マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

「まぁまぁ、二人ともお疲れのようだから、少し休めばァ?」

キャラクター名

No.858 フィアーラビット

登場作品基本情報

特撮

 鳳神ヤツルギ4
 千葉テレビ/鳳神ヤツルギ製作委員会/2014

演者

 不明(スタッフロールに名前不記載。情報求む)

登場シーン詳細情報

 第4期の第4話に登場

外見

 ウサギの外見を模した着ぐるみ怪人。
 股間を覆うふんどし様の前掛けが特徴的。

概要

 『鳳神ヤツルギ』は千葉県木更津市の平和を守るご当地ヒーロー番組である。主人公・大和タケルは八剱神社に座す八幡様の力を借りて伝説のヒーロー・鳳神ヤツルギに変身し、今日も悪の軍団と戦うのだ。
 
 第四期の敵組織は恐怪帝国という連中である。彼らは記紀神話の時代に悪逆非道の限りを尽くしたため、正義の神々によって木更津沖の海に封印されていた。だが人間たちが工業開発や埋め立てをしたために封印が綻び、復活してしまった。彼らは人間が持つ悪の心を利用して恐怪獣という怪人を生み出し、地上を支配しようと企んでいるのだ。
 本稿で扱う敵女フィアーラビットは、そうして生み出された恐怪獣のうちの一体である。
 
 人間の悪心『怠惰』から生み出された*1彼女は、人間たちの怠け心を増幅する『タイキング光線』を放つことが出来る。その効果は覿面で、正義のヒーロー・ヤツルギやその仲間ガイオンですらも怠け心に支配されてまともに動けなくなってしまう。フィアーラビットは大量のハチ戦闘員を呼び出し、弱体化したヤツルギとガイオンをリンチし始める。
 ところがそこに、ヤツルギの妹・天神キサラが到着する。キサラは専用武器の天翔扇をかざして強風を発生させ、ハチ戦闘員たちを一撃で粉砕。フィアーラビットはタイキング光線を放つが、キサラには全く効果がない。「馬鹿な、こいつには休みたいという心がないのか!?」と恐怖する彼女に対して、キサラは「こっちには休んでる暇なんてないの。家事に休みはないのよ」と答えになってない答えを返す。
 その後、フィアーラビットとキサラの一騎討ちが始まる。格闘能力は全くの互角でしばらく拮抗が続くが、彼女はそれまでタイキング光線を放つのに使っていたニンジン型ステッキを爆弾として投げつける。これがキサラに直撃し、フィアーラビットはそれ以降段々と優勢になる。彼女はこれ幸いと更に複数のニンジン爆弾を投げつける。ところが4個目を投げた時点で、キサラはこれをキャッチして投げ返すことに成功。胸にニンジン爆弾をくらった彼女は「あ、熱いぃぃ……!」と悶え苦しむ。するとそこからはBGMが変わって*2フィアーラビットは一転苦境に立たされる。彼女は攻撃を受けるたびに「ひうっ、うぁっ、ふぁぁ……」と怯えた声を上げて防戦一方に陥る。
 するとキサラはさらに、新しい専用武器・天翔剣*3を取り出して、必殺技『天翔剣・愛の字斬り』を放つ。これを受けてしまったフィアーラビットは「皇帝陛下ぁぁーーー!!」との叫びを残して爆発したのであった。

見どころなど

 第3期のあやかしどおるに続いてウサギ型の女性怪人。おそらく着ぐるみもかなりの部分を使い回しているものと思われる。だが、股間部分にふんどしがついたことでやや印象が変わっている。『股間の隠された部分が格闘でチラチラ見える』という状況は、そこがただの全身タイツの一部だとわかっていてもやはりエロティックな雰囲気を醸し出すものだ。
 また、あやかしどおると比べるとやや抑え目ながらも怯え声・断末魔の悲鳴がきっちり用意されているのも良ポイントである。

その他

 当記事の初版執筆時の2016年9月現在、鳳神ヤツルギの1期〜4期までがYoutubeの番組公式チャンネル『ヤツルギ魂!』で無料公開されている。公式の英語字幕はまだ第3期までしか付いていない模様。
 
 

クリックで開きます。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。