マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。


「母最大の失敗は、兵を得るための手段に『産卵』という古くて非効率的な手段を取ったこと」
「母唯一の成功は、私を産んだこと」

キャラクター名

No.98 ザザン

登場作品基本情報

「ハンター×ハンター」

マンガ

 富樫義博/集英社/2004〜2005

登場シーン詳細情報

マンガ

 第19巻 No.1902〜第22巻 No.229に登場

CV

 仲尾あづさ(アニメ第2作)

外見

師団長時代女王時代
 手足の先が外骨格に覆われた豊満な女性。長髪。尻には蠍の尻尾が生えている。服装としては、ビキニのパンツとTシャツのようなものを好んで着用していた。また、最後の手段として自分の尻尾を引きちぎると、トカゲのような姿になる。

概要

 言わずと知れた富樫義博の人気作品。本作品には、女王が人間や他の動物を捕食した結果、兵隊として合成生物が生まれるキメラアントという生物が登場する。

 ザザンは、女王直下の“師団長”の1人。蠍の尾の先に強力な毒を持つ(キメラアントは全員持っているらしいが)。また、後述する軍団離脱後には刺した人間を怪物(キメラアントもどき?)に変化させる能力「審美的転生注射」も獲得していた。恐らく、これは仲間のラモット*1からの「選別」を受けて得た念能力(超能力の類と思えばよい)と思われる。
 実力は高く、瞬間的な機転も効くなど知能も高い。後述する幻影旅団も「あれは強い」「ダテに女王は名乗っていない」と語っている。

 当初は、他の師団長同様に女王のために働いていたが、作中で「王」(猛烈に強い)の出生によって女王が死にかけた際に軍団の離脱を宣言。独自に行動を開始する。
 その後、流星街と呼ばれる政治的空白地にたどり着き、勝手に城を建てると、流星街の住民たちを特殊能力で怪物に変え楽園を築こうとする。

 しかし、流星街の住民である“幻影旅団”*2に城に乗り込まれ、主だった配下のキメラアントを次々と倒されてしまう。そして、自分自身も旅団メンバーの1人であるフェイタンと闘うことになる。当初は互角の戦いを繰り広げていたが、「体がなまっていた」フェイタンが調子を上げていくにつれ、徐々に押されていき、武器である傘の先に仕込んだ暗器で顔を傷つけられてしまう。

 激昂した彼女は、自らの尻尾を引きちぎるとトカゲ(ワニ?)のような姿に変身し、フェイタンに重傷を負わせる。しかし、それによってこんどはフェイタンが本気を出し、小型の太陽を生み出す「許されざる者 太陽に灼かれて(ペインハッカー ライジングサン)」を発動する。周囲を焼き尽くすこの技の前にザザンは手も足も出ず、全身を焼かれて死亡。
 残された「キメラアントもどき」も、自ら旅団に挑み全て倒された。 

見どころなど      

 流星街に流れ着いてからの衣装が非常に露出度が高く、エロティックである。その一方で、最後は醜い姿になってしまうのが非常に残念なキャラクターである。

関連項目

蚊女コウモリのキメラアント:こちらは師団長ではなく、一般の兵隊か兵隊長と思われる。

このページへのコメント

何でもいいからザザン好き

0
Posted by ザザン好きすぎて辛い 2018年06月01日(金) 23:20:33 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。