
 44号は海中から銛を投げつけて4号を排除しようとするがあらかじめ俊敏な「青」*7に変身していたためこれを躱し、強引に乗船してきた44号に武器の鉄棒で攻撃を加える。4号は上位形態である「金の青」に変身し、かつて38号を一撃で葬り去った封印エネルギー*8を流し込むが、なんと44号は気合でこれを霧散
 激怒した44号は筋力に優れた「剛力体」に変身し、剣を振り回し暴れ回る。4号は「紫」*9に変身してこれに応戦するがまるで歯が立たず、上位形態である「金の紫」に変身した。
 4号は二刀流で44号を挟み込むと共に海に飛び込み、海中で封印エネルギーを叩き込んで爆発させるのだった。

見どころなど

 チンピラと電波ばかりのグロンギ女性陣の中では格段にマトモな外見や言葉遣いをしている上、非常に美しい声をしている。ややむっちりとした人間態のボディラインもなかなかそそる。
 それ故にグロンギの中でも2,3を争うほどの超外道(1位は最早不動なので)なのは素晴らしい。
 本エピソードは「暴力への否定」を描いた話であり、そのためこのクソ外道(失礼)に関してもそれほど残虐なファイトを行っていないのはやや物足りない。まあ、五代がジャラジと出会っていなければ、恐らくは彼女がジャラジと同様の目に遭っていただろうが。

 それを踏まえて、彼女の登場する41話での五代とヒロインの一人である奈々との会話で、この記事を〆たいと思う。


五代「そりゃあ許せないな。オレでも絶対怒るよ。けど、殴るのはよくないな。人間だから大事なのは間違えてるってことをわかるように伝えることじゃないかな」
奈々「そんなこと言うても、五代さんがさっきから言うてること綺麗ごとばっかりやないですか!」

五代「そうだよ。でも、だからこそ、現実にしたいじゃない。本当は綺麗事がいいんだもん。拳でしかやり取りできないなんて、哀しすぎるだろ」



このページへのコメント

>アリス様

 ありがとうございました。とりあえず修正しておきました。

0
Posted by 管理人 2015年12月07日(月) 14:01:05 返信

冒頭部分のセリフですが、「ザキバスゲゲルに進むんだから、ここで無駄な力を使いたくないの」では?

なぜかIDを取得できないので、取り急ぎコメントしました。よろしくお願いします。

0
Posted by アリス 2015年12月06日(日) 23:31:41 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。